無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

ネブトの唐揚げ・・・・300円

2013年06月21日 | 無駄無駄庵日記

本題に入る前に前項、オニカサゴの子として揚げた写真は「コクチフサカサゴ」では、というご指摘をいただきました。また、オニカサゴ(イズカサゴ)の放流について大阪府多奈川の「独立行政法人・栽培漁業センター」に問い合わせたところ、放流しているのは和名「オニオコゼ」でした。お詫びいたします。

 

さて、今年もネブトの季節って、釣ったわけではありません。

阪神百貨店でワンパック300円で売っていたのです。

写真はそれを唐揚げにしたもの。

大きさは5cm平均。

売り場にいた自称「社長」のハナシでは「これくらいかな、いや、もうちょっと大きなるかな、それで親魚」「頭を取って唐揚げにしい」「深いとこの藻場におる魚」「気にならんかったら、頭はそのままで、、、、」

側にいたおばちゃんは、フンフンとうなずきながらも迷っている様子。

ボクは昨年も食べて、お美味しかったのを覚えているので躊躇なくパックに手を伸ばすと、おばちゃんはつられたように「ワタシも」と云いながら自称社長に300円を手渡して、なんだか得心顔。

唐揚げ前の、ネブト。

和名は「テンジクダイ」。

成魚で10cmくらい。

オスの親魚が受精卵が孵化するまで口に咥えて保護するとか。

つぶらな瞳、、、、、 いじらしい子育てをする魚ですね。

でも、まあ、極悪非道に頭から尻尾から喰いついて、ビールの肴にうってつけなのであります。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« オニカサゴ・・・・その寿命 | トップ | やりやりやりやり、やりまし... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミラクルマン)
2013-06-21 08:33:47
酒呑みには たまらない『肴』ですね(^-^)v

beer が ススム君になりそうです(^o^)v~
Unknown (南村)
2013-06-21 19:12:58
ミラクルマンさん

カルシュームたっぷり、、、、、中高年の悩み、骨粗鬆症対策にも効果ありでは。
Unknown (ほうし)
2013-06-22 09:40:35
放流していたのはイズカサゴ(オニカサゴ)ではなく、和名の「オニオコゼ」だったんですね~自分も勘違いしてました!^^

梅田の阪神百貨店の鮮魚コーナーは珍しい魚が売ってるのでたまに見て帰ってます。ネブトですか!これは見たことも食べたことも釣ったこともない魚ですね~
Unknown (南村)
2013-06-22 16:27:49
ほうしさん

釣り魚としては規格外でしょうね。

お店で売ってる時とそうでない時があります。

頻繁に覗いてやってください。

味は保証します。

もう少ししたらガッチョも並ぶかも知れませんね。
Unknown (こま)
2013-06-23 03:52:26
南村さん、おはようございます。

丸ごとバリバリと食べれるのがいいですね。

ねぶとという語源は何なのでしょうね。
魚は地方によって呼び名が色々あって、面白くもあり
ややこしくもありです。
それだけ海に魚に親しみが深いということでしょうね。
Unknown (どらごん)
2013-06-23 09:05:47
鮮魚店を見てまわるのは楽しいですよね♪
釣って持ち帰った魚に高値がついていたら妻に『ほら、見てみ高いやろ』とついつい同意を求めたりして
(≧∇≦)
Unknown (南村)
2013-06-23 17:32:02
こまさん

骨太(ほねぶと)ってのは関係ないですかねえ~~。

俗称の多い魚ほどその地方地方で親しまれている証ですよね。
Unknown (南村)
2013-06-23 17:39:17
どらごんさん

「ほら、見てみ高いやろ」より「妻」に自主的に気付かせること。そのほうが効果ありでしょ。

たとえば、魚屋の店頭で「ふ~~ん」とか言いながらその魚を見る、、、、、。

これ、どうでしょ。

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事