無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

虎ノ介でタイラバ・・・間が悪い

2019年06月27日 | 無駄無駄庵日記

6月26日。
虎ノ介の午後便でタイラバ。
天気予報は曇り。
雨は
降らんやろ、、、、、、、、
と言う判断で
寒さ凌ぎのウインドブレーカーのみ
カッパ持参せず。

しかぁ~~~し
垂水沖で一流し
二流し

淡路島の方から黒い雲が押し寄せて来て
ポツポツ
ポツポツ
雨粒が大きくなって

アカン
濡れて来た
ウインドブレーカーを通して
Tシャツに
ズボンに
しっとりからビットリ濡れて
それでも巻き巻き
巻き巻き
空がますます暗くなって
ヤバイ
ヤバイ
こういうときは釣りを止めて
って、まだノーバイトです
なので、釣り続行。

で、空が暗い
と言うことは、海中も暗い
はず

ネクタイを明るいオレンジに替えて
水深50mから駈け上がり
巻き巻き
巻き巻き
ゴツン

うわ、即ヒット
       
     

読みなのか偶然なのか
とにかく1匹目。

気を良くして
びちょ濡れやけど
巻き巻き
巻き巻き
ゴツン

うわっ
即ヒット
2匹目


雨は止んだり降ったり
降ったり止んだり
上がるかな
上がらんなぁ
降ったり状態が続いて
びちょびちょ濡れ

ついにキャビンで避難

そのまま竿仕舞いまで、避難。

調子よく釣れてたのに
間が悪すぎるでぇ、、、、、、、、
コメント

46分の2・・・虎ノ介でタイラバ

2019年06月18日 | 無駄無駄庵日記

6月17日。
垂水の虎ノ介の午後便でタイラバ。
船着き場には午前便の船が港に帰って来ていて
少し早上がりしたとか、、、、、、、、

その訳は
西風が強くて撤収???
まったく釣れなくて???
あるいは充分釣れて???

果たして、船長曰く
「釣れましたよ~~」
「40匹くらいですけど~~」
「午後便も頑張りましょッ!」

と、言うことで期待一杯に13時過ぎに出船。
席は左舷胴の間。
相客さんは12名。

一流し目は垂水の沖。
TGヘッド60グラム。
「底に映ってるよ」

巻き巻き
巻き巻き

と、左隣でヒット。
40センチくらい。

再び潮上り。
巻き巻き
巻き巻き

と、右隣りの少年にヒット
直ぐに自分にもヒット
40センチくらい
チューニングは赤の細カーリー、掛けバリに黒のタイコーム。


エエ感じですね、、、、、
今日はこの組み合わせで通そうか
と思っていると

続けて少年にヒット。
35センチくらい。

トモでもヒット。
右舷ミヨシで青物らしきやり取り。
皆が竿を上げて、、、、、、、待ちの態勢。

でも、残念ながらバラシ。

それでも、午前便の勢いが残っているのか
あちこちでタモが入って

自分にもバイトはあるものの、フッキングせず。
船が淡路寄りに移動して
少年にまたまたまた、ヒット。
感心してしまう、、、、、、、

トモの方でも連続ヒット。
すでに、6~7匹釣ったはるような。
凄腕ですやン、、、、、、、

こうなるといろいろ悩んで
黒のタイコームを止めて、オレンジに。
ちょっとボリュームを持たせて、幅広の赤のカーリに。
黒のビビットカーリーに。
ゼブラオレンジを付けたり。

コツコツっとアタリは出るが、フッキングせず。

ゴツゴツっと引き込むが、フッキングせず。

?????????????????????????
?????????????????????????

苦心が不振を呼んで
悪循環してますね、、、、、

これは、トイレで気分転換ですね。



で、最終的にシンプルに。
と、言うか
最初のチューニングに戻って
巻き巻き
巻き巻き

ゴツ、ゴツ、ゴン。


ようやく2匹目。

そして、6時過ぎに竿仕舞い。
船内釣果は46匹。
つまり、46分の2。
絶好調の端っこでした。
コメント

加太湾で巻き巻きマダイ・・・釣り運全開

2019年06月11日 | 無駄無駄庵日記
6月10日。
加太湾でマダイ狙い。
お世話になった船は正福丸。

仕掛けは高道具という全長10mくらいの胴付き仕掛け。
釣り方は船長の指示ダナに合わせた、巻き巻きマダイ。
底取り後
15回巻いてぇ・・・・・
20回巻いてぇ・・・・・・
リールのハンドルをクルクル巻いて
ガンガンとアタリが出ても合わせずに巻き続けて
アタリがなくても巻き続けて
ひたすら巻き続けて
巻き続けて
他の人は釣れてるのに
自分は釣れなくて
終了!

