無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タチウオ・・・須磨沖は南風、波高、そして大潮

2019年08月30日 | 無駄無駄庵日記
8月29日。
純栄丸で須磨沖へタチウオ狙い。
予報は、曇り。
雨の心配はないが
もしかして、降るかも
そして、大潮ってことも影響しているのか
相客さんは5~6名。

6時過ぎに船着き場を離れて


うわ
うわ
うわッ

予想より波が高い
南風がキツい

ゆっくりと、荒波をかいくぐりながら
ポイントへ

この日は旧知の釣り仲間、久保さんと一緒。

水深、60m。


最初の潮流しで久保さんにヒット
ガツンガツンのやり取り、、、、、
しかし、バレた

このところの決まり文句だが
「今シーズンはよくバレる」

特にこの日は波が高い
合わせがし難い
巻き上げも船が波で持ち上げられ、意図しない引っ張り合いになる。

アタリダナは50mライン

座りながらの誘いはテンヤへのアクションが不充分
かと言って、スタンディングでは身体が不安定
足を踏みしめながら、、、、、、
やはり、50mラインでコツン。
即アワセのつもりだったが、態勢がおぼつかなく見送ってしまった。

誘いをいれて2回目のアタリを待つが
それっきり

これもこのところ決まり文句
「追いアタリがない」

タチウオのエサに対する執着心がないのか
遊び程度に、触って来るのか

少し風が収って
波も静かになって
誘い易くなって

     

久保さんも調子が出てきた。
指4本。
レギュラーサイズ。

アタリダナは50~40mの間。

そして、アタリの出方は多彩だが
これも決まり文句
「1回目で合わす」

たまぁ~~に、追って来るヤツもいるが同じ個体かどうか、、、、、、、
とにかく、タチウオは居る
というか、濃い。

緩やかな誘いよりリーリングしながらメリハリのある速い誘い
その後のステイ=喰わせる間は3秒待って反応がなければ
2mほどフォール。
誘い上げ。


釣果は18匹。
他は5~15匹。
この日はタチウオには不利と言われる大潮だったけど
そんな感じで釣ると、アタリは良く出た。
コメント

須磨沖でタチウオ・・・アタリが途絶える

2019年08月27日 | 無駄無駄庵日記
8月26日。
須磨の純栄丸でタチウオ狙い。
潮は若潮。
メチャメチャグッド。
20匹は釣れる潮。
いえ、釣りたい潮です。

6時過ぎに船着き場を離れて
相客さんは14~5名。
やはり釣れる潮はお客さんが多いですね。

最初の潮流しは須磨沖の水深60mライン。
チョット濁ってますが
底から10mでアタリが出て
トン、と軽い喰い上げアタリ
ガチっと合わせて
1匹目
続けて2匹目

調子いいです
船内でもリールの巻き上げサウンドが続いて
45mで喰った
50mやで
船長は40m上でも映ってるとアナウンス
タナ取りの連携もスムーズで

調子いいです

     


でも、不安がよぎります。
このところ釣れるのは朝の内だけ
昼前になると

パタリ

アタリが出なくなります。

2枚潮 ???
濁りがひどくなる ???
水潮が入ってくる   ???

原因は ???????

