無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

ケンサキイカ・・・・鳥取でも勝てない!

2016年07月29日 | 無駄無駄庵日記

7月24日、再び鳥取へケンサキ狙い。

前回のメンバーに加えて、この日は和歌山・日ノ岬沖のカワハギで競いあった矢尾さんもご一緒。

勝栄丸が港を離れると同時に乾杯。

余裕の現われか、、、、、?

そして船がポイントに着いてパラシュートを入れて、釣り開始。

まずは底から探りあげて、っと云う間もなく矢尾さんがヒット。

エギはブルー。

まやまのブルー日ノ丸エギも持ったはりましたが、まずはお気に入りのイワシカラーのブルー。

メタルは赤緑。

最後までその組み合わせ。

隣り合わせだったし、相変わらずよく釣るし、タナを訊いたりして、、、、、、、、

カワハギ釣りと同じように差をつけられて、、、、、、、

南村にダブルヒットもあったけれど、ペースは矢尾さんの方が上。

T山本さん。

純栄丸でよくご一緒して、今シーズンのメクリアジでは何度も爆釣り、、、、、、

メバルもエエのんが釣れたでぇ~~とかですがボクはカワハギばっかり行ってましたし、、、、、

山本さんは鳥取は初遠征、、、、、、数を稼ぐということでメタルと胴突きと両方竿出し。

でも、メタルはタナ取りに慣れなくて胴突きの方がよく乗って、、、、、、20杯近くは確保できたとか。

おっ、あめちゃんが敢然と差し出したのはブルー日ノ丸。

やっぱりこれですかね、、、、、、

別のを使っても釣れないと直ぐに実績のある色に替えますもんね。

で、それを長く使用するから、やっぱり例えばブルー日ノ丸ってことになるんですけどね。

釣り人心理ですね。

週に一度は通うという森岡さん。

これは赤緑のメタルですが、その前はドロボーカラーを使っておられたような。

そういうボクもこの日のやり始めは実績セット。メタルはオレンジチャート、エギはラトルの赤黄。

そして、日が沈んで船に灯りが点いて、、、、、、、あれこれ色を替えながら、、、、、、

水深は、、、、、、リールのカウンターで68m~70m。

深いタナ、65mラインでは15号のオレンジチャートとムラサキラメの2号エギ。

タナが少しずつ浮いて、45~30mライン、、、、、

浮いて来たかと思ったら、65mラインへ沈んで、、、、、、

前回もこんな動き。

そして、最終になって船の灯りがいったん消えて、今度は薄暗く点いて。

つまり、明るかった海の中を薄暗くして、イカをより明るい海面近くに集めるという照明操作。

ちなみに赤緑のメタルとグリーン日ノ丸ではヒットなし、、、、、、、アカンと思ったらやっぱり直ぐに替えてしまうもんね。

竿終いの11時過ぎには15mまで浮いてここでハイペースで乗せて、、、、、エギはブルー日ノ丸。

そして、そして、久し振りにご一緒した矢尾さんは27杯。

南村は26杯でありました。

どないしても勝てない、、、、、、。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイラバGO・・・BOUZUの人が必ず出る!

