無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

淡路~神戸沖でツバス&チビゴン・・・・腕の違いがハッキリと

2018年09月29日 | 無駄無駄庵日記

9月28日。

前回と同じビッグスマイルでタチウオ&青物狙い。

ご一緒したのは山本さんと能丸さん。

実は3人で鳥取へアコウ&ヒラメ釣りに行く予定でしたが、荒天により中止。

急遽、山本さんの手配で一日をぼんやり過ごさずに済んで、、、、

午前6時に出船。

 

神戸空港近くで青物のエサの小アジ釣り。

チョット時間は掛りましたが10数匹釣って、、、、、

まあ、前回よりは小さいので喰わせるタイミングが楽チンのはず。

 

この日は先に青物狙いとかで明石海峡大橋を潜ってなおも西に。

船がスローダウンしたのは、カンタマ瀬。

すでに相当数の船団が出来ており、、、、、

青物、釣れてるんですね、、、、、

大人気ですね。

 

まずは一流し目。

小さな青アジを選んで、鼻掛け。

水深25m。

底取り、、、、、、

ゴツゴツとオモリが底を転がり跳ねるように引きずられて

潮が速いんですね。

竿先からゴツゴツとした感触が伝わって来て、、、、、

と、トモの山本さんから笑顔の合図。

ツバス。

2匹目ですって。

へっ、流し始めたとこですよ、、、、、、

 

二流し目。

竿先のゴツゴツがグイグイに変って、、、、、

ツバス。

しかし、ブリも来る、、、、

ってコトでハリスは10号。

強引にガンガン巻きでツバスの2匹目。

    

能丸さんにも、ツバス。

彼もハリス10号。

ブリが来るかな、、、、、、

 

何度も潮上りをして、、、、、

ゴツゴツ感触の竿先がいきなりのされて、、、、、

ラインがビィッシューと走って、、、、、

おっ、おっ、、、、、

ブリ、、、、、

か、、、、?

 

ではなく、根掛り、、、、、、

潮流れが速くて、船が流されて、、、、

ラインが出て行く、、、、、

 

と、そんなこんなで、2時間ほど流して、山本さん6匹。

能丸さん2匹。

自分も2匹。

 

そして、タチウオへ、、、、

神戸沖へ。

船影はぽつり、ぽつり。

水深50m。

前回は好調に掛けたけど、この日はアタリが出ない。

能丸さんが35mで初ヒット。

自分も35mに合わせるが、反応なし。

40mでヒットの声を聞いて、40mラインを、、、、

でも、反応なし。

 

群れが濃いときは教えて貰ったタナでアタリが出るけど、薄いとすでにそのタナには居ない、、、、

というか、船が潮流れしているので直ぐに群れから外れるんですね。

これって、タナの後追いです。

自分の釣りが出来てないんですね。

シーズンに何回かある最悪事態。

2時間ほど流して、2匹。

 

とはいえ、能丸さんも山本さんも釣っていて、、、、

チビゴンですが7~8匹。

群れが濃いとか薄いとか、、、、

言い訳をしてみても、、、、、、、

腕の違いがハッキリと出た一日でありました。

コメント (2)

グッドスマイルでタチウオ&青物のリレー釣り・・・・須磨~淡路沖

2018年09月23日 | 無駄無駄庵日記

9月22日。

西宮ヨットハーバーのグッドスマイルでタチウオ&青物のリレー釣り。

タチウオはイワシエサのテンヤで。

青物は小アジのノマセで。

ご一緒したのはあめちゃんとご子息の釣ったろう君。

あは、本名ではないですよ~~♫。

釣り仲間での愛称。

釣ったろう君は小学生ですが、すでにお父さんの手ほどきを必要としないほどの腕前。

この日も大活躍、、、、、、、

 

ってことで、ヨットハーバーを6時に出て、西へ。

まずは青物のエサとなる小アジ釣り。

神戸空港周辺で船長の合図。

オモリと一緒に配られた波止用の小アジサビキで底取り。

ビビビ、ビビビっと小アジのアタリ、、、、、

ではなくゴツゴツ、ゴツゴツっとしたアタリ。

20センチ超えてるやん。

エサにはデカイ。

けど、これしか喰わない。

10匹ほど釣って、これで充分。

個人生け簀で活かしておいて、船は神戸沖へ。

青物の潮までタチウオ狙い。

水深、60m。

配られたイワシをテンヤに括って。

底から15m。

コンコン。

ガツン。

即アワセで、指3本。

次も、指3本。

    