だから、釣れる時に釣る

果たして、この日は10時ころに
パタリ
アタリが途絶えました。

後は
希に
チョンと竿先に反応が出るくらいで
12時過ぎに竿仕舞い
釣果は15匹。
他は1~13匹。

朝の活性がそのまま続くと軽く20匹いや、30匹は釣れたかもです。

あっ、すみません
「かも」のハナシは厳禁ですね。

でも、30匹は釣れたかも、、、、、、、です。

若潮がダメなら大潮の真っ只中に出掛けてみようかな。
コメント

夢丸でタチウオ・・・後半ぼろぼろでした

2019年08月25日 | 無駄無駄庵日記
8月24日。
釣り仲間が10人ほど集まって
泉佐野の夢丸(旧ブルーマックス)でタチウオ狙い。

潮は小潮。
タチウオにベストマッチ
なので、満船です。
5時30分ころ港を出て
チョット、雨模様。

神戸沖に着いて
一流し
二流し

水深60m。
50mラインでぼつぼつアタリがあって
三流し
四流し

と、「今から早掛けをやりま~~す」のアナウンス。

底を取り直して50mまで巻いて
誘い
ゴツン

やった
早掛け成功

しかし、30mくらいでバラシ。

早掛け競争
これ、勝ったことがないですわ

運のなさを諦めて

普通の釣り
タナは50~40m。
ドン
ゴン
ガツ
急に活性が高くなって

と、「2回目の早掛け、やります」
いっせいに仕掛けを入れ直して
ガツン
即アワセでフッキング
早掛け賞、初ゲット。



並んで竿出しした能丸さんも早掛け賞、ゲット。

これで調子が出て
ゴンゴンガツガツ
出たアタリを合わせまくって

これなら20匹は超える
と、思ってたら

後半、雨。
バシャバシャ
ではなく
ビシバシ
バシビシ
身体に打ち付ける雨

それでも誘い続けたけれど
2枚潮になり出して
オマツリ多発

アタリがあれば辛抱出来るけれど
上を誘っても
下を探っても
反応なし。

いつもなら2枚潮になって、活性が上がって
底付近を軽く誘うだけでアタリが頻発
どちらかと言うと、2枚潮大歓迎、、、、、、、
って、ことなるけれど
この日は不発。


釣果は前半に稼いだ13匹だけ。
消化不良な一日でした。

ああっ、そうそう、この日はサンマを使いましたけど
けっこうアタリが出ました。
コメント

須磨沖でタチウオ・・・目線を切る???

2019年08月21日 | 無駄無駄庵日記
10号台風の通過後、極端に活性が落ちることもなく
まっ、大潮とか中潮とか
潮の濁りもあったようですが
普通に喰いがあって、チョット安心です。

で、19日に出掛けようと、純栄丸に予約を入れて
当日の朝
目が覚めてみると
午前5時を過ぎていて

えっ、ウソ
ウソでしょ。

何度も時計をみて
やっと事態を飲み込んで
いまさら慌ててもどうにもならんし
船長に電話をいれて
「ごめんなさい」、、、、、、、、、

で、改めて20日に行って来ました。

6時ころに船着き場を離れて
目指す須磨沖は黒くけむって
ヤバイ、と思う間もなく
バシャバシャの雨中へ突入

迷うことなくカッパを着込んで
水深、60m。
濁りはほとんどなく
底、10mでゴツン。

ゴンゴンとした引きを楽しみつつ
リーダーを掴んで
抜き挙げ
と、同時にバレた、、、、、、、

今シーズンは、このバラシが多い。
なんでやろねぇ、、、、、、

掛け外れ
巻きバラシ
よりも多い
なんでやろねぇ、、、、、、

で、まあ、3~4匹取り込んで
雨が上がって
迷うことなくカッパを脱いで
と、またもやバシャバシャの雨が降ってきて

でも、淡路島の上空は明るい
そのまま釣り続けて


メータークラス。
この日もグローよりブラックヘッドがよかったような

ただ、アタリは一度だけ
コンとか
ドンとか
明確なアタリだけれど
それを即アワセ出来なかったら
以後のアタリはほぼ出ない
上への誘いを追って来ない
長待ちしても反応が出ません

異変を感じたのかもですね

苦戦の連続です、、、、、、、

で、どうするかと言うと
そのタナから2mほどフォール
これ、タチウオの目線を切る感じ
別エサと思わせる作戦、、、、、、

そして、再び巻き上げながらシャクリ

と、最初のアタリダナ前後でアタリが出る
ただし、同じ個体とは限りませんが、、、、、、、

出なかったら、もう一度2mほどフォール。
そして、誘い上げ。

2~3回繰り返してアタリが出なかったら今までのタナでの誘いを繰り替えす。

と、そんなこんなのやり取りをして、この日は18匹。

目標の20匹に届かずでした、、、、、、、、。
コメント

須磨沖でタチウオ・・・チョット戸惑いました

2019年08月11日 | 無駄無駄庵日記
須磨沖のタチウオ、好調ですね。
8月7日に純栄丸の初出に乗って、28匹。
指4本がレギュラーサイズで充分な釣果。
そして、なによりビックリしたのはその引きの強さ。

