無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

竿終いはメバル・・・・非力でした

2015年12月31日 | 無駄無駄庵日記

今年の竿終いは何にするか。

船宿のHPを覗いていると、純栄丸がメバルに出ると云う。

メバルは春告魚。

クルンとした目の大きさから「目張」「目晴」「目春」と充てることがある。

なんとなく目出度い語感が充てられて、これをしこたまでなくても、そこそこ釣れば来たる年への見通しがよくなる、、、、、、、かも。

12月30日、6時過ぎに船着き場を離れて、辺りはまだ暗い。

船の灯りを頼りに小さなシラサを小さなハリに刺す。

が、手が悴んで刺せない、、、、、

隣の人はすでに2~3匹取り込んで、、、、「手、冷たいでしょ、エサ、刺されへんでしょ、そやからワーム使こてますねん」

ああ、それならボクも持ってる、、、、、緑のやつね、、、、、

ということで、それを刺して、、、、、、

でも、釣れない、、、、、、

しかし、隣の方、安藤さんはポツポツながらも釣りあげて、、、、、、結局、10匹で竿頭。

写真は少し明るくなった鉢伏山とその裾野の街明かり。

このころになってようやく竿先がクンッとお辞儀をして、、、、、、

プルプルプルっと上がって来たのが写真のメバル。

オモリが15号、、、、、、それと比べると小ささが分かる。

そして、完全に夜が明けて、、、、、、、

周囲でもアタリが止まった。

船が大橋方面へ、そして垂水沖へ、須磨沖へ、垂水沖へ、、、、、、

その間に釣れたのは、、、、、、ガシラ。

緑のワームを喰わえた、、、、、、ミニマムガシラ。

そして「悪いけど終わります、、、、、、」と船長の声。

この日釣れたのはこの2匹と帰る間際に釣った20センチくらいのメバルとガシラ。

しこたま、、、、、、

そこそこ、、、、、、

見通しがよくなる、、、、、、、、

考えの甘さと、自分の非力を思い知った竿終いでありました。

コメント (2)

タチウオへの旅・・・・・ドラゴンは底????

2015年12月27日 | 無駄無駄庵日記

12月24日。

年賀状を仕上げなアカン時期やけど、天気よさそうやし、、、、、、、

ということで、仙正丸でタチウオ狙い。

この日は大潮、満月の前日。

こう云う潮廻りは洲本沖ではいまいち釣果が出ない、と船長。

で、いつもの須磨沖で釣り開始。

底からゆっくりリーリング。

ときどきシャクって、そのまま1mほどフォール。

そんな誘いでコツンと来て、、、、、、、

ガツンと即アワセ、、、、、、、

ヒラヒラと70センチが上がって来て、、、、、、

次は85センチ、、、、、、

その次も85センチ、、、、、、

3匹掛けて、サイズ云々より船内がおとなしい、、、、、、

他は上がってない様子。

「ちょっと移動しま~す」と船が仮屋沖へ、、、、、、、、観音さん(写真)が見えてきて。

水深60mくらい。

ここでようやく、船内が元気を取り戻した、、、、、、

でも、南村には反応がない。

底から5m、10m、、、、、、

シャクリながらリーリーング。

コツン、コツン、、、、、、アタリはすべて本アタリ、最初のアタリを即アワセ。

ガツンッと、90センチくらい。

続けて同じタナで、ドンッと喰い上げ。

以後はこの喰い上げアタリが頻繁に出て、背伸びしながらアワセて。

高切れなんかもあって、、、、、

船が何度か移動をして。

アタリが出ないというかタナがボケて、、、、、、

底から探りなおしたろ、、、、、、、

テンヤが底に着いて、糸フケを取って、1mほど巻いた途端、ゴガゴガッと竿先が弾かれて、、、、、、

オッオッオッ、、、、とアワセたけれど、外れ。

そのまま待つ間もなく、、、、、、

ゴツンと竿先が持ち込まれて、、、、、、、、

本日初のメーター超え。

デカイのは底に居る~~~~

と、よく云うけれど、、、、、、、

そうかな、、、、、

そうでもないような、、、、、、、。

このタチウオのように、底に着いて直ぐにアタル時、、、、、、、

それは、上からテンヤを追いかけて、底でテンヤが止まって、オッ、と云う感じで飛びついたやる気のあるタチウオ。

底のタチウオが、、、、、、

デカイ、、、、、、とか

ドラゴン、、、、、、、やで

というのは、偶然なのでは、、、、、、?

