無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

谷川沖のメバル・サビキか青ムシか?

2010年04月15日 | 無駄無駄庵日記

4月9日、そろそろ終わりかなあ~、どうなんやろかなあ~、やってみな判れへんしぃ~、と思いながら、またもやメバルの半夜釣りに行って来ました。行き先は大阪府泉南、谷川港の春日丸。

坂本さんと二人、春日丸の船着き場に着くと一人の先客が護岸に腰掛けています。車から荷物を降ろしていると「こんにちは」という声がして、なんと前回(3月28日)一緒になった岡山さんです。そのとき、このブログを見てますよ、ということでいろいろお話をさせてもらって、これもなにかの縁とばかりに22匹のメバルを持った写真を掲載させてもらった方です。 

             
岡山さんです。きょうは先輩とご一緒とかで、その方を待っておられたのです。偶然にもまたお会いできて、なんだか嬉しい気分です。

やがて一人来て、二人来てという感じで釣り人が増え、ボクも何回か来てますから、やあやあ、その節はどうもなどと、顔見知りの常連さんなどと挨拶を交わして、情報交換というのかそんなこんなの話をしていると、「浪花釣魚研究会」の安居さん、小西さんのお二人、つまり同業?の方がおられて、ブログの紹介をし合って、そのうち岡山さんの先輩も来られて、乗り合い船でありながらそれぞれが旧知の友という感じで、午後6時に船出したのであります。

 
先着順に釣り座を決め、ボクと坂本さんは左舷のミヨシ付近に座りました。アタマからポイントに入ると読んだのですが、、、、、果たして。

いつもはサビキで狙うのですが、船長が「ここ2,3日、ちょっと喰いが落ちたから、、、、」と言いながら青ムシの用意をしだしました。え、どうなん、そのほうがええのん、でもな、サビキは実績があるしなあ、坂本さんどうする?迷うなあ、、、、で、とりあえず青ムシでやることに決断しました。

小さいのを選んでハリに刺し、底を取って、1m切って、竿先を動かさずにアタリを待ちます。一流し、二流し目は外れ。船に灯りが点いて、いきなりゴンッと来て、29cmのメバル。でも、それ以後コツコツとしたアタリは出るのですが、喰い込みません。坂本さんも苦戦しているようです。

               
                     この方の仕掛けはフラッシャー付きのアジカブラ。

               
                     大堤さん。岡山さんの先輩です。28cmぐらいはありそうです。たぶんサビキ仕掛け。

               
                      阿曽さん。32cm。この日のデカイチです。

坂本さんが青ムシで一匹釣りましたが、後はやはり喰い込みません。もう限界というか、英断です。サビキに変えました。ただ、いつものような活発な喰い気ではなく、流すたびに単発に、ミヨシで喰ったり、トモで竿が曲がったりという具合。でも、メバルのサイズは相変わらずビッグ揃い。ボクは24cm~29cmを7匹。竿頭は10匹釣った、岡山さん。ずっとサビキだったのかなあ、、、、気になるところではあります。

 


 

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 丹後半島沖のノマセ釣り | トップ | 白石グリのマダイ&船酔い »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
春日丸 (岡山)
2010-04-15 22:42:25
また、お会い出来て大変嬉しく思います。
私達2人も初めは青イソメで挑んでおりました。そして左隣の大堤先輩が2匹釣上げ「よし!今日はイソメだ!」と思っていると、右隣の方がサビキで2匹釣上げ、どちらにするべきか悩んでいる最中に私に初のアタリが・・
しかし、姿を見せたのは・・ガシラ

そこで実績のあるサビキにチェンジした次第です。その後5匹のメバルを私が釣上げた時点で大堤先輩もサビキに・・

急にメバルの食いが落ちたようですね。
でも今シーズンは春日丸で十分メバル釣を堪能することが出来ましたので満足です。
船長いわく、メバルシーズンが終了すると次はハリイカやキスを狙うとの事でしたので、それも楽しみです。

またお会い出来る事を楽しみにしております。

阪神沖釣クラブでは、色んな釣りを楽しまれて羨ましく思います。その様子をブログで拝見するだけでも楽しいものです。益々のご活躍を期待しております。
岡山さん (南村)
2010-04-15 23:25:16
なるほど、そういう紆余曲折があったのですか。ただ、あのサビキはスグレものかも。別のところで試してみても面白いかもしれません。

ボクラも春日丸ではメバル釣りを堪能しました。次がホントのラストチャンスになるかも知れませんが、週明けに予定をしています。たとえ数匹の釣果でもサイズに魅了されますもの。結果はココで報告するつもりです。

大堤先輩によろしくお伝えください。

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事