で、釣ったろう君に指5本。

メータークラス。

自分は釣っても釣っても、指3本。

まあ、アタリがよく出るので面白いけれど、このところドラゴンを釣っていない。

船が幾度か潮上りをして、やがて潮の流れが速くなって、タチウオのアタリも遠くなって。

2時間ほどの竿出しで釣果は12匹。

ま、良い感じ。

そして、10時30分頃に青物狙いで、明石海峡大橋へ。

 

すでに多くの船が潮上りを繰り返していて、そのため波立ちが激しい。

例年だと9月半ばに始まる青物狙いだが、今シーズンは8月ころから釣れ出して、ハマチ、メジロ、時にはブリも揚がって青物大爆発。

イワシやシラスを喰っているので脂のノリも良い。

仕掛けは胴突き1本。

枝ハリス10号、1m。

ハリは小鯛の12号。

捨て糸3号を50センチ。

オモリ60号。

竿はタチウオ竿を兼用。

水深は40m前後。

小アジを鼻掛けにして、底取り。

この釣りのキモは、その底取りが出来るかどうか。

急な流れに船を乗せるのでオモリが浮く。

浮きすぎると喰わない。

常に底を意識しながら、根掛りしないようにクラッチ操作。

一流し目からトモでミヨシで50~60センチのハマチが掛って、二流し、三流し。

船が潮上りするたびに船内で喰いが立つ。

 

と、竿先がピョンピョンとバネ仕掛けのように2~3回弾かれて、直ぐに竿全体がグイグイと持ち込まれて、もう一呼吸、二呼吸。

ずっしりと竿が重くなって、ここで確実にハリ掛り。

グイグイとした強烈な引きを強引に、ときに竿の弾力で耐えながら巻き上げ。

単純なようだけれど、喰わせから取り込みとけっこうテクニックが要る。

それを熟した釣ったろう君と60センチサイズをダブルヒット。

そして、その後も釣ったろう君は絶好調。

ついに、、、、、、 

    

50~60センチを4匹。

グッドスマイル賞のナンバーワンカードをゲットして、シャイにはにかむ釣ったろう君。

自分は、、、、、

    

グッドスマイルでタチウオナンバーワンカードをゲット。

ちなみに、カード3枚溜まれば無料乗船とか、、、、、

すぐに溜まる、、、、、

か、どうか、、、、、、、?

コメント

明石沖でタチウオ・・・・・何事も侮ってはいけない

2018年09月20日 | 無駄無駄庵日記

久し振りにハゼ釣りに行って、岸辺のゴロゴロ石に足を取られて、左足の親指を捻挫。

というか、突き指。

その日は痛みだけだったけれど、明くる日になって親指の先っぽが赤黒くなって内出血。

爪の中も血が滲んでるみたいで、前日より痛みがひどい。

歩くと負荷が掛って、なおも痛む。

でも、行くべきところには行かなくては。

 

と、言うことで9月19日、須磨の純栄丸へタチウオ狙い。

船着き場を離れて、、、、、、沖へ。

空は曇りがち。

べた凪。

 

船の軸先が西を向いて、明石大橋を潜って

今日は須磨沖じゃなくて、明石沖。

「須磨沖はぜんぜんアカン」

「サイズは小さいけれど、明石のほうがマシ」

と、船長が前日に言うてたように多くの船が集まってる。

水深60m。

底15m。

いきなりドンドンと突き上げるアタリ。

即アワセで上げたのは指3本。

次も底15m。

コンコン、コン。

派手なアタリ。

指3本。

 

朝一番からやんちゃなアタリで指3本サイズが掛ってくる。

5~6匹釣ったとき、船が船団から離れて、水深90m。

底を探って~~~ぇ、と船長。

何か別の反応を見つけたのかも知れない。

しかし、2~3回流したけれど、反応はなし。

期待したけれど、残念。

 

