無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

敦賀沖でイカメタル・・・ベイトすら寄って来ない

2019年07月29日 | 無駄無駄庵日記

7月27日。
敦賀・色浜の泰丸でケンサキ狙い。
この日は釣り場速報の7月例会。
今回で確か6~7回目。
麦イカを狙ったり
スルメを狙ったり
もちろんケンサキも狙ったけれど
いずれも撃沈。
撃沈に次ぐ撃沈。

でも、相変わらず参加者は多くて22名。
内、5名が胴突きスッテ。
後はメタル。

この例会をやり始めた頃は
メタル組が5~6人で、後は胴突きスッテ。

完全に比率が入れ替わった、、、、、、、

と、そんなこんなですが
果たして、例年の轍を踏むのか
一挙に爆発となるのか

台風6号がもたらす激しい雨の中、午後6時に出船。
ポイントは立石岬の沖、水深80m。

パラシュートを入れて流し釣り。
とりあえずのタナは40m。
ソコからタナ探し、、、、、、

あっ、雨は止みました。
止むよ
降らんよ
と、予言していたのが

この方
晴れ男を自認する白いカッパの道上さん。
予言通り竿出しの7時頃に雨は上がりました。
そして、お隣は船内1匹目、竿出し後すぐに釣った森岡さん。

雨は止んで
直ぐに釣れて

爆発やね
釣り速敦賀イカ釣り釣行史上初めての
爆発、、、、、、、、

となるのか

船に灯りが点って
そろそろベイトが寄って来て
船の周りが賑やかになって

って、8時。
9時。
10時。
ポツポツと釣れて
     

タナは33m。
41m。
25m。
13m。
28m。
まっ、言うならば
バラバラ

どういう誘いが良いとか
どんな色のエギ、スッテがエエのか
全て論外。

こんな日はダメです。
その証拠に、ベイトすら寄って来ません。
たまに小さな群れが通り過ぎて行くだけで

11時になっても

こんな状態。

そして、結局、例年の轍を踏んで
船内、110匹ほど。
22名ですから、平均5匹。
より、正確に報道すると、1~14匹。
自分は8匹。

なぜ、こうなるのか
なぜ、撃沈が毎回々々続くのか

それは誰にも分からないが

人身御供が必要というのであれば
検討の余地はある。
コメント   この記事についてブログを書く
« 虎ノ介でタイラバ・・・ワン... | トップ | 虎ノ介でタイラバ・・・平磯... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事