へたのヨコ釣り北海道日誌

北海道は石狩に滞在し投げ釣り・ワーム釣り等下手の横好き的hojoの趣味ブログ!

黄金ボートでヒラメを狙う~~やっと釣れた!

2016年07月28日 | 噴火湾

ここ黄金ボートハウスでの船釣り(レンタルボート)で『ヒラメのみ』ってな狙いは初でございましたが、なんとか釣れでエガッタエガッタ(^o^)

 

 

ここのボート釣りと言えばこのお方

石狩の『赤い狼』こと「キャプテンA船長」

 

 

今回俺にはめずらしく船釣りとなった事の成り行きは

当初はマイカやヒラメを狙いに行きましょうかと、とある釣友様と打診してたのね!

 

そこで別件でメールのやり取りしていたキャプテンA船長、「船でのヒラメ釣りしませんか」と打診が来まして、とある釣友様にもその旨伝えるとこの話に乗ってくださって!!

 

 

しかしとある釣友様が仕事が入ってしまい断念と・・・

更に予定していた日程の波予報は高くなる予報で噴火湾での出向は難しそう

キャプテンA船長のマイボートで石狩湾を流す話も有ったのですがエンジン不調で整備工場に入院と^^;

 

 

ならばと、波の低い日の内にと、日程を1日早めて行ってきたのね!!

 

二人での釣りですが、キャプテンA船長の船舶免許を活かして、少し大きめの3名乗りのボートをレンタル!

広々とリッチな釣りが始まりましたね^^

 

 

 

さてキャプテンA船長の鋭い事前調査では

ヒラメは室蘭界隈で好調!

サバも?!

マツカワも?!

マガレイ系は流石に下火、釣れても産卵後だろうから味も落ちそうだし

 

・・・・一応、普通のエサ釣りタックル、サバ用のややライトなタックル、んでヒラメ用のワームタックル。

流石に俺はオオナゴとバケを使うタックルは持ってないので当然準備はできないけど、それでも今回も無駄に荷物が多くなるなぁ~と思っておりました^^;

 

しかし、早朝、黄金に向かう道中で、アレコレと狙って全部釣れた試しあったか?!

そう思い返せば、やはり狙いは一つに絞るべきだと狙うは『ヒラメ』のみに!!

 

キャプテンA船長もヒラメに狙いを絞ったがこちらは「バケ釣り」

俺は「ワーム釣り」

 

実はこの日の前日、御大ことDAIWAの畑山先生宅に伺ってね、色々とアドバイスとお土産を頂いてね^^;

そのアドバイスでなんとなく俺にも釣れてくれそうな・・・・そんな気持が膨らんでた^^

 

勿論、根拠無き自信は置いといて、ボーズ上等ってな気持も前面に出したけど(苦笑)

 

キャプテンA船長、黄金ボートハウスのオーナー様にここ最近のヒラメ釣果ポイントをお聞きしておりました。

真っ先にそのポイントに向かいさっそくスタートフィッシング。

 

完璧に夜が明けてからの乗船、朝まず目と言えば今時期なら3時半頃から釣りを開始したい所ですが、ここは5時少し前に受付、釣りを開始できたのは5時半近くになっていたでしょうか・・・・・。

 

黄金ボートハウスの前浜では波はもろ凪でございましたが、ポイントに向かうと波と風が出てきましてね。

でもその波風がかえってヒラメ釣りには良いとも聞いておりました。

ちょいと船が揺れ、波しぶきが顔に当たるも、こんな状態がヒラメに出会えるチャンスだべさぁ~なんて前向きに考えておりました。

 

最初にスクリューを止めたポイントは水深もあり更には潮の流れがキツ過ぎて、1オンスのシンカーを付けたワームはおろか、バケですらそこが取れない状況^^;

まだヒラメも産卵期でしょうから水深の浅い場所の方が・・・と早速ポイント移動。

 

その移動先ですぐさまキャプテンA船長の竿先がヒクヒクと『来たっ!!』

 

 

早合わせ禁物と、キャプテンA船長、ヒラメにオオナゴもぐもぐタイムを与えております(笑)

そしてここぞと言う時にアワせ「乗ったぁ~~~っ!!」

 

おぉ~~俺もすかさずカメラを手に取りそのやり取りを画像に収めようと!

