上田龍公式サイトRyo's Baseball Cafe Americain  「店主日記」

ベースボール・コントリビューター(ライター・野球史研究者)上田龍の公式サイト「別館」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

井川が背番号「29」を受け継いだ男~“Catfish”

2007年01月09日 | Baseball/MLB

(70年代のメジャーリーグを代表する名投手だったキャットフィッシュ・ハンター)

 井川慶がヤンキースタジアムで入団会見を行なった。英語の上達も期待したいが、まずはフロントがランディー・ジョンソンをダイヤモンドバックスに戻してまで先発ローテーションに加えようとしているのだから、ぜひともNYのファンやメディアの厳しい「野球鑑識眼」に耐えうるような高いパフォーマンスをマウンドで披露してもらいたいものだ。

 さて、井川が阪神タイガース時代と同じく背負うことになった背番号「29」だが、30年前、ヤンキースでは大変な男がこのナンバーをつけてマウンドに立っていた。ジェイムズ・オーガスタス・ハンター。通称キャットフィッシュ・ハンターである。
 1960年代後半から70年代にかけて、オークランド・アスレチックスの大エースとして君臨し、68年には完全試合を達成。さらに71年から5年連続21勝以上をマークし、1972年からのアスレチックス3年連続世界一に貢献して、74年にはサイ・ヤング賞も受賞した。
 1974年のシーズン終了後、オーナーのチャーリー・O・フィンリーの契約不履行が認められてフリーエージェントとなると、彼をめぐって大争奪戦が勃発したが、彼が選んだのは自分を発掘してくれた恩人のスカウトが所属するヤンキースで、もちろん当時としては巨額のサラリーで契約したが、彼の代理人によればもっとも好条件を示した球団の半分程度だったという。
 「キャットフィッシュ(ナマズ)」のニックネームやいかつい容貌に似合わず人格者として知られ、彼のリーダーシップのもとで若手投手陣も台頭したヤンキースは、76年に12年ぶりのリーグ優勝、翌77年には15年ぶりのワールドシリーズ制覇を成し遂げ、同じくアスレチックスV3の功労者で、77年にFAで入団したレジー・ジャクソンとともに、60年代半ばから没落していたヤンキース帝国の再興に大きく貢献している。ちなみに、ハンターはアスレチックス時代に「27」、ジャクソンは「9」を背負っていたが、ヤンキースでは別の主力選手がつけていたこともあり、ハンターは「29」、ジャクソンは「44」をつけている。現在、アスレチックスでは両選手の背番号が永久欠番に指定され、ジャクソンの「44」もヤンキースでは93年に殿堂入りを果たした際、同じ栄誉に浴している。
 通算224勝、ワールドシリーズでも5勝をマークしたハンターは、腕の故障のために 
1979年のシーズン終了後、33歳で引退。87年には殿堂入りを果たしたが、1999年、奇しくもルー・ゲーリッグと同じ筋萎縮性側索硬化症(ALS)のため、53歳の若さで世を去った。

 私はたまたまハンターが亡くなった日にヤンキースタジアムを訪れており、試合前にはグラウンドの監督・選手・審判、そして満員の観客が一斉に黙祷を捧げた。また、2003年6月にルー・ゲーリッグの生誕100周年セレモニーが行なわれた際には、映画『打撃王』でゲーリッグを演じたゲイリー・クーパーと夫婦役で共演した女優テレサ・ライトとともに、ハンターの夫人も参列していた。

 永久欠番にこそなっていないが、それでもヤンキースの「29」はハンターが背負っていた番号と、ファンもメディアも、もちろん球団関係者も認識している。もちろん阪神タイガースでは若林忠志、西村幸生小山正明村山実ジーン・バッキー江夏豊といった早々たる顔ぶれとともに、20勝投手として球団史にその名を残したほどの投手だから、「阪神時代と同じ29」にも大きな意味はあるが、せっかくヤンキースという名門の一員となり、殿堂入りを果たし、二つのチームで世界一に貢献し、完全試合やサイ・ヤング賞にも輝いた大投手と同じ背番号を背負うことの意味も、大いにファンには知ってほしい。おそらく、パンチョ伊東さんがまだ健在で、このニュースを聞いたとしたら、あのおなじみの声で「日本人投手があの大投手キャットフィッシュ・ハンターの背番号をもらう時代が来るとはねえ……」と、自分のことのように喜んでテレビなどで話したことだろう。
 井川本人もそれほどの「歴史」を背にすることをぜひ自覚して、新たな野球人生に挑んでほしいものだ。

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ピンストライプを着てないバ... | トップ | The Bad News Orix~『がんば... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Baseball/MLB」カテゴリの最新記事

トラックバック

髪を切ってカミカミのコメントで (I LIVE FOR THIS by "j"eter)
MLB.com より。 ゴジラ松井に同席要請が出てたらしいが断られたらしい、井川入 団のメディアカンファレンス。 模様はニッポン放送でしか確認してないが、一応髪は切っている らしいが、英語のコメントは気持ち噛んでた? 背番号はドーテルがちょうど良 ...