無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

上ダナ狙い・・・須磨沖でタチウオ

2019年10月16日 | 無駄無駄庵日記
10月15日。
仙正丸でタチウオ狙い。
台風経過後の大潮。
濁りが出ているかと思ったけれどこの日の須磨沖は多少の濁り程度。

最初の潮流しは水深65mくらい。
相客さんは15名ほど。
誘い始めて57mでトンとアタリ。
使ったテンヤは


石鯛ヘッド。

即アワセで指幅3本。
大きくはないけど、初使いで初ヒット。
これって、オオッという感じになりますね。
相性というか験担ぎというか
釣りの大事な要素です

で、続けてトン。
今度はチビゴン。
タナは60m。

そしてしばらくアタリが出なくなって

水深50mでゴツン。
指幅4本。
続いて、コツっと小さなアタリ。
アワセられなくて
次のアタリも出なくて

またしばらくアタリが遠のいて

この状態、群れが小さくて薄いんでしょうね。
潮筋に所々で居るって感じで
だからアタリの出方に間があるんでしょうね。

それでもなんとか
頑張って
誘って
 
     

水深50m。
ドカンと激しい喰い上げアタリのあと高速上昇
竿のテンションが宙に浮いて
リールを最速巻き。
リーダーが傷だらけながら、メーター超えを取り込んで。

そして、またアタリが出なくなって

チョット一息
竿を脇に挟んで
おやつの時間

塩パンを囓って「午後の紅茶」を、、、、、、、

と、竿先がグンと持ち込まれ
ゴツゴツ、ゴツン。
慌てて態勢を整えて
指幅4本。
タナは50m。
いえ、タナと言うか、置き竿みたいなもんですけど

そして、行儀の悪い釣り方やったですけど
タナは上かな????????

で、上探りをやってみると、43mでトン。

アワセは出来なかったけれど

以後は55mから35mまでの誘い幅に変えて

頻繁にアタリは出なかったけれど
ようやくツ抜け
そして、110センチを取り込んで
12匹で竿仕舞い。


数は出なかったけれど
ツ抜けは二人だけやったですから
上ダナ狙いが、まあ、上手くいったかなぁ、、、、、、、、、。

そうそう、石鯛ヘッドはフォールでの反応も良かったです。
コメント (2)

突き抜けられない・・・最近のタチウオ釣り

2019年10月11日 | 無駄無駄庵日記

10月10日。
中潮。
いつもの純栄丸でタチウオ狙い。
須磨沖で潮流しして、釣果は13匹。
トップは18匹。
自分は2番手。
サイズは指幅4本が多かったけれど数が伸びない。

