無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

狙いはショウサイフグ・・・・初チャレンジですが

2014年10月08日 | 無駄無駄庵日記

タチウオを釣っているとたま~にショウサイフグがテンヤに掛かって来ることがあります。

一船で3~4匹掛かることがありますが、そのフグを狙って釣ろう、ということで淡路島・室津の住吉丸で船を出しました。

お世話いただいたのは写真の南さん、、、、、愛称をあめちゃん。

そして、お子さんの釣ったろう君。

けっこう大きなフグが釣れて、釣ったろう君フグに見いっていますね。

    

ポイントは室津の港を出て西へ30分ほど走ったところ。

水深が35m前後。

エサはこれ、、、、、

   

ああ、このエビの名前を訊き忘れて、、、、、なんでも、味付けがしてあるとか。

これをハリに刺して、ボクはとりあえずカワハギ仕掛でやってみました。

2~3回コツンとしたアタリがあって、ハリのチモトをチュウブで補強したおいたのですが、プツッと噛み切られて役に立ちません。

右舷ミヨシ2番でやっておられた、森岡さん。

船内一匹目です。

サイズは24~25センチくらい。

テンビン仕掛けです。

自らを「ライトスタンドの住人」と名乗る、、、、、、タイガース党の松村さん。

テンビン仕掛け。

左舷ミヨシ1番。

北西の風が強くて激しい波立ち、、、、、、揺れに揺れる場所でも、微妙なアタリを拾って、、、、、、

う~~ん、もうちょっと大きかったらな~~~という表情ですが、、、、、、かなりのハイペース。

みんなからジャマちゃんと呼ばれている、、、、、山本さん。

笑顔になると目が細くなりすぎて、、、、、この日はかろうじて、、、、、目があります。

彼もテンビンです。

そして、彼もハイペースで釣っていて、、、、、、ボクが一匹目を釣った時点で5匹。

ボクと同じくカワハギ胴突きでやっていた西野さん。

テンビン組がけっこう喰わせているのを見て、直ぐにテンビンに移行。

な~~んや、節操のない、、、、、と冷やかしを入れたのですが、彼が釣ったのをみて、ボクもテンビンに。

     

これが、それ。

ハリスがPEになっていてフグに噛み切られ難い船長仕掛け。

オモリを底から浮かさないようにしていると、竿先がコンコンと弾かれて、ようやく1匹目。

竿はシマノ・ステファーノカワハギMH175。

感度の良さで勝負。

リールは、終始手持ちで攻めるし、潮が速いので思わぬほどラインが出ることがあるので軽くて扱い易いフォースマスター400。電動アワセを試したかったのですが、そこまで釣れなくて。

            

で、フグ釣りといえば、、、、、、、、

これ、関東で主流のカットウ仕掛け。

            

オモリ(白い部分)から出ているハリにエビや貝を刺して、それを喰いに来たフグをイカリバリで引っ掛けるという釣り方。

竿先に出た微妙な変化で、エイとばかりにアワセを入れるとか、、、、、、慣れが要るような気がしたので、今回はパス。

 

右舷ミヨシ1番の木下さん、、、、、彼もボクと同じでこの釣りは初めて。

キリンチャンと呼ばれて、、、、、、そうそう、いろんな愛称が付いていて、、、、、、なぜそう呼ばれるのか、、、、、、それは解かりませんがこのところ親しくさせてもらってる方々。

山本さん、、、、、、グループには山本さんが3名居られるのでボクは勝手に「D山本さん」と呼んでいます。

彼もこの釣りは初めて、、、、、、テンビンでやったり、カットウでやったりして、、、、、、釣果は5匹。

ボクも5匹。

キリンチャンも、5匹。

竿頭はライトスタンドの住人で、15匹。

2番頭はジャマちゃんで、13匹。

西野さん、茶髪にピアス、、、、、8匹。

、、、、、、、、、波立ちがいっそう激しくなって、、、、、、釣ったろう君ついにダウン。

船も危うくなって、、、、、、要領が解かりだしたかな、、、、、というところで10時過ぎに竿終いとなったのであります。

次回はカットウでやろうかな、、、、、、まだ、早いかな、、、、????

コメント   この記事についてブログを書く
« タチウオ・・・・・気付くの... | トップ | タチウオ・・・・大潮と真っ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事