統合医療日記

ここでの統合医療とは単に西洋医学と東洋医学の統合ではなく、病気を肉体と精神と社会及び自然環境の4視点から見ていきます。

私の予言(コロナの行方その㉖北方領土は来年か再来年に日本に返還される、値段10兆円)

2022-06-25 21:05:24 | 統合医療村

先行き不安だが平和な日本、今年のクリニックを中心とした熊井ファームの桜風景

統合医療村は少しづつ変化している。5年前の風景あれから

温室ハウスが出来、また石板浴美鶴庵が出来た。耕作地には鞍手郡一のニンニク畑が広がる

死んだかと思われるといけないので、久しぶりにブログを書きます。毎日ブログネタがあるのですが、忙しくてせいぜいFBにあげるのがやっとです。無農薬のニンニクの芽がこんなに美味しいとは思いませんでした。

9月の予言、インフルエンザが早くも9月から広がり流行する。

 去年「3月に季節外れのインフルエンザがでる」と予言しましたが3月になっても出てこないのでおかしいなと思っていましたが、6月に季節外れのインフルエンザが東京立川で流行し学級閉鎖になっています。当たらず遠からずというところでしょうか。

 おそらく盆明け夏休み明け、インフルエンザは大流行してきて、低位安定していたコロナも少し盛り返し、今年の秋こそダブル感染になり大事になるかもしれません。皆さんインフルエンザのワクチンは早めに受けましょう!!国民のインフルエンザ抗体が消失しているので大流行することが有ります。

ウクライナ戦争は9月以降に終了する

 第一次世界大戦も結局スペイン風邪により厭戦気分となり終息したように、ウクライナ戦争もコロナとインフルのダブル感染により厭戦気分が高まり年内終息の可能性は高いと思います。ロシアはガタガタになり第一次世界大戦の時のドイツのようにロシアは莫大な賠償金を請求されるでしょう。その金額は計り知れません。

 日本はなるべく中立の立場を取った方がよい

 皆、日本はロシアとの関係も大変悪くなったので、北方4島はいよいよ帰らないと思っているでしょうが、

千載一遇のチャンスがやってきます。日本はロシアの経済復興に協力することになり、賠償金の肩代わりとして北方4島をロシアから10兆円くらいで買い取ることになるでしょう。ロシアより勢いがあり怖いのは中国ですから、ロシアを分解させずに温存させ、日本が友好国となり経済援助をして4島を返してもらう作戦が、日本の安全保障上とても重要なのです。

 


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 私の予言(コロナの行方その... | トップ | 私の予言(コロナの行方その... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

統合医療村」カテゴリの最新記事