アタリが少ない

気分が突き抜けない

なんでかなぁ

なんでかなぁ

タチウオが居ないことは無い

と、なると誘いが下手

これって、自分の腕を磨くしかない

しかし手っ取り早く上手になりたい

となると、腕に頼るより道具に頼る

はい、自然な流れですね。

例えば、竿
これは頼り過ぎるくらいに頼った
破産寸前

となると

う~ん

リール
これはタチウオのアタリと無関係

タチウオと最接近してるのは

エサとテンヤ

エサも重要課題やけど

今回はテンヤ

今まではグローヘッドに信頼を寄せていた。
で、最近ブラックヘッドを使って効果があった。
これ、目の鱗だったですね。

市場調査をしてないでだけで
もっと効果があるヤツが有るはず。

と、思っていたら仲間から突然メールが届いて
ハヤブサのこれがエエとか


上段の石鯛模様が特にエエとか

実は前日の9日にこのメールを送ってくれた人と洲本沖へ出かけた
自分は15匹
彼は34匹
山さんです。

山さんが自分の不甲斐なさを察してくれたかのような、メール。

ならば
ならば
ありがとうございます

早速


買って来ました。
ついでに今まで使ってたテンヤも補充して
石鯛ヘッドは2個。

ちなみに、右端のシルエットブラックは海中でその青黒いシルエットを際立たせる効果があるような。

そして
さあ
さあ
さあ

石鯛ヘッドは全体は光らないが、ヘッド下部がグロー仕様になっていてそこだけ光る。

これ、タチウオがイワシの下腹を狙うということ。

アタリが出る。
アタリさえ出たら全てが解決する。
これで突き抜けることが出来る。

筈。
コメント

須磨沖でタチウオ・・・チビゴンを指幅測定スケールで測ると

2019年10月05日 | 無駄無駄庵日記
前回のタチウオ釣りでドラゴンを釣った。
長さは122センチ。
百均で買った巻き尺で測った。

で、指幅、、、、、、、、
ああ、測ってなかった
おおよそだけど6本くらい
いや、7本かな
いや、違うかな

長さには基準があるが指幅にはない。
人によって5本とか6本とか
そんな感じですね。
ただ、自分の指はゴツゴツして他の人より太い。
指幅で勝負なんてことになると、けっこう不利。

そうそう、ここ1~2年いくつかのメーカーから測定グッズが出ていて
それぞれの幅の基準が気になるけれど、コチコチ頭になるより、あればそれなりに面白いグッズかも、、、、、、、、

で、前回にテンヤを3個失ったので釣具屋へ買い足しに行った。
ついでに指幅測定スケールも買おうと思ったけど
買ったテンヤのパッケージにこのシールが入っていた。

      

10月4日。
テンヤケースにシールを貼って
純栄丸で須磨沖へ。
ドラゴンが釣れたら測ってみよう、、、、、、、

水深60m。
底から10mでめちゃくちゃアタリが出る
即アワセ

連続で5本。
ほとんどが指幅4本サイズ。
スケールで測ろうと思ったけど、釣ることを優先して、、、、、、、

しかし、フッキングしても途中でバレるようになった。

連続5回バラシ。

そうこうしている間にアタリが遠のいて来て

う~ん、朝の喰いも終わりかと思ってると竿先がヘコヘコと押さえ込まれた

アワセても手応えがない

しかし、竿先のヘコヘコは続いてる

オマツリか、、、、、、

と、上げてきたらチビゴンだった。

ふと思いついて

試しに測ってみると


こんな感じ。
指幅は2本。
ちなみにこの日のチビゴンはこれ1匹だけ。

ドラゴンの幅も迫力があるけど
どこまで細いのが釣れるか、掛けられるか
チビゴンの幅の測定も諧謔的で面白い。
コメント

洲本沖でタチウオ・・・ドラゴンのアタリは???

2019年10月01日 | 無駄無駄庵日記
9月30日。
大潮。
この日は仙正丸でタチウオ狙い。
前日の釣況では須磨沖は不漁。
産卵に入ったのか
濁りが出ていてタチウオの動きが悪いのか
ベイトが少なくなったのか
釣れても指幅2~3本。

と、言うことで仙正丸は洲本沖へ。

途中、潮待ちのため須磨沖で少しの潮流し。
水深50m。
40mラインでモソ~っと竿先に負荷
合わせてみるとぺコぺコとした引きで指幅3本。
ただ、アタリは分かり辛い
トンとした喰い付きアタリではなく
イワシの尻尾を咥えてホバリングしてる感じ
上げてみると尻尾がズルリと剥けている。
やんちゃサイズでさえ活性が低い。

1時間ほど流してそんなサイズを7匹。

そして洲本沖へ、、、、、、、、、

水深60m。
50~40mラインで活性が高い
特に喰い上げが激しくラインブレイクが3回。
追いアタリも良く出て指幅4~5本が喰い付いて来る。

エエ感じやね。
20匹は釣りたいね。

船が潮上りをやり直して
リールのカウンターが47m。
竿先がトントンと弾かれた
これ、やんちゃサイズのアタリ?

合わせ!

掛からず!

なおもアタリが続いて
少し途切れて

テンヤを動かしてやると
トントン

やっぱりやんちゃサイズか?

と、、、、、、

コンコンと竿先に重ためのアタリ。

ゴンッ、と合わせてギュン
もの凄い勢いで引っ張り込まれて
重量感のある引きが
ガンガン
ゴンゴン


今シーズン初のドラゴン
122センチ。

個体差もあるけれど
やはりドラゴンのアタリは微妙
だから
どんなアタリも
諦めずに誘って
合わせて

ですね。
コメント (2)