例年より無茶苦茶引きますね。
やりとりも竿を伸されそうになって
オッ、オッ、、、、、、、
メーター超えかな
ドラゴンかな
って感じで巻き上げてみると
そうではなく
指4本サイズ

でも、良く肥えてますね。
体力あるんですね
パワフルの源ですね

そして、よくバラします。
ことに取り込みの時
リーダーを掴んで手で抜き上げるとき
もう一度バシャバシャと暴れたり
斜めに走って魚の向きが変わったり

引きが強いのでハリ穴が広がるんですかね。
タチウオの唇だけがハリに残ってた人もあったようで。

掛けてからの巻上速度も一気にMAXではダメですね。
速度調整、ドラグ調整が必要かもですね。

などと思いながら、8月9日再び純栄丸へ。
この日は相客さんが12名。
前回のほぼ倍。

やはり、釣れてるで~~、となると人数が増えますね。
6時過ぎに船着き場を離れて、須磨沖へ。
水深60mほど。
イワシを括ってテンヤを降ろす。

うわ、濁ってます。
先日よりもキツいです。

使ってるテンヤはブラックヘッド。
めちゃめちゃ反応あったテンヤなので、、、、、、、

底から10m。
ゴツン

即アワセ。

やっぱりブラック、、、、、、、

しかし、3~4匹掛けて、途端に反応が悪くなった

う~ん
う~ん

訳が分からん

濁りがキツいからシルエットがハッキリせえへんのか???
でも、前回も濁ってたけど、釣れてたし???

で、グローテンヤに替えると
同じタナで

トン
コツ
フッ

いろんなアタリが出て
即アワセでゴツン。

そうそう、タコベイトも嫌われることなく
普通以上にに喰い付きがあって
前回と様子が変わってる

これって、なんというか
当たり前ですが
決め釣りはアカンですね。

で、お昼前に水深70mラインに移動。
ここは前回に底5mでよく喰った場所。
ただ、この日は2枚潮がキツくオマツリ多発。
潮流しは2~3回で終了。

12時過ぎに竿仕舞いして、この日の釣果は27匹。
30匹前後の人が数人居られたようで、自分もぎりぎりで仲間入り。



誘いはデッドスローで巻き上げながらの軽いシャクリ。
これは前回と同じ。
ただ、掛けられなかった時のその後の対策。
■追い喰いさせるためそのまま巻き上げ(自分は2mまで)
■ステイ(50センチ前後誘いながら)
■1~2mほどフォールからの巻き上げ

この日よかったのは、フォールからの巻き上げ。
最初のアタリタナで、コツンと反応が出る。
エサをタチウオの目線から外す効果があるのかな???

まあ、シーズン2回目ですから今年のタチウオのパターンをとやかくいうのは気が早いですけど、いろいろチョット戸惑いました。

ちなみに、反応の悪かったサンマエサもこの日はけっこう喰い付きが良かったようで、、、、、、、、、隣の人が使っておられました。
コメント

純栄丸で初タチウオ・・・ブラックヘッド大活躍

2019年08月08日 | 無駄無駄庵日記

8号台風が列島の南部を抜けて、9号台風が南の海上から北上し始めて、10号台風も北上の態勢、、、、、、、、

あまり厄介なことにならなければよいのですが。

と言うことで、写真は8月7日の須磨沖。
純栄丸はシーズン初のタチウオ釣りです。
相客さんはコアなタチウオフアンが5名。
意外と少ない。
他の人達は、様子見ですかね、、、、、、、