2016年07月23日 | 無駄無駄庵日記

7月19日、大阪府淡輪港の白墨丸でタイラバGO。

この日は午後の下げ潮ねらいということで、8時出船。

船長からネクタイの色や巻き方など、いつものように最近の傾向の説明があって、それは試合に挑む前の円陣のよう。

白墨丸ならではの倣い。

これでぐっと気合いが入る。

ただ、最後に「このところ何故か一人だけBOUZUがでる」

あはは、、、、、、

気になる一言を残して、船長は操舵室へ。

それぞれの思惑をのせて、船が友ヶ島方面へ。

水深が50m。

口火を切ったのが、、、、、、、、

いつもお世話になってる魔界釣り具の岡村さん。

30センチくらいの綺麗なマダイ。

1投目でした、、、、、、

底から3~4回巻いたとか、、、、、、

そして、続けて2匹目、、、、、、50センチ超え。

ネクタイは金ラメ。

そうそう、この日は前日に爆発したドラゴンカーリーの赤がエエよ、という岡村さんのお薦めでそれを買った人が2~3人。

しかし、彼はそれを使わずに、金ラメ、、、、、、魔界釣り具の本領ですわ。

ホースヘッドで奮闘の松村さん。

ドラゴンカーリーには見向きもせずに独自路線でグリーン系のネクタイ、、、、、、、

アタリ頻発~~~~~♪♪♪

そして、ドラゴンカーリーを温存して(ドラゴンは夕方がエエとかで)、黒ラメを使った南村にも、、、、、、、

30センチ弱の1匹目、、、、、、巻いても巻いても反応がなかったので、赤と黒のダブルカーリーを諦めて、黒ラメに替えた途端でした。

にやけドヤ顔の日置さん。

かなりのサイズらしくゆっくりとやり取り。

リーダーが何故か2号。

細いですやん、、、、、、、、、ふつうは4号っすよ。

この日の最長寸60センチ。

これ釣ってからリーダー替えたはりました、、、、、、そして、ドラゴンカーリーも使ったはりましたけど、、、確かそれは不発だったような。

終始ストレートのオレンジネクタイで通してた、岸田さん。

6匹目が60センチに届かず、59センチ。

日置さんが胸を撫でおろして、、、、、、ニンマリ。

そして、最後の一人、、、、、、、

船長の云う「何故かBOUZUが一人」、、、、、、、、になるのか、タイラバ初トライの久保さん、、、、、、

50センチ超え、、、、、、、、、、、、

両隣りの松村さんと岸田さんが絶好調で、二人が上げる度にネクタイをいろいろ替えまくって、、、、、、

巻き巻き速度も迷いながら、、、、、、

それはそうでしょ、初タイラバ、見様見真似、、、、、それが順当な方法ですもん。

そんな苦労のなか、3匹は見事、見事、、、、、、

魔界釣り具で岡村さんのアドバイス通りに道具を揃えた甲斐がありました。

そして「ハマりました~~~」とかで、お誘いしてよかったです。

ようやく南村の2匹目、、、、、、、

「船内20匹目や~~~」っと船長の声が上がって、40センチ超え。

魔界から購入のドラゴンカーリーではなく、赤のふつうのカーリー。

それをロング仕様にして、、、、、、、

その後も竿終いの5時前まで2~3匹追加して、この日の釣果は6人で60センチを筆頭に24匹。

BOUZU打破~~~♪♪♪。

ちなみに、ワンセット2個入りで780円のドラゴンカーリーは不発でありました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥取沖でイカメタル・・・大剣の乱舞

2016年07月11日 | 無駄無駄庵日記

今年も行って来ました、鳥取へ。

昨年の爆釣り、、、、、、1投目からイカパンチ。

そして、イカパンチ、、、、、イカパンチ、、、、、、、、

途絶えることなく、、、、、、イカパンチ、、、、、、、、

そんな強烈な経験を忘れるはずもなく、、、、、、

7月8日、今年も鳥取へ行って来ました。

昨年と同じ、賀露の港を勝栄丸で出たのが午後5時。

潮が不安定と云うことで、メタル組とスッテ組に分かれて、ポイントまで1時間弱。

パラシュートを入れて、水深が55m。

昨年のように明るいなか1投目で来るのか、、、、、

来るのか、、、、、、、

来ました~~~~~

底から3mほどで竿先がクンとお辞儀。

上がったのは胴長30センチくらいのケンサキ。

しかし、後が続かない、、、、、、、

あ、先にこの日使ったのはこれら、、、、、、

右から3個はバレーヒルのスクイッドシンカーメタリン15号。

隣がまやま釣り具特製エギQ王スペシャルエディション2,5号M-SPYBLB。ブルーラメの腹部に赤の日ノ丸。

左端が2号サイズ赤黄のラトル(メーカ不明)。

ミヨシではボツボツ釣っていて、エギはまやまの赤日ノ丸。

これがよく乗るとかの前評判。

冒頭の写真キリンチャンはすでにまやまの赤日ノ丸を使っていて、順調な滑り出し。

それを使おうかなと思ったけれど、最初の組み合わせはメタリンの赤白とラトルの赤黄。

1投目以降なかなか乗らなかったけれど、乗りだした乗りだした、、、、、

赤黄のラトルによく乗りだした。

この日のパターンはフォール後の叩き、、、、、、

叩いてるときにも、、、、、、

叩いてポーズでも、、、、、、、

竿先がゴツゴツ、、、、、、、

フアフア、、、、、、、、、

とにかくこのパターン。

そして、背中合わせでスッテ組のあめちゃん。

うん、ひょっとしてメタルと2本出し。

ええサイズが上がって来るか、、、、、、、

これは冒頭のきりんちゃんの組み合わせ、、、、、後半はブルー日ノ丸ではなく、同じ仕様でグリーン。

ブルーからグリーンへ、、、、、、この時間差攻撃がエエねん、、、、、、まやま釣り具情報ですねん、、、、、とかで、なおもピッチを上げて。

そして、そして、、、、、待望の大剣

組み合わせはメタリンのオレンジチャートとまやまの赤日ノ丸。

タモで掬ったり、、、、、、

強引に抜きあげたり、、、、、、、

タナが30m前後に上がってから、あちこちで大剣の乱舞、、、、、、、

この日、ボクは大剣5杯、、、、、、それに近いサイズも入れて34杯。

そして、この人、全身がイカ魂、、、、全身がイカ墨、、、、、、

イカが居たらどこまでも、、、、、、、西野さん、、、、、、、

快心のキメ顔で11時30分、竿終いとなったのでありました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロックラバとイカメタルのリレー釣り・・・・網野浅茂川沖

