無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

宮津養老からアコウのノマセ釣り・・・今回は小浜沖でした

2019年05月17日 | 無駄無駄庵日記
5月16日。
ようやく佳境に入った京都府経ヶ岬周辺のアコウのノマセ釣り。
この日は山本さんと宮津養老の新幸丸へ。

事前の情報では「エサのカタクチイワシがまだ小さいよ」
と、言うことなので、15号のヒラメバリで仕掛け作り。
ハリにヒネリがあるとイワシに刺すときイワシに負担を掛けるので、ヒネリのないハリをチョイス。
仕掛けは胴突き2本バリ。
ハリス6号。
クレーンサルカンを使って、枝寸を50センチ。
枝間1m。
捨て糸80センチ。
オモリ50号。

ガシラは底。
アコウは底を切る。(2~3m)

この釣りのキモだけれど、この時期アコウははまだそんなに浮いていないと判断して、先の仕掛けの寸法は底から1~2mくらい上を探る仕様。


さてさて、午前6時。
生け簀にカタクチイワシを積み込んで
船が軸先を西へ


冠島を左舷に見ながら、どうやら小浜方面に向かってる様子。
航程1時間20分。
カタクチイワシを個人バケツに入れて小網で掬ってみると


やっぱり小さい
5センチ前後。
これ、ハリに顎刺しするんやけど、底に着くまでに死んでしまう、、、、、、、、

と、思いながら、底取り。
水深45m。
オモリが底に着いて、1mほど竿先を上げる。
ゆっくりと
ゆっくりと
アコウのアタリは微妙。
上げた竿先がわずかに押さえこまれたような
そうでないような

その違和感を感じたらそのまま少しずつなおも竿先を上げる
と、ググググッと竿先が持ち込まれここで合わす。

ハリか掛りしたアコウは根に戻ろうと、強烈に反転する。
素早くリールのハンドルを巻いて5mくらいは根から離す。

後はガンガン
ゴンゴン
アコウの引きを楽しみながら


取り込んだのが、これ。
35センチほど。
潮流しをして直ぐに良いサイズが来た。
こんなのが5~6匹釣れたらと思いながら

後は同じ要領で誘いを掛けるが、釣れるアコウは小さくて
20センチくらいのも掛かってくるし、オモリを底に着けていると、ガシラ君。

あるいは底取り後すぐにゴツゴツと喰い込んでくるのは仕掛け(エサ)が落ちてくるのを底から見上げながらタイミングを見計らって飛びついてくるアコウやガシラ。
このタイミングのヤツはデカイのが多い。

そして、ククククっと小さなアタリは、ベラ。
仕掛けを上げて見ると腹部が囓られていたり頭だけが残っていたり
ガシラやアコウは頭から喰う。

船が潮流しを繰り返し、隣の山本さんも調子を上げて


30センチほどのソイ。


35センチほどのアコウ。


そして、、、、、
11時。
12時。
個人生け簀も賑やかさを増し
13時30分に沖上がり。


良型のアコウは少なかったけれど、二人とも10匹以上釣って
次回はエサが小サバに変わった頃に再挑戦であります。
コメント   この記事についてブログを書く
« 虎ノ介でタイラバ・・・こざ... | トップ | 純栄丸でメクリアジ・・・よ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事