小さいのも底まで追い掛け喰いをするし。

と、まあ、そんなこんなで、タチウオの不思議は指折り数えても足りないくらいあって、悩みの種であります。

写真は17匹。

トップが19匹で南村は次頭。

この日は強烈な喰い上げアタリが頻繁にあって、、、、、

最後の流しでも、18匹目がドンとアタッて、竿先がふわりと浮いて、この日3回目のテンヤ消失でありました。

コメント (4)

初タイラバ・・・・・15魚種って凄くない???

2015年12月23日 | 無駄無駄庵日記

さて、初タイラバというタイトルですが、実は今回が2回目。

1回目は強風荒波のなか明石から出撃して、仕掛けを5回ほど上げ降ろしして、なおも波風が強くなって、撤退。

で、今回、和歌山・古座へタイラバに出かけるよ~~そんなハナシを聞いて、それなら混ぜて下さいな~~

ということで、12月20日、古座の藤田渡船へ、、、、、、、、

つまり、ちゃんとタイラバをやったよ~~という顛末であります。

6時ころに動鳴気港を出て、10分足らず、、、、、、、

紀伊大島の東端にある樫野埼灯台を見ながら、右片舷に5人が並んで、どてら流し。

水深は40mくらい。

鯛玉80グラム。

スカートが、まずはオレンジ系をチョイスって、ほとんど何も分かりません。

見よう見まね、云われるままに1投目。

ラインはPE1号。

底を取って、直ぐにリールを10回ほど、少し早い目に巻いて、再び底へ。

アタリは、、、、、、、

というか、今回はマダイ狙いではなく、底物や根魚中心。

なかでもオオモンハタが本命。

2~3回流したとき、ゴツゴツと手元に反応があって、、、、、、

これ、、、、、、

アヤメカサゴ。

タイラバで初めて釣った魚。

小さいけれど、記念にパチリ。

      

八尾さんにはホウボウ。

と、ここですでに気づかれた方もおられるかと、、、、、、

岩礁に棲む魚と砂泥に棲む魚が謂わば混じって釣れるのですよ。

けっこう広い範囲をどてら流し、、、、、、

根の上を流れたり、平坦な砂泥やゴロタ場を流れたり、、、、、、

いろんな魚が釣れて、結果、この日みんなで釣ったのは、15魚種。

ホウボウ。

アオハタ。

ルリハタ。

イトヨリ。

タマガシラ。

オオモンハタ。

アヤメカサゴ。

イトフエダイ。

エソ。

磯ベラ。

オキナヒメジ。

オコゼガシラ。

イラ。

アカハタ。

ウッカリカサゴ。(以上、順不同)

いちばん多かったのがガシラ系の魚。

          

じゃまちゃんに、アヤメカサゴ。

船長にもアヤメカサゴ。

下のは、ボクが釣った、、、、、、これもアヤメかな、、、、、

         

仲間内ですから、胴突きエサ釣りで遊んでいた、きりんちゃんにオキナヒメジ(左)とイトフエダイ(右)。

        

ひとつテンヤも初めてやって、タマガシラ。

紅色の横縞が綺麗ですね。

孫のおかずにほどよい大きさ、ということで紀州では「マゴサイ」というとか。

初めて釣りました。

あっ、その前にこれ、、、、、、

ゴツゴツッ、、、、、竿が引き込まれて、、、、、、、、

デカイ、デカイ、、、、、、、

本命かと思ったら、、、、、、、

      

う~ん、これは何度か釣ったことがあって、イラ。

最初の一撃は強烈でしたよ~~~

「えべっさん」とも呼ばれるてるみたいで、癖のない白身はけっこう旨いとか聞きますけどね~~

ボクはまだ食べたことがない。

        

こちらはルリハタ。

鮮やかな色合いですが、表面のヌメリに毒があるとか。

船長は焼いて食べたら旨いとか云うてましたけど、釣ったきりんちゃんは尻ごみして、放流。

        

こちらはアカハタ。煮つけにして旨い魚とか。

    

イトヨリ。これも煮漬けで美味しいですね。子供のころよく食べましたが、このところほとんど食べてません。

と、まあ、この日、初めて釣ったり見たりした魚がけっこうあって、なんせ15魚種ですから、、、、、、

で、本命のオオモンハタもそのうちの1匹。

    

じゃまちゃんに、、、、、、、25センチくらい。

八尾さんに、、、、、、、40センチくらい。

何故か「イギリス」と呼ぶとかで、時間を置くほど旨みが増す魚だそうです。

松村さんのは50センチを軽く超えてたような、凄デカ!