そして、再び60mラインに戻って、、、、、

朝一のような派手なアタリが遠のいて、、、、、

群れが濃いという感じではなくて、アタリの出る時と出ない時がある。

けっこう集中した誘いとアワセをしないとテンヤに掛らない。

結局、この日は23匹。

トップが25匹。

指3本、やんちゃなサイズ。

だからといって、なんぼでも釣れるやろと、侮ってはいけない。

 

 

そして、親指の痛み。

ますますひどくなる。

たかが捻挫、突き指と侮ってはいないが、、、、、

取り合えず医者で診て貰おうかな。

コメント (2)

新淀川でハゼ釣り・・・・・歩いて10分

2018年09月18日 | 無駄無駄庵日記

9月18日の午後。

住まいから歩いて10分。

新淀川、阪神電車本線、姫島駅側の鉄橋付近でハゼ釣り。

近すぎて、いつでも行ける、、、、

が禍して、長いこと行ってません。

めっちゃ久し振り。

ポイントが分からんけど、、、、、

 

この日は平日なのでこのおじさんがお二人。

けっこう釣れてますよ~~~

って、

ことで、、、、、

声を掛けて、適当な場所に入れて貰って。

延べ竿の3、6m。

エサは青ムシ。

2~3センチにちぎって、、、、、

ぽいと仕掛けを放リ込む。

 

浮き下は50センチほど。

 

噛みつぶしオモリで浮きがぴょこんと立って。

 

 ゴロタ石の合間を浮きが流れて。

チョット込み潮。

揺れながら流れていた浮きがツツ~と沈んで

         

12センチほどのハゼ。

次は、新子サイズ。

次は、外れ。

次は、新子。

チョット、アタリが出なくなって。

別のゴロタ石の合間を狙って、、、、、、

場所によって12センチくらいのが釣れたり。

新子が釣れたり。

2時間足らずで15匹。

久し振りのキュンキュン引きを楽しんで。

300円で買った青ムシがなくなって、終了。

 

いつもこんなに釣れるンかなぁ、、、、、、、、

というか、よう釣れたほうかな、、、、、、、

どうかなぁ、、、、、、、

 

地元やのに、、、、、、

よう分かりません。

コメント

鳥取沖でアコウ・・・・釣果MAX!

2018年09月14日 | 無駄無駄庵日記

小アジのノマセでアコウ&ヒラメを狙う。

今回で4シーズン目。

行く先は鳥取県酒津の第2清洋丸。

中垣船長は天候が不安定の時は停船を選ぶ。

今シーズンもすでに停船が何回かあった。

無理をしない。

操船が上手い。

信頼の要ですね。

 

と、いうことで、9月13日。

午前5時出船。

まずは港内でエサの小アジ釣り。

一人、100匹、、、、、

が目標、、、、、

このところのサイズは5センチ前後。

もう少し大きいのが欲しいけど、、、、、

そして、100匹に満たないけれど、、、、、

これくらいあれば一日持つ。

100匹釣る、は頑張って釣らないと途中でエサ切れの憂き目に合うよ、、、、

ってこと。

 

仕掛けは胴突き1本。

ハリスは10号。

枝寸15センチ。

意外と短いけれど、、、、、

短い方が魚がよく暴れる。

アコウの前アタリがよく分かる。

根に潜られる確率が低い。

 

捨て糸は3号を1m。

意外と長いけれど、、、、

底に近いとガシラが釣れる。

アコウは浮くので誘い幅が取れる。

 

ハリは根魚王の18号。

オモリ60号。

流し釣りだが、魚礁に直着け。

2~3分経過でアタリがなければ、直ぐに移動。

次のポイントへ、、、、。

エサを新しいのに替えて合図を待ち構える。

ランガンですね。

 

釣り初めて直ぐに久保さんに40センチくらいのが来た。

トモの方では50センチくらいのが上がったようで、、、、、

そのサイズを目指して、鳥取へ。

第2清洋丸へ。

    

自分にも40センチくらいのが喰い付いた。

誘いはオモリ着底後、ゆっくりと竿先を持ち上げる。

そしてゆっくりと降ろす。

アタリはこの動作の時に出る。

竿先に微妙な負荷が掛って

そのままゆっくりと持ち上げると

ガンガンッ

ガンガンッ

と、喰い込む。

 

