喜多院法興寺

住職のひとりごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メディア芸術祭に57の国からアニメやマンガの応募

 | Weblog
2月27日付 編集手帳 読売新聞
 {「メディア芸術」という言葉を耳にしたことがある人もおられるだろう。マンガやアニメ、コンピューターを利用した芸術などの総称だ。
◆思い出されるのは3年前の論争だ。自公政権が進めた国立メディア芸術総合センターの建設構想を、民主党は「予算の無駄遣い」と批判した。鳩山内閣は予算を凍結し計画を白紙撤回した。
◆もっとも「アニメの殿堂」と呼ばれたこの施設構想は突然浮上したものではない。ヒントとなったのは、文化庁メディア芸術祭だった。1998年から毎年開催され、今やすっかり定着した感がある。
◆今年も57の国と地域からアニメやマンガ、映像アートなどの応募があった。東京の国立新美術館などで今、入賞作を紹介している。芸術性の高い短編アニメなどもあり、この分野の奥行きの深さを改めて実感させられる。
◆先日のベルリン国際映画祭では、和田淳監督がフランス資本で作ったアニメが短編部門で審査員賞(銀熊賞)を受賞した。和田監督は以前、文化庁メディア芸術祭でも入賞を果たし頭角を現した逸材だ。 贅沢 ( ぜいたく ) な「殿堂」は不要だが、優秀な人材は大切に育てていきたい。}

 日本の文化的財産であるアニメは世界で受け入れられ、日本文化として定着している。文化庁メディア芸術祭も定着し、今年も57の国と地域からアニメやマンガ、映像アートなどの応募があった。先日のベルリン国際映画祭では和田淳監督がフランス資本で作ったアニメが短編部門で審査員賞(銀熊賞)を受賞した。日本はもっと「メディア芸術」に金を出してもよいのでないのか。

コメント   この記事についてブログを書く
« アナゴの産卵場所を特定 | トップ | 東京マラソンは、2位の無職... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事