うん、よく見るとワームを付けてる、、、、、、

そう云う手もあるのか、、、、、さすがやね。

と、そんなこんな、残念ながらオオモンハタは次回への持ち越しとなりましたが、これだけ多くの魚がタイラバに反応することに驚きとオモシロさを実感した一日でありました。

コメント (2)

タチウオへの旅・・・・タコベー腹巻き嫌われる???

2015年12月16日 | 無駄無駄庵日記

12月16日。

純栄丸でタチウオ狙い。

ここ数日の洲本沖は反応が悪い、ということで須磨沖へ。

水深50m。

一流し目で、コツンとアタリ。

70センチくらいのがヒラヒラと上がって来て、なにはともあれ、ええ感じですね。

次も同じく底から10mくらいでコツン。

外れ、、、、、、、

そして、それっきり。

ポイントが75mラインに変わって、、、、、、、、

アタリなし。

しかし釣ってる人も居るわけで。

オカシイな、、、、、、

オカシイな、、、、、、、、

アタリがないな、、、、、、、、

1時間ほど経過して、コツン、、、、、、、

ようやくアタリが出て、今度も70センチ。

そして、それっきり。

オカシイな、、、、、

オカシイな、、、、、、、

で、タコべーを外してみると、、、、、、、

コツン、コツンとアタリが出だして、、、、、、、、、

えっ、、、、、、、

タコベー嫌われてたん、、、、、、、??????

と云う訳で、8匹。

「タコベー腹巻き」、、、、、、こんな日もあるねんなぁ、、、、、、、、でありました。

コメント (4)

カワハギ・・・・相性のええ釣り座??

2015年12月14日 | 無駄無駄庵日記

ちょっと前、和歌山・由良の尾張屋へカワハギ釣り。

ポイントの日ノ岬沖まで30分強。

風は北東。

少し強いけど波はそんなにない、、、、、、、、と思ってたら、けっこう高い。

水深40mほど。

オモリが底に着いて、チョイチョイと叩いて、カワハギ君にご挨拶。

と、ゴゴンッとアタリ。

機嫌がいいのか2投目も、ゴンッ。

隣のじゃまちゃんにも、ゴンッ。

サイズはいずれも20~23センチくらい。

しか~~し、次の1匹を釣るのに手間取って。

その間にじゃまちゃんに差をつけられて、、、、、、

3匹目を釣ったところでじゃまちゃんは5匹。

オモリを底に漬けて、少し弛ませて。

竿先をゆっくり上下させて、ゼロテンション。

そんな感じでアタリを取って。

追いつきかけたら離されて。

潮が下りに変った途端に喰わなくなって。

尾張屋では相性ののよい左舷トモ席に座った甲斐もなく、ボクは6匹。

じゃまちゃん9匹。

あと1匹でツ抜けやん、、、、、

などと話していたら、この前の「ササメカワハギワンデーバトル」で2位の八尾さんが13匹、3位の松村さんが13匹。

雲泥の差、、、、、、。

そして最下位、、、、、と思ったてら、、、、、、5匹の日置さんがいて

ふう~~、べったをまぬかれたのでありました!!

コメント (4)

タチウオへの旅・・・・ついに、そして新たな旅に!!!