2016年07月08日 | 無駄無駄庵日記

去年の夏の始めに京都府網野の浅茂川の丸田丸でアコウやガシラなどの根魚を狙ったことがあった。

午前のショート便だったけれどアコウやマハタなどのエエもんが釣れてけっこう楽しかった。

じゃ~、今年もということで出掛ける算段。

イカの季節なので午後便にしてもらって、ロックラバとイカメタルのリレー釣り。

めっちゃオモロイ釣りですやん、、、、、、

ということで、7月2日、午後3時に港を出て15分ほどでポイントへ。

水深が30mくらい。

60グラムの赤のヘッドに赤のカーリー。

一流し、二流ししたところで、沖の方から真っ黒な雲が押し寄せて、、、、、、

アカン、アカン、、、、、

一足早く、一足遅く、、、、、、

なんとか港へ逃げ帰って、、、、、、、、

バシバシの雨と、ビュービューの強風。

30分ほど避難、、、、、、、

やがて嘘のように青空が広がって、、、、、、

再び釣り開始。

ロックラバ(タイラバ)の経験があまりないと仰ってた竹中さんに、アコウ。

グリーン系のヘッドに同じ色模様のスカートとネクタイ。

この日はこれがヒットカラーだったのか、そのあともヒットが続いて。

佐藤さん、、、、、、ロックラバでタイ、、、、、って、タイラバですからね、、、、、

佐藤さんは赤系のセット。

えっ、こんなん釣ってしまったけど、、、、、みたいな、ちょっと半信半疑的な表情ですやんか。

並んで竿出ししてた松村さんに2匹目のアコウ。

仕掛けはクレージーオーシャン提唱のフラッシュジギング、、、、、、スピニングでチョイ投げ。

着底したら軽く竿をアオリながら巻きあげて、、、、、またボトムへ。

フラッシュジグにフックは平打ちのイサギバリを使って擬餌針で喰わせるという感じの釣り。

南村にも2匹目のアコウ。

赤のカーリーにビンビン玉の赤の鯛ワーム。

着底後すぐにゴツゴツときて、、、、、、

40センチくらいあるかな、、、、、、、

ウッカリカサゴなんかを追加して、やがて日が沈みかけて、、、、、、アタリがピタリと出なくなって。

イカメタル~~~~~

15号のバレーヒルのメタリンにエギは2号のアジカラー。

水深50mくらいから誘い上げてると、松村さんに初ノリ。

25mくらいですよ~~

しかし、ボクにはノリがなし。

この日のヒットキング竹中さんに、ええサイズのケンサキ。

ムムムムっ、写真で見るとアジカラーのエギみたいやけど、、、、、、

松村さんが調子よく掛けて、、、、、、

底から探り直していた南村に底5m、フォールから落ち切ったところでようやくヒット。

同じタナでメタリンのオレンジチャートに2杯目。

エギをいろいろ替えたけど、なぜかオレンジチャートばかりに乗って、、、、、

午後11時までやって松村さん15杯。

南村、7杯。

他のメンバーは4~5杯。

いい感じで浮きかけてたけれど、何故か底に沈んでしまって、、、、、、イカメタルは最近にない不調。

それでもロックラバとイカメタル、もっかい行きたいリレー釣りでありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加太湾の疑似餌マダイ・・・・イワシが入って来た!?

