無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

虎ノ介でカワハギゲーム・・・底をトントンからの

2019年10月31日 | 無駄無駄庵日記

10月30日、13時。
垂水の虎ノ介で午後便のカワハギ狙い。
船着き場には午前便のタイラバを終えた船が戻って来て
カワハギのお客さんと入れ替わり。
両便とも満席ですって。
ちなみに、タイラバの釣果はチャリコサイズから40センチくらいのが大漁でしたよ。

で、席決めは座りたい場所を言って、ダブっていたらジャンケンで決める。
自分は胴の間を希望。
ジャンケンせずに、左舷の4番。
今シーズン初のカワハギなので、チョット緊張。
というか、この近辺のカワハギは初めて。

和歌山方面と釣り方などが違うのかな
どうなのかな

事前の情報を挙げると
仕掛けは胴付き。
エサはアサリの剥き身。
オモリ30号。
ここまでは同じ。

ただ、集寄などの飾り物はせずに2号くらいの中オモリでアタリ取りを調節。
潮が速いので飾り物は潮流の抵抗を受けるので付けないとか。

水深は14~15m。
底が粗いので、根掛かり注意。
誘いは底をトントンしてゼロテン。
と、コンコン
コンコン
コンコン
と竿先に反応が出る。

これ、アタリではなく、オモリがリズミカルに底を転がっている状態。
アタリはそのリズムの中でトンとかドンとか、いわば不規則な反応がカワハギのアタリ。

う~ん、そんな反応が分かるのかなあ

そして、長くゼロテンをしてると、根掛かり必至とか。

誘いを兼ねて10~30センチほどオモリを浮かせたり沈めたり
底をトントンからのゼロテンが基本スタイル、、、、、、、、


と言うことで、船着き場を離れて、垂水沖へ


周りではすかさず戦闘態勢に入って、、、、、、、
1匹
2匹

自分はアタリが出なくて
エサが古いのかな
昨シーズンの塩漬けの残りではアカンのかなあ

と、オモリの転がりとは違う反応が出て
アワセ。
ハンドルを2~3回巻いて
ドンドン
ドンドン
来たか、、、、、
しかし、ふあっと引きが消えて

でも、なんとなくアタリの感触を拾えたわけで
微妙に安心。

底をトントンからのゼロテン。
10~30センチほどの上下の誘い。
神経を集中させて

と、いきなり
ドンドン
ドンドン、ドン

なに
なに
なに
これ、、、、、、

水面にぶわぶわっと魚が浮いて


ビックリポン
30,5センチのデカカワハギ。
シーズン初でいきなり尺超え。

周囲の羨望を素直に受けて
底をトントン
ゼロテン
上下の誘い

繰り返し
繰り返して

   

初カワハギは8匹。
平均釣果で終了。
トップは14匹でしたが充分な結果でありました。
コメント

混迷の大潮・・仙正丸でタチウオ

2019年10月29日 | 無駄無駄庵日記
10月28日、大潮。
旧暦だと10月1日。
月齢29,4の新月です。

タチウオに大潮。
MAXの大潮。
最悪の取り合わせです。

が、、、、、、、

行って来ました。
タチウオ釣りへ。

仙正丸で須磨沖へ。
相客さんは6名。
自分は胴の間に座って

水深55m。
一流し
二流し目で
右隣りの人が指幅4本。

三流し
四流し

底から10mでフンフンと竿先にアタリ
ここ、これはドラゴンのアタリ
なおもフンフンとアタリが続いて
グンッと竿先が入って
しかし、フアフアとした引きは
チビゴンでした。

そして、次もチビゴン。
以後は船内沈黙。

船長が意を決したかのように軸先が西に向いて
はい、南ではなく西です。
洲本ではなく
ここ


観音様が見えて来て
仮屋沖です。
いつもならここを流すのはもう少し寒くなってからですが、、、、、、

水深60m。
底から15mでトンと軽いアタリ。
指幅4本。
次もトン。
指幅4本。
どうやら底15mがアタリダナ

誘いはスロー巻き上げをしながらのシャクリ。
そのシャクリを止めた途端に、トンとかドンとかゴツンとか。

アタリが続かない時もあるけれど
大潮ですから
その覚悟はしてますが
あまりにもアタリが出ないときは
上を探って
底を探って

やっぱりアタリが出ない。

アタリダナの筈の底15mも反応がなくなって
タナはどこ?
タチウオはどこ?