なんてことが出掛ける度に何度も続いて

たまぁ~~にガンガンがあって
1匹とか
2匹とか
釣れることがあって
相性というのか
下手というのか
とにかく勝率の悪い釣り。

と、言うことで
このところよく釣れて言うことなのでその勢いに乗るというか
縋るというか
運に頼るというか
かなりの不安を抱えながら5時前に出船。

この日のポイントは、ナカト。
海流が友ヶ島の二つの島、地の島と沖の島の狭間を切り分けるように流れ、急な駈け上がりが特徴。
とうぜん、根掛かり注意のポイント。


自分は左トモ。
左ミヨシに道上さん。
右ミヨシに登里さん。
左胴の間に森岡さん。
他に相客さんは3名。
誰が最初に掛けるのか
船長の指示は底取り後15回転。
一流し目、、、、、、
右トモの相客さんにタモが入って
同じく右ミヨシでタモ。

二流し目。
あちこちでタモが入って。
自分は反応なし。
やっぱりいつものパターンか、、、、、、、、



この日の擬餌はビニールではなく、赤の毛糸玉。
ミミイカの小さいの、地元で言うグミイカに似せたモノとか。
このサイズなら一気にハリ掛りしそうやけどね、、、、、、

そして、三流し目。
底から5回ほど巻いたところで
ガツ、ガツ、ゴン。
直ぐに反転して、35センチ。
続けて、ガツガツ,ゴン。
40センチ。

釣れてますやン。
アタリもありますやン。
いつもと様子が違いますやン、、、、、、、


暗い内は雨模様だったけど
徐々に明るくなって
船が潮上りを繰り返えして
生け簀にタイが色濃く泳いで

手前の森岡さん
奥に道上さん。
右の登里さん。
それぞれ醸し出す雰囲気が余裕ですね。

船がナカトをわずかに南に下がって、巻き巻きが25回。
底から10回位で
ゴン、ゴン
ゴン、ゴン

掛かったかと思ったけどフッと反応が消えて

今度はいきなり
ガツン、、、、、
無事に掛かって、、、、、、

そんなやり取りが何度かあって
9時頃に竿仕舞い。

釣果は

    登里さん
      

    森岡さん
      

    道上さん
    ぞれぞれが実力通りに
      

  
      

そして南村は巻き巻きマダイのマックス。
これだけ釣ったのは初めてです。
まさに、釣り運全開でありました。
コメント

虎ノ介でタイラバ・・・トホホになりかけて

2019年06月05日 | 無駄無駄庵日記

6月3日。
垂水の虎ノ介の午後便でタイラバ。

前回は夕まづめ近くなって南風が強くなって、撤収。
その前になんとか1匹掛けて
その時のチューニングが


これ。
80グラムのTGヘッドに
オレンジゼブラと細カーリーのレッド。
隣で釣った人のをそのまま真似たら、直ぐにゴツン。

しかし、その後予想しないアクシデント。
船が移動して
波を被るので後方へ避難

戻ってみるとリールのラインがすっからかん。

???????????

どうやらヘッドが船の水抜き穴から転げ落ちて
そのままラインが引き出されて、、、、、、、
プチッ、、、、、、、、、

と言うことで、冒頭の写真。
PEを300m巻き直して
チューニングも同じにして

垂水沖で
  巻き巻き
    巻き巻き

岩屋沖で
  巻き巻き
    巻き巻き
     巻き巻き

15mに映ってる
底5m
ちょっと濃いめに映ってる
船長の檄に合わせながら

途中で細カーリーをオレンジにしたり
タイコームを付けたり
また、カーリーを赤にしたり

速巻き
  遅巻き


   中速落とし
     低速落とし

いろいろ試して
日が沈みかけて

ここまで、バイトは1回。

トホ
トホ
トホホ
どうやら蚊帳の外になりかけた、時
       
      
    

ゴツゴツ
ゴツゴツ
ゴンッ
40センチ。

マジで疲れて
マジで嬉しい
1匹でありました。
コメント