統合医療日記

ここでの統合医療とは単に西洋医学と東洋医学の統合ではなく、病気を肉体と精神と社会及び自然環境の4視点から見ていきます。

私の予言(コロナの行方その㉔毎日コロナ5月のピークか)

2022-04-11 21:54:31 | 時事ニュース

5月の予言はやはりコロナか

 

昔の歌に「今日もコロッケ、明日もコロッケ」という歌が有りましたが、

この田舎のクリニックでも。今や「今日もコロナ、明日もコロナ」かという状況になってきました。

もう3回も着替えるといい加減嫌になります。いっそのこと次はピンク、次は青その次は赤という風に着せ替え人形のようにしたいです。

さて、5月の予言はやはりコロナでしょうか、当たりそうです。BA2の第七波のピークかそれともXEのピークでしょうか。

BA2も感染率が高いが、XEはBA2の1.2倍移りやすいとのことです。

気のせいか抗原テスト15分かかりますが、最近は1分以内で陽性が出ます。いや15秒以内!

移りやすいのと関係があるのか、あまりの速さに見るからに恐ろしい感じがする。

 

家庭内感染がほとんど。まだまだ役に立つ私の本!

 

コロナ禍と書かずにコロナ旋風と書いたのは、コロナは何回もやって来て若い人にもかかるようになり広がるという予言。

漢方家族と書いたのは将来は家庭内感染がパンデミックの主な原因となる。

それを防げるのは漢方、すなわち古来からの感染症用の日本漢方だけという予言書です。

完全に当たっているスーパー預言書なのに現在アマゾンでは600000位の売れ行きです。情けない。

今、日本人は6百万人以上コロナに感染しています感染者率5~6%です。

当クリニックではほとんどの患者さんが漢方を飲んでいるので、リスクが高い人が多くても患者さんの感染率は1%前後です。

しかも罹った人はほとんど漢方を服薬していない患者さんです。

これはすごいことなんです!!

夫婦間でも漢方飲んでいる方はかかりません。

飲んでいない夫婦は両方罹ります。

 

呼吸不全の特効漢方

 

呼吸状態が悪い患者さんの主治療は麦門冬湯と紅蔘末です。

麦門冬湯は元来カラ咳に出しますが、コロナも同様の咳をします。

紅蔘は血流改善と免疫力アップです。

この組み合わせで呼吸不全のある患者さんに多く喜ばれます。

やや進行してサイトカインストームも疑われた時は、

左のサイトカインストーム防止の定番50番をプラスです。

 

漢方は重症度と経過で使用漢方が変わる

軽症コース

重症コース

 

参考までに漢方使用を軽症と重症に分けています。

私の本は、まだまだ役に立ちますので、皆様アマゾンでお買い求めください。

これらの漢方は民間薬局にあります。

医者は漢方をあまり出しません。自力も大切です。

コロナになっても座して死ぬことなかれ!!

#漢方

#カラ咳

#呼吸不全

#BA2

#XE


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ハイブリッドメンタルヘルス... | トップ | 私の予言(コロナの行方その... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事ニュース」カテゴリの最新記事