無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

虎ノ介でタイラバ・・・こざとく攻めて

2019年05月14日 | 無駄無駄庵日記
前回の1年ぶりのタイラバはノーバイトで終わりでした。
小チャリコや小ガシラは釣れましたが、当然それらはカウント外。

反省点はマジカルワームに拘り過ぎたこと
なんせ、一日中使ってましたから、、、、、、、

と、言うことで
5月13日
再び、虎ノ介の午後便へ

相客さんは10名ほど
この日の席は左舷胴の間
チューニングは、マジカルワーム
って、また使うんかいっ、、、、、、、、
はい、午前便のお客さんが
「やっぱり、マジカルやな、、、、、」
なんて会話をなさってたのをこざとく聞いたので

最初の潮流しは垂水沖。
ヘッド80グラム。
「かなり浮いてるよ~~」
「上まで誘ってね~~」
と、船長の指示
「ただ巻きより巻くスピードに変化をつけて~~」

そして、二流し目
左隣の方が連続ヒット。

チューニングは赤のショートカーリーとゼブラオレンジのストレート。

えっ、マジカルじゃないっ

情報はあくまで情報やねっ

と、いうことで


素早く
こざとく
言い換えれば
拘らずに
柔軟に
まんまのチェンジ。

「60mから40mに映りが濃いよ~~」
船長の声が響いて

ならばと、50mラインで緩めのストップ&ゴー
竿先がゴツゴツッ
ゴツゴツッ

全身を硬直させながら
バレるな
バレるな
ゆっくりと巻いて

上がって来たのが


これ
35センチくらいのレギュラーサイズ。
ハリ掛りは唇にチョイ。
ヤバかった、、、、、、、、、

そして
その後
淡路島の西に行ったり
岩屋に戻ったり
塩屋で流したり

だんだんと南風が強くなり
辺りの波頭が真っ白になり
夕まずめ前に撤収。

いいろんな意味で貴重な1匹でありました。
コメント   この記事についてブログを書く
« 垂水の虎ノ介でタイラバ・・... | トップ | 宮津養老からアコウのノマセ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事