無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メタルスッテ・・・・・尾鷲沖で柳の下のヤリイカ

2015年02月04日 | 無駄無駄庵日記

2月1日、尾鷲沖の半夜。

イカメタルで矢尾さんが釣り上げたヤリイカ。

前回出掛けた時はアカイカ、スルメ混じりで、一人40~70杯の釣果とか。

凄いやん、釣れるやん、、、、、

、、、、、、、前項の「クエを喰う」に出てきたのがその時のヤリイカ。

自力で釣って、楽しさと旨さを満喫したい、、、、と思っていると

もう一回行くよ~~~という話を聞いてボクも参戦。

午後4時、紀伊長島・海野の港。

北西の風が強いけれど、この辺りは紀東に位置するのでよほどのことがない限り波立ちは少ない。

準備をしながら和栄丸の船長から情報収集。

少し厳つい風貌に反して人柄は気さくそのもの。

いろいろお話を聞いて、、、、、というか、ボクはイカメタルの経験乏しく、今回で3回目。

しかも、ケンサキではなくヤリイカとなると勝手がずいぶん違う、、、、、、とか。

ということで前回爆釣王の松村さんからレクチャーを受けることに、、、、、

           

仕掛けは胴突き、、、、、この日はメタルスッテの12号を下に、枝の浮スッテは2号くらい。

誘いのパターンは幾つもあるけれど、基本はメタルスッテを底から5~10cm切っておくこと。

例えば、カワハギ釣りの要領で叩きを入れる。

竿を高く振りあげて、底に落とす。

このとき、メタルが底に着くとイカは乗らない。

5~10cmをキープ。

ポーズの時間は1~2秒くらい。

その瞬間にイカが抱きつく、、、、、竿先に微妙な変化、、、、、、すかさずアワセる。

 

           

釣り方は一応分かったけれど、実践はかなりムツカシイ、、、、、水深は35mくらい。

底から5~10センチをキープ、、、、、、至難の技、、、、ちょっと油断すると根掛かり。

根掛かりはスッテが底に着いているか、ポーズの時間が長過ぎるから、という。

釣り開始後2時間、、、、、、誰の竿にも反応がない、、、、、、前回、といっても2週間ほど前と様子がガラリと変わっている。

写真は西野さんに来た、アカイカ。

スッテと同じ大きさ、、、、、、貴重な一匹。

             

矢尾さんのは少し大きいアカイカ。

そして、冒頭の写真、パラソルクラスのヤリイカをゲット。

ボクには、、、、、タコ。

アハハハ、、、、、スッテより小さい、、、、。

西野さんと森岡さんにダブルヒット。

9時前になって、ようやく時合いか、、、、、、、、、

しかし、それも一瞬。

鼻水をすすりながら、、、、、10時ころ、ようやく竿先がクンッとお辞儀して、、、、。

待望の一匹。

初ヤリイカ、、、、、、

その後、竿先を叩きながら上へ上へと煽っていると、グンッとした重みが掛かって、2匹目。

時刻は11時を回って、、、、、

出ていた鼻水も枯渇したのか、、、、、垂れても来ない。

体力も極限状態。

11時30分に竿終い。

竿頭は矢尾さんの10匹。

柳の下にヤリイカは居なかったのでありました。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クエを喰う・・・・始まりは... | トップ | メバル・・・・魚探にてんこ盛り »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (尾っさん)
2015-02-04 13:47:53
今日は。
この釣りも凄い面白い釣りの
ようですね~
定年後はあらゆる釣りに範囲を
広げたいと思います^_-☆
あと6年強^_-☆
Unknown (南村)
2015-02-04 17:57:57
尾っさんさん

貴兄のことですから直ぐにマスターして、常時竿頭になられるかと、、、、。

現役でよかったです、、、、。

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事