タナに迷って
誘いに迷って

底15m狙いに戻って
トンッ
オッ、アタッタ!
指幅4本。
次は3本。

迷った末に元のタナ。
ポツポツながらアタリを取り戻して

そして、須磨沖に戻って
1時間ほど流して竿仕舞い。


釣果は17匹。
他の人は4~10~13匹。

迷った時は元のタナ、、、、、、、、
ですが、次もまた迷うやろな。
コメント

洲本沖でタチウオ・・・サンマが良かった

2019年10月24日 | 無駄無駄庵日記

10月23日。
洲本沖でタチウオ狙い。
岡田浦の湊丸で船着き場を離れて
多奈川の沖辺りでしょうか
お日さんが昇り
風もなく、凪。

こんなにいい天気もここ最近では珍しいのかな
ただ「19号台風後は喰いが急に落ちた」
「一桁の人も多く、いい人で12~13匹ほど」
と船長が言うが、その原因は
濁りもそんなに出てないし
水潮って感じでもないし
ベイトが少なくなったのか
水温が変わったのか
?????・・・・・
ですって。


    

ご一緒した森岡さん。
彼方を見つめて瞑想。
対タチウオ作戦を構築中かもですね。

自分は用意してきたサンマの切り身をテンヤにセット。 
   

そうそう、サンマエサって切り方やセットの仕方にそれぞれの工夫があるようですね。
この日は三枚に捌いた切り身をツノに差し込んで針金で巻く。
あるいは切り身をテンヤにぐるぐる巻き付けてボリュームをだす。
そして、このときも皮を見せて巻くのか身を見せて巻くのか。

先に結果を言うと身を見せてぐるぐる巻いた方がアタリは良く出ましたね。

あと、イワシは船で用意してくれて



これ。
まるで店で売るように綺麗に並べて冷凍。
女将さんの日課とか。
気持ちが籠もってますね。

さて、準備万端。
船長の合図があって潮流し。
水深が90m。
底取り後10mから誘い開始。

80m
75m
70m
65m
60m
誘いは巻きながらのシャクリ。

反応がありません。

そんな誘いを2~3回繰り返して
トモで背中合わせに座った道上さんにアタリ。
「80mですよ」とか。

で、自分も80m
78m
75mでコツン。
即アワセで、チビゴン。

次も75mでドン。
指幅4本。

あとは75m前後でアタリが出て
と言っても頻繁にではなく
アタリが続いて
アタリが出なくなって

やはり群れが薄くて散らばってる感じ
ただ、アタリダナが一定しているのが救い。

エサはやはりサンマの方が喰いがいい。
身持ち云々もあるがアタリが鮮明にでる。


これは110センチ。
エサはサンマ。
アタリはゴツン。
まさにタチウオがエサに突進してその衝撃が竿先に出た感じ。

そして、10時~10時30分。
ここまでの釣果が13匹。
長潮なのでもう少し活性が高いかと思ったけれど、意外、と言うか船長が言うように「喰いが落ちた」ってことなのか。

船が友ヶ島寄りに潮筋を変えて、水深70m~80mラインへ。
しかし、この筋ではアタリが乏しく、少し北へ昇って、110m。
100mから探り始めて、95mでガツンと引き込みアタリ。
これ、珍しくハリに掛かって
ゴンゴン暴れて、105センチ。

アタリの頻度は相変わらず出たり出なかったりが続いて。
ただ、仕掛けを入れた時に60mくらいでフワリと喰い上げアタリ。
そんなことが2~3回。
上にも居るなら手返しが早いし活性も高いはずだが、上ダナよりアタリは95m前後の方が濃い。
これって、上にいるタチウオは活性は高いけど個体数は少ないってことなのか。

あと、アタリが出て掛け損ねたとき瞬時のステイから竿先を高く上げてその位置からテンションフォールでテンヤを落とすとその途中でフワリとアタリが出て、即アワセ。
ただ、竿先が高い位置でアタリが出ると、アワセが効かない。
どうする?
リールを巻きながら竿先を下げ、ゆっくりシャクルと、ゴツとアタルことがあって、即アワセで、ギュン。
これは上タナ狙いでアタリがあった時に有効だったやり方。