出来たらヒラメが水面でバシャバシャしているシーンを撮りたかったのですが、

A船長「タモ、早くタモお願いします」と(笑)

短いロッドに長い仕掛け、立ち上がっても水面までヒラメを寄せれないらしく^^;

俺もカメラを置きタモ入れ無事にゲット!!

 

おぉ~~やりましたね!!

と言ってもキャプテンA船長はヒラメ釣りは手慣れたもの!!

 

さてヒラメが居ると判れば必然にロッドを握る手が熱くなる!!

 

がんばれ俺っ(笑)

 

・・・・しかしなかなか釣れず^^;

 

船のアンカーは下げず、流しながらの釣り、流され切ってからまたポイントに戻る。

 

キャプテンA船長が1枚目を釣ってから約30分後位かな、またキャプテンA船長に当たり、中々喰いこまず、離したと思えば追い喰いが有ったり、ヤキモキする魚信だったが乗ってくれず・・・・・

更にはエサ替えで仕掛けを上げたら2匹のオオナゴが針に近い場所のみ残し綺麗に喰われたりと。

まったく魚信を感じずに上手にエサだけ食べられたのを目の当たりにして「もしかしてフグいる?」なんて思いましたがキャプテンA船長は「いや、間違いなくヒラメの喰い口」と!

 

んで俺もワームを回収してみたら・・・・・・

 

 

あいやぁ~まぁこんなにパックリと切られてるでは^^;

 

ぜんぜん魚信なんて気が付かず・・・・・こりゃぁ神経研ぎ澄ませねば釣れないぞと・・・・

 

そんな時にまたキャプテンA船長『来たぞぉ~~~~っ』とティップが海面に突き刺しているべさっ!!

 

ちょいとズボンのチャックがヒラメの口同様に開いておりますがご愛嬌で(爆)

キャプテンA船長二枚目ゲット!!

 

きゃぁ~~素敵すぎる!!

でもキャプテンA船長の目標は3枚、更には80センチのヒラメを釣ると意気込み

ストリンガーでは頼りないと、太めのロープとステンレスで頑丈そうなカラピナを前日購入しておりました(笑)

 

そんなスケールの大きいキャプテンA船長とは対照的に「なんとか1枚だけでも^^;」と願うhojo

 

 

 

んでもなかなか釣れてくれければ眠気も襲ってくる^^;

実は前日も遅くなって2時間も眠れないまま、不思議と車の運転中は目が冴えていたけど、船での実釣中に眠くなるとは集中が足りん・・・・・

 

そんな自分に活を入れながら、ヒラメは居ると信じ込み、ワームの交換だけは小まめにやろうと。

潮の流れもそこそこキツイので、重いシンカーを付けたい所だが、前日畑山先生のアドバイスでは「極力軽い方が」とのご意見。

底が判るか判らないかギリギリのシンカーを選択しておりました。

時にはジグを振ったり、時にはジグヘッドにアシストフックを付けたり。

しかし最終的にはシンプルなリグが一番だったとの結論!!

 

基本底付近をスロースイミング、若しくはリフト&フォールのアクションで

船底にリグが近づき、「よっしゃ、スプーンリグでも試してみるか」と思いつきリグを回収しようとリールを早巻きした瞬間に

『グン』・・・・・・・『グン』・・・・・・「オヤ?」・・・・・・・・『グン』・・・・・・「ヒラメ!・・かな?」

リズムを無視した魚信、重さもないし、寧ろ軽い・・・・

ティップを少し上に上げても重みは感じず時折『グン』となるだけ。

キャプテンA船長「それヒラメだぞ!」とのお言葉!

さぁ慎重に慎重に喰いこみを待つ^^;

 

とにかくアワせ時はティップがグイ~ンと入ってから!

