無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

日ノ岬沖でカワハギ・・・次が心配

2019年04月15日 | 無駄無駄庵日記
4月13日。
中紀日ノ岬沖でカワハギ狙い。
由良の尾張屋で港を出て、日ノ岬沖へ。
この日はじゃまちゃんとご一緒。
ただ、あまりというか、ほとんどというか
釣れていない
水温低下
底潮が冷たい
なのでカワハギが口を使わない

しかし、行ってみる
行かないといけない理由がある
それは次回に繋げること
すべて次回にハッキリすること

と言うことで水深50m
底取りをして、ゆっくり誘い
二~三回繰り返して
ドンドン、ドン
喰いが悪いカワハギがいきなり喰った
しかし、巻きバラシ
嫌な予感はしなかった
いきなり来たのだから今日はイケる
次回へ繋がる釣りが出来る
集寄とか
中オモリの打つ箇所とか
誘いのパターンとか
試してみたい
      
     
じゃまちゃんもそう思って
1匹目
2匹目

自分も1匹
少し時間を置いて、2匹目。

しかし、二人ともそれっきりだった
ホウボウがグウグウと泣きながら釣れて、
結果が得られないまま、竿仕舞い。



アタリが出るのは、潮流しの途中の2~3箇所
ソコを船が流れると、少しだけアタリは出る
けど掛からない
カワハギの群れが薄く散らばってる感じ。

その2~3箇所を過ぎたらカワハギがいなくなる
本来は居る潮筋なのに

でも、釣る人は、釣りますね
びっくりですね
その2~3箇所で確実に掛けて、15匹。
端的に
明確に
ウデの違い

で、肝心の次回、4月16日はどうなる
釣れるのか
果たして
それが心配でならない
コメント   この記事についてブログを書く
« 須磨沖半夜メバル・・・エサ... | トップ | 日ノ岬沖でカワハギ・・・4... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事