2016年07月04日 | 無駄無駄庵日記

前回タイラバに行ったときそろそろイワシが入って来るころやな~~~

っと、そんな話を聞いていて、実はその前から加太湾で疑似餌マダイを楽しもうと計画をしていて、、、、、

7月1日、加太の正福丸へ仲間と行って来ました。

午前5時、港を離れて最初のポイントは、ナカト。

掛け上がりが急なので底の取りやすい硬いめの竿。

船長の指示は、オモリがトンと着いて、リールを4~5回巻く。

再びオモリが底に着いて、リールを4~5回巻く。

イサギが来るよ~~~

そんな声がして、竿先がゴツゴツっとなって、高道具に3匹のイサギ。

次の流しで、もう1匹。

そして、残りのハリに、、、、、、

ウルメイワシ。

ハリには小さなビニール片を刺してあるので、それにイワシが喰いつく。

喰いついたイワシにでっかいタイや青物が喰いつく、、、、、

そんな腹積もりだったけど、この日はイサギだけ。

船がポイントを変えて、エサもピンク系のビニール片に変えて、、、、、、

マダイが来るかアジが来るか。

背中合わせに座った人にマダイが連続ヒット。

ボクは潮上りを繰り返しても、不発。

見ると、彼の人は意外なほどの速巻き。

ボクも同じように速巻きに変えて、、、、、、

ゴツゴツ、、、、、ゴツゴツ、、、、、

途端にヒット、、、、、、しかし喰い込まずに離してしまった。

残念、、、、、、、で、再び速巻き、、、、、、ゴツゴツゴツ、、、、、ゴンッ

45センチクラスと35センチクラス、連続で掛けて、ひと息。

その後アタリはでるが、離してしまったり、アジが掛かったり。

船が再びナカトを流して、、、、、、

45センチくらいのアジがポンポンと上がって、、、、、、

直ぐに移動。

イワシが居れば、、、、、ということでポイント替え。

しかし、居ることは居るが大きな魚が付いていないのか、反応なし。

これが、この日の南村の釣果。

船長の細やかなタナ取りの説明、掛けた魚とのやり取りの仕方。

そして、釣った魚は全て神経絞めをしてくれて、、、、、

大物は出なかったけれど、気持ちの良い楽しい一日でありました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイラバ・・・・好調です、といって良いのかな???

2016年07月01日 | 無駄無駄庵日記

タイラバでロックフィッシュを狙う、、、、、、

プラチナ五目で楽しむ、、、、、、、

しかし、純粋にマダイ狙いッて云うのは今回が2回目。

前回は4回ヒットして、2回取り込み。

優秀やと思うけど、この釣りの平均値が分からない。

6月27日。

前回と同じ大阪府岬町・淡輪港の白墨丸で午後の潮を中心に狙って8時に出船。

ポイントは友ヶ島の北側。

まずは赤のカーリーネクタイ、ヘッドは80グラム。

巻き巻きを開始、、、、、、、

そうそうこの日が「炎月」初使い。

感想は前項で書いた通り、、、、、、

買ってよかった「炎月PG]です。

で、船長がマダイのタナをアナウンス。

底10m、上30mに映ってます~~~~♪

で、その辺りを巻き巻き、、、、、、水深が60mくらい。

一匹目は岡村さん。

タイラバが底に着いて、5~6回巻き巻きでゴゴゴン、、、、、、50センチくらい。

続けて、、、、、、底から5~6回巻き巻きで同じようなサイズ。

今度は熊田さんに、、、、、、、カワハギの3D魚拓を頂いた方です。

       

こちらも50センチアップ。

やはり底から5~6回。

タイが底まで追いかけて行くんやろか、、、、、、、

しかし、ベテランのお二人以外はアタリなし。

どこが違うのか、、、、、、、な??

巻き巻きの速さ?

落とす速さ?

底切りのタイミング?

ネクタイの色?

キモはそこんところやけど、、、、、、、ね??

と、、、、、、、、、、

ジャン、ジャン、ジャン、、、、、、、

竿先がゴゴゴっと叩かれて、、、、、、、、、

「炎月」の巻きの抵抗感があまりないので30センチくらいかとおもってたら、、、、

45センチ~~~~~~♪♪♪

仕掛けを熊田さんにお借りした途端に、ヒット、、、、、、

ってことは、腕ではなくて、、、、、、、、、熊田さんありがとうございました。

そして、初トライの、大河内さんにも、、、、、

       

快心の笑顔ですやん。

後は華山さんと岸田さんが釣れば6人全員安打。

そんなことを言うてると、取り残されてはたまらんと、岸田さんにヒット。(写真は白墨丸のHPから無断拝借、、、スミマセン船長)

華山さんは、、、、、、、、

ヒットしたけれど、痛恨のバラシ。

潮が下げに変って、午後のチャンスタイム。

水深が80m。

ヘッドを100グラムに替えて、、、、、、、、

と、沈み込んでた華山さん、、、、、、、

うっ、うっ、うっ、と低く呻きながら、、、、、、、慎重にやり取り

かなりデカそう、、、、、、

初トライで62センチ、、、、、、、♪♪♪

その後2枚潮になって、午後5時に竿終い。

本日の釣果が、、、、、、、

35センチから62センチを12匹。

一人1~3匹、、、、、、ボクが1匹。

BOUZUではなかったいうことで、、、、、、、これってタイラバとしては好調なのかな????

コメント
この記事をはてなブックマークに追加