判ってても早くアワせたいこのもどかしさ(爆)

 

さぁ~ティップが入ったので『おりゃぁ~~』とアワせると、先ほどまでの軽い魚信とは裏腹にギュィ~~ンとずっしり重さを感じ超きもち~~んですのよね!!(笑)

 

タックルはスピニングのラテオ9フィートルアーウエイトMAXで35gと中々やわらかいタックル。

またリールは俺とは相性の悪いDAIWAのカルディア

ただ普段あまり使用していない3012を使ったのだがこれがまたドラグの滑り出しも良くて今考えるとぜんぜん違和感なく使ってたな(普段は3520を使っている・・・パワーはあるけどドラグの滑りが悪くて^^;・・それでも使ってるけど、実はリールはSIMANO派なのよね。)

 

おっと前置きが長くなったけど

 

AM7:00頃

無事にヒラメゲット!!(祝)

 

普段俺には釣り慣れないヒラメなので良い引きするなぁ~、こりゃ60センチ行ったかぁ?!

なんて思ってましたが上げてみたら結構小ぶり?!^^;

 

ワームはDAIWAの鮃狂(フラットジャンキー)ダックフィンシャッド

おぉ~!その名の通りのお仕事をしてくれたんだね!!

 

んでもってサイズは60センチはおろか50センチにすら届いていない47~48センチ位^^;

ま、ま、ま、ま、ま、サイズは狙って釣れないも~ン、食べて美味しそうなサイズだも~んと自賛しておく(苦笑)

 

 

さて先ほどの眠気も超ぶっとんで、1枚釣ったら二枚目もと欲が出る!!

 

何かしら魚信が有れば気持も続くが、魚信はガヤッぽいのを1~2度感じたのみ。

 

また眠気に襲われワームを垂らしながら寝てしまって気が付いたらラインが明後日の方向に行ってる始末^^;

 

その後2時間くらい何とか頑張りましたが、キャプテンA船長と俺、共にヒラメ釣果を得る事が出来た安堵と、体の疲労感で9時頃には納竿しますかと船をボートハウスまで帰着。

 

ボートハウスのオーナー様に写真をお願いしまして(トップ画像)

 

キャプテンA船長にはお世話になりっぱなしで、船の操船で疲れている筈なのに俺が寝不足と言う事をお察しくださり帰りの車の運転までしてくれまして^^;

 

ただ二人して目的の獲物をゲット出来た興奮からでしょうか、俺も思ったほど眠くならず、二人で終始釣り話からエロ話まで花が咲いておりました(笑)

 

でもこんなサイズ、しかもたった一匹。

生粋のヒラメハンター様に鼻で笑われそうな釣果でございますが、ここでは何年も狙ってるのに釣ったことなかったので本当に嬉しかった!

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ また一つ

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ 思い出深い

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 釣行となったのよね~^^

 

・・・・ヒラメはあまり釣ってないもんで^^;

 

にほんブログ村 北海道釣行記

にほんブログ村 ロックフィッシング

にほんブログ村 投げ釣り

 

『釣り』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 石狩以北にもブリの声が・・... | トップ | 北方面ハチガラ&ブリ調査第... »

噴火湾」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

カレンダー

2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バックナンバー

プロフィール

プロフィール画像
性別
男性
都道府県
北海道
自己紹介
ワームで狙う根魚!春の投げ!秋のサビキ!冬のワカサギと一年通じ四季折々の魚を追い求めております。【mail】hojo1121jp★yahoo.co.jp【★を@に】

バナー

バナー

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 4,931 PV UP!
訪問者 2,404 IP UP!
トータルトータル
閲覧 16,623,425 PV 
訪問者 5,989,302 IP 
ランキングランキング
日別 63 UP!
週別 87 DOWN!

札幌レンタリース

札幌レンタリース
札幌の格安レンタカーなら札幌レンタリース。中長期のレンタカーなら断然格安です

gooブログ おすすめ

  • RSS1.0 RSS2.0