大阪湾周辺の情報を潜っていると須磨沖(神戸沖)は全体的に好調な出だしなんですけどねぇ、、、、、、、

だから
だから
期待を持って、1投目。
水深60m。
底から探って
45m
40m

反応なし。

ま、いきなりは、ね、、、、、、

テンヤを底に降ろして
50m

コン
喰い上げアタリ

ゴン
即アワセ

ガツガツ、ガツガツ

久し振りのタチウオ

エエ感じ
エエ感じ

海面に銀色が現れて、リーダーを掴んで
バシャ
バシャ
バシャン
フッ

抜き上げ失敗

シーズン初
いきなりの失敗

どう言うことですか、、、、、、、

で、次も50mでコツコツ、コツ
今度は無事に取り込んで
せっかくなので
大きくはないけど


指4本のレギュラーサイズ

はい、今年はこのサイズが多いようですね。
この日、ベルトサイズ、サンマサイズは上がらなかったですね。

で、まあ、出だしにミスはありましたけど
順調に数を稼いで
5~6匹。

しかし、ここでアタリが出なくなった
個人的に、です。

隣の常連さんにタナを訊いたり
はあ、45mですか。
一緒に行った山さんからも、45mですよ
とか、アドバイスを貰っても
アタリが出ない。

その間に山さんが



110センチサイズを連発して
自分はなおもトホホな状態に襲われて

う~ん
リンゴパンも塩飴もトイレも、、、、、
つまり気分転換も効果なし。

いったい、どうなってる
どうなったん
シーズン初日にしてお手上げ状態

で、ふと、いつも使ってるタコベエ腹巻きを外して
底取り。
45m、、、、、、
コツン
ゴツン
ようやくレギュラーサイズを取り込んで

次は48m
トン
喰い上げアタリ

はいはい
そういうことですか
タコベイトが嫌われていたんやね

少しづつ後追いで数を伸ばして

そうそう、後半は、これ


水深75m。
タナ65m。
ブラックヘッドがかなり効果があって
メッチャ反応出て
追っかけ喰いもガンガン出て


ドラゴンは出なかったけれど
指4本サイズばかりを28匹。
竿頭でした。

ブラックヘッド !!!
このところカラフルなヘッドのテンヤが発売されてるので、あえて、ブラック。
たぶん、海中の色とか濁り具合とかのマッチングがドンピシャに決まって
タチウオにとっては喰い気を刺激されるシルエットになったのかも、ですね。

ちなみに、誘いはジリジリとデッドスローで巻きながらのシャクリ。アタリは即アワセです。
コメント (2)

明石海峡ケンサキ探し・・・ビッグスマイル

2019年08月04日 | 無駄無駄庵日記

神戸マリーナを基地にしているビッグスマイル。
いろいろな釣りを提供するべく奮闘中の船長が今年はケンサキイカの半夜に出てみましょう、、、、、、、、、と言う。

ではではと、日程を調整して、8月2日に行って来ました。
ナビゲーターは上の写真の山さんと後で出てくる、あめちゃん。
自分はたんなるひっつき虫。

6時過ぎに神戸マリーナを出て
一路、明石まで。

かなり時間が掛かりますがようやく到着。
大橋を潜ったところですでに数隻の船が灯りを点して流しています。
さっそく我々も


竿を出して、、、、、、
あっ、これがあめちゃん。
ナビゲータです。

水深は11m。
この日、自分が使ったメタルとドロッパーはこれ


左から10号のメタル。
後のオッパイスッテは柔か弾力、ぷにゅとした触感。
サイズは2号くらいやったかな。
レインボウ、虎、ブルーフィッシュ。

水深は11m。
とりあえず底から探っていると、竿先がクンッとお辞儀。


レインボウに抱きついて
次も底でモソモソ反応が出て


やはりレインボウ。
ただ、これが良かったと言うことはなく、イカのいたタナにレインボウがあった、という感じ。
虎にもブルーフィッシュにも抱きついて来ましたから。
ただ、メタルには来ませんでした。
ギロッとした目がイカに嫌われたのかな、、、、、、、、、


山さんは、グリーン。
そして、ピンクにも乗せてました。

   

あめちゃんは・・・・・?
サイズはやはり15センチくらい。
これがレギュラーサイズですかね。

で、それぞれが

  

こんな感じで釣って
まだ釣れそうやけど
この日はポイント探し、イカ探し。
じゃ、チョット違う筋も流してみましょう
と言うことで、より東へ移動。
水深14m。
16m。
2~3度流してみたが反応なし。

