無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

加太湾でタイ釣り・・・・・悩むのはソコ

2018年03月20日 | 無駄無駄庵日記

3月19日。

久し振りに加太へタイ釣り。

例のビニール擬餌を使って高道具で狙うタイ釣り。

今年は産卵が遅れていてタイが婚姻色になっていない、、、、、、

と、正福丸の船長がその日に自分たちが釣ったタイやハマチを神経締めしながら言う。

 

この日のメンバーは道上さんと森岡さん。

いずれも正福丸の常連。

加太なら「ここ」と決めているとか。

自分はひっつき虫。

他に相客さんが3名。

港を出たのが6時過ぎ。

ポイントに着いて水深が30mほど。

渡された高道具、全長が10mくらいでエダバリが6本の胴突き仕掛け。

2号のPEに繋いでオモリ30号で底取り。

15回巻いて~~~~(リールのハンドルです)

ゆっくりやよ~~~~~(日によって違います)

と、トモで背中合わせに座った道上さんに30センチクラスのマダイ。

そして、ハマチ。

またもやハマチ。

ミヨシの方で相客さんに、マダイ。

40センチくらい。

他の5人がマダイとかハマチを釣り上げて、、、、、、

自分一人だけ釣っていない。

 

速く巻いたり、、、、、

ゆっくり巻いたり、、、、、、

船長や中乗りさんが疑似餌のビニールの色を変えてくれて、、、、、

ようやく竿先がガツガツ、ゴン。

ハマチ。

今年はハマチが多い、とかでときどき竿先がゴンと持ち込まれる。

ハマチかな、、、、、、、

たぶん、、、、、、、

それにしても、、、、、、

巻き巻きを繰り返しても、、、、、、

アタリが遠い。

右舷ミヨシの森岡さんもこの日は何故か不調。

写真は南村の釣果。

森岡さんも同じくハマチを3匹。

これは道上さん。

ハマチが多いけど、、、、、、

    

マダイのアタリも何度かあったようで、、、、、、

その違いはどこにあるのか、、、、、、

この釣りで悩むのはいつもソコであります。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 人生初の船メバル・・・・生... | トップ | 加太湾で疑似餌マダイ・・・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鯛は渋いです (サカテ)
2018-03-20 23:24:16
加太では今年はハマチの当たりが鯛より多いようですね

お疲れ様でした。

私は先月半ばに小豆島に行ったときには13枚の釣果で満足のいく内容でしたが、どうやら3月10日を過ぎると鯛の魚影が小豆島から消えるようです。

3月18日には讃岐沖で鯛サビキをやりましたが、食いが渋く、針ががかりしないバラシが多く釣果は4枚でした。

イカナゴのしんこが出てべートが豊富で、しかも生きたエサを追い回して泳いでいるのでビニール仕掛けには違和感があるやも知れません。
Unknown (南村)
2018-03-21 14:48:57
サカテさん

小豆島、喰いが渋いですか。喰い気が下がってきたのは産卵の気配もあるかも知れませんね。

加太はハマチが多くて、選り分けて釣る方法があれば良いんですが、、、、、。

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事