2015年12月08日 | 無駄無駄庵日記

今シーズンはまだドラゴン、120超えを果たしていません。

タチウオの群れが洲本沖に南下しだしても、まだドラゴンの貌を見ていません。

各船宿のHPには賑やかにドラゴンを持ち上げた写真が乗っていて、もちろん純栄丸もそうであって。

、、、、、、、、、12月6日。

その純栄丸で洲本沖へ。

水深70m。

底取りをして、シャクリを入れた途端、ゴツンと激しい突っ込み。

力任せにアワセて、、、、、、

竿がゴンッと曲がって、、、、、、、

このタチウオ、122センチ。

釣りたい、釣りたいと思っていたドラゴンがいきなりヒットして、、、、、、

ああ、やっと釣れた~~~

とはいえ、先にも書きましたがあちらこちらでなんぼでも釣れているわけで。

でも、嬉しいことに変わりはなくて、、、、、、

以後はまあ、余裕の誘いで、、、、、、

ドンッと喰い上げ、、、、、

ゴツンと引き込み、、、、、

70~100センチくらいのがよく上がって、、、、、、

そろそろ帰る時間。

水深80m。

底から15m。

このところの定番、、、、、小さなタチウオがコツコツ突いて。

即アワセ、、、、、、外れ、、、、、

すかさず、コツコツとアタリ、、、、、

即アワセ、、、、、、、

ゴンッと竿先が入って、オッオッオッ、、、、、、

アカンアカン、、、、、、

デカイデカイ、、、、、、、

途中でリールが巻けなくなって、、、、、、、

ヤバいヤバい、、、、、、、

背中側の人とオマツリして、、、、、、

緩めて、緩めて、、、、、、もっと緩めて~~~~

っと、叫びながら取り込んだのが131センチ。

初の130超え、、、、、、

長く目標にしていて叶わなかった130超え、、、、、

どひゃどひゃに嬉しいわけで、、、、、、

   

こんな写真も撮ってもらって、、、、、、、

帰りの船上でときどきクーラーの蓋を開けて、チョイチョイと突いたりしながら、、、、、、

嬉しさを噛みしめて、、、、、、、

ついに、タチウオへの旅、、、、超ドラゴンへの旅を成し遂げ。

そして、新たな目標、、、、、140超え、、、、、150超え、、、、、

そこにはどんな世界が待っているのか、、、、、、旅はまだまだ続くのであります。

コメント (12)

タチウオへの旅・・・・竿先がゆっくり浮いて

2015年12月03日 | 無駄無駄庵日記

12月1日。

仙正丸でタチウオねらい。

洲本沖へ向かう途中、左舷側に山、、、、富士山のような、そうでないような、ってあきらかに違います。

黒い雲、、、、、です。

でも、まあ、一瞬、うん?と思ったりしながら、、、、、、仕掛けをセット。

水深が60m。

「20mくらい巻いて~~」のアナウンス。

40mまで巻いて、、、、、、アタリなし、、、、、、いきなりは、、、、、、

っと、思ったら右隣の人にヒット。

そして、トモの人にヒット。

ボクは左舷胴の間。

底を取り直して、、、、、、

40mまで巻いて、、、、、、、

アタリなし、、、、、、、、

でも、右隣とトモの人はすでに2~3匹取り込んで、、、、、、

どちらの人もほぼダダ巻き。

このところこの「ダダ巻き釣方」に悩まされてます。

誘わん方がええんですかね、、、、、、

と、底10mでコツン、、、、、、おっ、アタッた!!

そのまま、1mほどフォール。

ドンッと喰い上げ。

即アワセで、ようやく1匹目、、、、、70センチくらい。

タナは底10mくらい、、、、、、か?

シャクリながらゆっくり巻いていると竿先が微妙に浮いて、タチウオがテンヤに触れてる感じ。

即アワセ、、、、、、90センチクラス。

サイズ云々より、この反応を感知してのアワセがいちばん爽快、、、、、、痺れる感じ~~。

次の奴はコツコツ、コツコツとひっきりなしにあたって、、、、、、

エイエイッと合わせるけれど、外れ、外れ、外れ、、、、、

テンヤを回収すると、イワシは無傷。

???????????

テンヤのヘッドを小突いてるんかな??????

と、まあ、少し出遅れたけれど潮のわりにはアタリがけっこうあって。

メーター超えなんかも釣って、、、、、、この日は17匹。

トップはミヨシ先端でやっていたヤングマンが28匹と飛びぬけて。

次が右隣の人の20匹。

そうそう、こいつも竿先がゆっくり浮いて、、、、、、触れると云うかテンヤに付いてあがるというか、、、、、

コツン、ガツンのアタリより、、、、、

このわずかな反応で即アワセが決まると、、、、、

アドレナリン体内爆発ぅ~~~であります。

 

コメント (4)