で、元のポイントへ戻ったけれど
すでに潮が緩くなっていて、イカの反応がでず。

まだ、シーズンが始まったばかりでイカの群れが薄いようで
しかも、浮いて来なくて

例年、30~50匹と爆発する日もあるが
果たして今年は、、、、、、、、

どうなるかな。

ちなみに、この日は底で軽く叩いて、5秒待ちがパターンでした。
コメント

虎ノ介でタイラバ・・・平磯沖シャローでナナマル

2019年08月01日 | 無駄無駄庵日記
このところチョット良い感じのタイラバ
ボウチャンはなくて
1~2匹だったり
5匹釣り上げたり
バイトもわりと良く出て
良い感じの理由は分からないけど
まっ、自分なりのリズムに乗ってるかな、、、、、、、


7月30日。
この日も虎ノ介の午後便でタイラバ。
席は左舷胴の間。

夕方、5~6時ころから南風が強くなる予報だけれど
午後イチの潮流しは平磯のシャロー
ここでミヨシのお2人にホウボウ。
ただ、タイの気配がないようで直ぐに淡路島へ。

水深60mからの駈け上がり。
チューニングはとりあえず、オレンジカーリー。
ヘッドはTGの100グラム。
潮が速くて巻き巻きの抵抗感も重い。

トモの人に35センチ。
ミヨシではバイトだけ。

自分にはバイトもない。

チューニングをオレンジのイカタコカーリーに替えて
巻き巻き
巻き巻き

底から10mほどで

ぴょん
ぴょん
ぴょん
と、竿先を弾きながらチャリコ

次もプルプルと小さなバイト。

でも、反応があるので、しばらくイカタコで巻き巻き。

船が大橋付近を流し

元の淡路寄りを流し

ときどきタモが出る

が、自分はバイトなし

良い感じ、、、、、、、、、
やったけど
うまいこといかんなあ、、、、、、、
ネクタイを赤と茶のツートンに替えて

と、底でコツ、とアタリ。
    

タイラバの友、ガシラ君。
前回はこのツートンネクタイで55センチ釣ったけど、この日はガシラ君。

そして、無反応の時間が続いて
チョット気勢が削がれ
オレンジカーリにチューニング替え。

と、ガツガツ
ゴツゴツ
ジジジジジ
とドラグが出て
タイが反転して
フッと軽くなった。

良くあることとは言え
ますます気持ちが萎えて

ちょっとトイレ
リンゴパンを食べて
塩飴舐めて
午後の紅茶を飲んで

なにやかやとしている内に
南風が吹き出して
船が平磯沖のシャローへ
水深25m。
たぶん、残された時間は少ない。

ずいぶん迷ったけれどネクタイに厚みがあって、波動の出やすいツートンネクタイに替えた。
そぅ、この日ガシラが喰い付いたヤツでもあるし前回55センチが一発で喰い付いたヤツ。
ヘッドはTGの80グラム。
巻き巻きをしたが反応なし。
弱気になってネクタイを替えようか
と、回収、、、、、、、
したけれど、ベイトがイワシ。
波動が大きい方がエエ。
もう一回このままで、と言う気になって
チョイ投げて、、、、、、、


果たして、底取り2回
巻き巻き
巻き巻き

ごつごつ
ゴツンッ

重いアタリが出て
ドラグがジジジジジ
いつまでも、ジジジジジ
ラインが斜めに出て
青物??
いや、竿先の叩き具合は、マダイ。


巻いても、巻けない
巻けない
巻けない
ドラグをじわじわと締めつつ
危険
危険
レッドゾーンギリギリ
出ては巻いて
出ては巻いて

深場のタイなら浮き袋が膨れて徐々にでも上がってくるが
25mのシャロー
もろに暴れて
危ない
危ない
けど、オモシロイ。

紅色の魚体がようやく浮いて

タモに入ったのがナナマル。



2段目のハリ1本が下唇に刺さってる。
チョット喰い付いてみたら、、、、、
って感じの掛り方、かな。

ともかく、ネクタイをチェンジしなくて良かったです。

                     

で、写真をって、顔出しNGではありませんよ~~~~
全貌はこれ


タイラバで3匹目のナナマル
船長も喜んでくれて割引乗船券をゲット。
アドレナリン全開でありました。
コメント