と、そんなやり取りをしているとブザーが2回なって、竿仕舞いの合図。

    

この日の釣果は110センチまでを25匹。
20匹の方が一人居られて、他は10~13匹くらい。
潮の良さが影響して少し喰いが立ったかな。
このまま右肩上昇してくれないかな。
コメント (2)

上ダナ狙い・・・須磨沖でタチウオ

2019年10月16日 | 無駄無駄庵日記
10月15日。
仙正丸でタチウオ狙い。
台風経過後の大潮。
濁りが出ているかと思ったけれどこの日の須磨沖は多少の濁り程度。

最初の潮流しは水深65mくらい。
相客さんは15名ほど。
誘い始めて57mでトンとアタリ。
使ったテンヤは


石鯛ヘッド。

即アワセで指幅3本。
大きくはないけど、初使いで初ヒット。
これって、オオッという感じになりますね。
相性というか験担ぎというか
釣りの大事な要素です

で、続けてトン。
今度はチビゴン。
タナは60m。

そしてしばらくアタリが出なくなって

水深50mでゴツン。
指幅4本。
続いて、コツっと小さなアタリ。
アワセられなくて
次のアタリも出なくて

またしばらくアタリが遠のいて

この状態、群れが小さくて薄いんでしょうね。
潮筋に所々で居るって感じで
だからアタリの出方に間があるんでしょうね。

それでもなんとか
頑張って
誘って
 
     

水深50m。
ドカンと激しい喰い上げアタリのあと高速上昇
竿のテンションが宙に浮いて
リールを最速巻き。
リーダーが傷だらけながら、メーター超えを取り込んで。

そして、またアタリが出なくなって

チョット一息
竿を脇に挟んで
おやつの時間

塩パンを囓って「午後の紅茶」を、、、、、、、

と、竿先がグンと持ち込まれ
ゴツゴツ、ゴツン。
慌てて態勢を整えて
指幅4本。
タナは50m。
いえ、タナと言うか、置き竿みたいなもんですけど

そして、行儀の悪い釣り方やったですけど
タナは上かな????????

で、上探りをやってみると、43mでトン。

アワセは出来なかったけれど

以後は55mから35mまでの誘い幅に変えて

頻繁にアタリは出なかったけれど
ようやくツ抜け
そして、110センチを取り込んで
12匹で竿仕舞い。


数は出なかったけれど
ツ抜けは二人だけやったですから
上ダナ狙いが、まあ、上手くいったかなぁ、、、、、、、、、。

そうそう、石鯛ヘッドはフォールでの反応も良かったです。
コメント (2)

突き抜けられない・・・最近のタチウオ釣り

2019年10月11日 | 無駄無駄庵日記

10月10日。
中潮。
いつもの純栄丸でタチウオ狙い。
須磨沖で潮流しして、釣果は13匹。
トップは18匹。
自分は2番手。
サイズは指幅4本が多かったけれど数が伸びない。