 雨模様のなか、船は次から次へと魚礁を替える。

アタリは仕掛け着底と同時に出ることもあって、、、、

   

そんなタイミングで50センチほどのマハタ。

久し振りのどや顔。

そして14時過ぎに竿仕舞い。

この日の自分の釣果。

マハタ1匹。

40センチまでのアコウ18匹。

アコウの匹数としては過去MAXであります。

コメント

須磨沖でタチウオ・・・台風直後の活性は?

2018年09月07日 | 無駄無駄庵日記

     

21号台風。

凄かったですね。

 

淀川河口近くの我が家は築130年は経った木造家。

あちこちが吹っ飛ぶかもと思いながら何も対策出来ずに、、、、

無事通過を願って、、、、、、

無事に通過。

 

一息ついたかと思えば、まさかと思うようなニュースが次々とTVから流れて。

なかでも、関空橋へのタンカー激突。

間近に見ることの多い連絡橋ですからよけいに衝撃です。

街中でも車が横転して、電柱も倒れて、建物の倒壊。

ベイエリアでは高潮。

甲子園浜の中古車センターでは車が高波、高潮に押しやられて、炎上。

西宮ヨットハーバーでは係留台や船が重なりあって。

高潮の凄さ。

これは認識を新たにしました。

教訓が一つ増えました。

 

そして、、、、、、

そろそろ、釣りに話題を転換したいのですが

なんというか、ハナシの接ぎ穂が難しくて、、、、、

台風で釣りが中止に、と言う私的なレベルではなくて

 

でも、出掛けて来ました、、、、、、

済みません。

 

と、言うことで、9月6日。

須磨の純栄丸でタチウオ狙い。

 

船長の「釣れませんよ、、、、」「厳しいかも、、、、、」

と、言う忠告を振り切って、

水深60m。

底から10mでアタリ。

続けて、アタリ。

連続、アタリ。

      

前々回の20号台風後の釣行は数日経ってたから、、、、、濁りが強くて。

そのせいか、釣果は1匹。

 

この日は岸に近いところは濁っていたけど、沖ではまだ濁りが出ていなくて

タチウオに喰い気があって、メーター超えも混じって、16匹でVサイン。

      

濁りが出ていないのは台風通過直後だからか。

やがて、河川の濁り水が大阪湾に流れ込み、湾全体に影響して。

活性ダウンって、コトなんやろね?????

コメント (2)

そう言えば秋空の気配・・・・須磨沖でタチウオ

2018年09月01日 | 無駄無駄庵日記

8月31日。

須磨沖。

雲が薄く広がって、どことなく秋の気配ですね。

海の色も碧く、なんとなく秋の気配ですね。

 

どことなく。

なんとなく。

そう思えば、そうかな。

でも、陽が天に昇りきれば、爆暑ですけどね。

 

さて、この日も純栄丸でタチウオ狙い。

前々日の釣果が1匹。

あり得ないコトがあり得て。

かといって無かったコトにも出来なくて。

渾身の1投目。

水深65m。

底取り。

このところ、早朝のプチラッシュに乗り遅れてばかりで

ふう~~っ。

 

1匹目が9時。

前々日は9時30分。

それ以降、釣れず。

 

この日も後が続かず、、、、、

ただ、フォールに反応が少し出て、、、、、

エイッ

エイッ

と、アワセて。

なんとか、4匹。

 

陽が天に昇りきって

爆暑。

爆熱。

 

汗まみれの中だるみが続いて

11時30分。

船が大橋方面へ移動して。

水深60m。

底から10m。

連続巻き上げシャクリで、ドンッ。

やる気のある覚醒アタリが出て。

4匹追加。

でも、周囲では釣れて無くて。

????????

12時過ぎに竿仕舞い。

90センチ未満ばかりを8匹。

竿頭とは云え、群れが薄すぎ。

タチウオ少なすぎ。

シーズンに入って1ヶ月経過。

どこかで激変してくれないと、、、、、、

ヤバイ!

コメント (4)