見出し画像

新しい素材が新しい表現を生み出します

印刷とは違うインクジェットという技法

印刷には大きく分けて

凹版、凸版、孔版、平版と4つに分かれますが

どの印刷方法にも言える事は

印刷する対象のものに

接触(コンタクト)すると言うことです。

その為に印刷の高精細画像はキッチリとコンタクト

させなければできなかったという事です。


対してインクジェットはインクを噴射する

ヘッド、バブルジェットやピエゾヘッドという

二方式のヘッドを動かし吹き付けていくという

明らかに印刷の発想を超えた世界にあるものです


ジクレーはフランス語で吹き付けて描くという

意味を持つのですが


日本語では投描という言葉になるのでしょう^ ^

#インクジェットは非接触という特徴を持ち

#ジクレー や #投描 と呼ばれるように印刷とは

明らかに異質な世界です^ ^


それだけに #シート #紙 にあたるものが

今までの範疇とは異なる所に新たな表現の源泉が

あると言えます







そう考えると絵画というよりも写真の方が

インクジェットをよりよく取り込み可能性が拡大して行くように思います

過去はエマルジョンアートと呼ばれる技法があり、

乳剤を多様な基材に塗り込み、焼き込みしていきます。この作業は光を使うために非接触なので、

インクジェットはより写真に近いものであると

考えられます


元は塗り壁の製造メーカーという異色の

経歴を持つA&Cのインクジェットメディアは

そのインクジェットの非接触描画システムを

使用するする以外の方法できないメディアです


そして、パターンの存在しない凹凸は

脳が認知しないために、カラー情報を重視して

処理され、錯覚と同じような効果を生み出してくれます。 







クリックして応援お願いしますm(_ _)m

hokushin-jpnさんの出品

他の出品作品をマルシェルで見る

コメント一覧

plaquenil
topical erectile dysfunction https://plaquenilx.com/ erectile organs crossword
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る