人生はところてん

テレビや映画・漫画の感想や日常のいろいろ日記。感想は基本ネタバレ、注意!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

侍戦隊シンケンジャー第二十一幕「親子熊(おやこぐま)」オマケ付き

2009-07-20 10:52:59 | 特撮
 あれ?今週のシンケンって1時間スペシャルだった?

と思ってしまったのは私だけでしょうか(爆)
 それはさておき今週のシンケン、千明パパ登場です。
千明、「自分の力不足の半分は親父のせい」とか…何回同じことを思わせればいいのか…もう言うこともないですけど…。「侍として戦った後に親父を見ると云々」のくだりで、コノヤロー偉そうに!と思ってたら殿からもツッコミが。「まるで一人前になったみたいな言い方だな」ってほんとだよ!成長してねえコイツ!
 それにひきかえ千明パパはかっこよかった!これだよこういうのを求めてたのよ!普段ヘラヘラしてても、いざという時はバッチリ決める!千明もさー、普段チャラチャラしてる茶髪小僧でもやる時はやる、というキャラならかっこいいのになー。千明は見てくれどおりの口だけ小僧だもんな、今のところ。「強くなるともっと強いのが見えるんだな」って千明、確かにそういうことってあるけどお前の場合は違うだろ。ずっと父親の剣を見てきたなら分からんわけがないだろ!全くもー。似てるのは食の好みだけかもね。最後に茉子が、「気をつけないと(千明に)追い越されるよ」と殿に言ってましたが絶対無いね!殿は鍛錬を怠らないもの!よりによって千明に追い越されるどころか、追いつかれることも無いよ!

 しかし…。
冒頭でドウコクたちの船が無人だったりじいが病院に行ってたり、写真館や夏みかんが出てきたり、チラッチラとディケネタを絡めてましたが、やめてほしかった…。ディケで勝手にやればいいじゃん…。そう思いながら見たディケイド、録画してもよかったかなと思うくらいにシンケンがメインみたいになってて笑った(笑)
 でも、ディケ内でのシンケン話がけっこういいエピソードだったりして、なんでこれをシンケン本編でやらないんだ~と思いました。でもまあ、じいの待ってる側の気持ちとか、けっこう違和感もあったので、そこは別にいいか。殿とじいのケンカシーンは欲しかったけど。殿がじいを心配してる様子がいいですよね。
 ひとつ、ディケでとても良かったのは、アヤカシが変身したディエンドです!なんかかっこよくなってるー!(笑)そしてあの某所でエアコンフィルターと呼ばれてたディエンドの縦縞の隙間から、ナナシが出るわ出るわ!有効活用してるよ!あのスタイルが初めて有用に見えました(笑)
 しかしディケはこの時期に戦隊コラボなんて余裕あるなあ…と思ってたら、来週のディケイドは劇場版の宣伝回。もう余裕があるっていうか投げたんじゃね?風呂敷畳むつもりは無いよね、きっと。まあもともとディケは全編同人誌みたいなものだったからいいんだけどね。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 侍戦隊シンケンジャー第二十... | トップ | サイト更新しました »

特撮」カテゴリの最新記事