アタリが少ない

気分が突き抜けない

なんでかなぁ

なんでかなぁ

タチウオが居ないことは無い

と、なると誘いが下手

これって、自分の腕を磨くしかない

しかし手っ取り早く上手になりたい

となると、腕に頼るより道具に頼る

はい、自然な流れですね。

例えば、竿
これは頼り過ぎるくらいに頼った
破産寸前

となると

う~ん

リール
これはタチウオのアタリと無関係

タチウオと最接近してるのは

エサとテンヤ

エサも重要課題やけど

今回はテンヤ

今まではグローヘッドに信頼を寄せていた。
で、最近ブラックヘッドを使って効果があった。
これ、目の鱗だったですね。

市場調査をしてないでだけで
もっと効果があるヤツが有るはず。

と、思っていたら仲間から突然メールが届いて
ハヤブサのこれがエエとか


上段の石鯛模様が特にエエとか

実は前日の9日にこのメールを送ってくれた人と洲本沖へ出かけた
自分は15匹
彼は34匹
山さんです。

山さんが自分の不甲斐なさを察してくれたかのような、メール。

ならば
ならば
ありがとうございます

早速


買って来ました。
ついでに今まで使ってたテンヤも補充して
石鯛ヘッドは2個。

ちなみに、右端のシルエットブラックは海中でその青黒いシルエットを際立たせる効果があるような。

そして
さあ
さあ
さあ

石鯛ヘッドは全体は光らないが、ヘッド下部がグロー仕様になっていてそこだけ光る。

これ、タチウオがイワシの下腹を狙うということ。

アタリが出る。
アタリさえ出たら全てが解決する。
これで突き抜けることが出来る。

筈。
コメント

須磨沖でタチウオ・・・チビゴンを指幅測定スケールで測ると

2019年10月05日 | 無駄無駄庵日記
前回のタチウオ釣りでドラゴンを釣った。
長さは122センチ。
百均で買った巻き尺で測った。

で、指幅、、、、、、、、
ああ、測ってなかった
おおよそだけど6本くらい
いや、7本かな
いや、違うかな

長さには基準があるが指幅にはない。
人によって5本とか6本とか
そんな感じですね。
ただ、自分の指はゴツゴツして他の人より太い。
指幅で勝負なんてことになると、けっこう不利。

そうそう、ここ1~2年いくつかのメーカーから測定グッズが出ていて
それぞれの幅の基準が気になるけれど、コチコチ頭になるより、あればそれなりに面白いグッズかも、、、、、、、、

で、前回にテンヤを3個失ったので釣具屋へ買い足しに行った。
ついでに指幅測定スケールも買おうと思ったけど
買ったテンヤのパッケージにこのシールが入っていた。

      

10月4日。
テンヤケースにシールを貼って
純栄丸で須磨沖へ。
ドラゴンが釣れたら測ってみよう、、、、、、、

水深60m。
底から10mでめちゃくちゃアタリが出る
即アワセ

連続で5本。
ほとんどが指幅4本サイズ。
スケールで測ろうと思ったけど、釣ることを優先して、、、、、、、

しかし、フッキングしても途中でバレるようになった。

連続5回バラシ。

そうこうしている間にアタリが遠のいて来て

う~ん、朝の喰いも終わりかと思ってると竿先がヘコヘコと押さえ込まれた

アワセても手応えがない

しかし、竿先のヘコヘコは続いてる

オマツリか、、、、、、

と、上げてきたらチビゴンだった。

ふと思いついて

試しに測ってみると


こんな感じ。
指幅は2本。
ちなみにこの日のチビゴンはこれ1匹だけ。

ドラゴンの幅も迫力があるけど
どこまで細いのが釣れるか、掛けられるか
チビゴンの幅の測定も諧謔的で面白い。
コメント

洲本沖でタチウオ・・・ドラゴンのアタリは???

2019年10月01日 | 無駄無駄庵日記
9月30日。
大潮。
この日は仙正丸でタチウオ狙い。
前日の釣況では須磨沖は不漁。
産卵に入ったのか
濁りが出ていてタチウオの動きが悪いのか
ベイトが少なくなったのか
釣れても指幅2~3本。

と、言うことで仙正丸は洲本沖へ。

途中、潮待ちのため須磨沖で少しの潮流し。
水深50m。
40mラインでモソ~っと竿先に負荷
合わせてみるとぺコぺコとした引きで指幅3本。
ただ、アタリは分かり辛い
トンとした喰い付きアタリではなく
イワシの尻尾を咥えてホバリングしてる感じ
上げてみると尻尾がズルリと剥けている。
やんちゃサイズでさえ活性が低い。

1時間ほど流してそんなサイズを7匹。

そして洲本沖へ、、、、、、、、、

水深60m。
50~40mラインで活性が高い
特に喰い上げが激しくラインブレイクが3回。
追いアタリも良く出て指幅4~5本が喰い付いて来る。

エエ感じやね。
20匹は釣りたいね。

船が潮上りをやり直して
リールのカウンターが47m。
竿先がトントンと弾かれた
これ、やんちゃサイズのアタリ?

合わせ!

掛からず!

なおもアタリが続いて
少し途切れて

テンヤを動かしてやると
トントン

やっぱりやんちゃサイズか?

と、、、、、、

コンコンと竿先に重ためのアタリ。

ゴンッ、と合わせてギュン
もの凄い勢いで引っ張り込まれて
重量感のある引きが
ガンガン
ゴンゴン


今シーズン初のドラゴン
122センチ。

個体差もあるけれど
やはりドラゴンのアタリは微妙
だから
どんなアタリも
諦めずに誘って
合わせて

ですね。
コメント (2)