無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

須磨沖で半夜メバル・・・残念やなぁ

2019年05月05日 | 無駄無駄庵日記

5月2日。
いつものことながらこの季節の鉢伏山の新緑は美しいですね。
山肌に崩れがあるのが痛々しいですが、、、、、、、

この日は能丸さんとご一緒して、半夜メバル。
この季節が一番美味しくなって
パワフルに引いて
メバルがメバルらしくなって

そう言えば昨年の同じ頃に能丸さんと半夜でメバルが爆発したことがありました。
25~30センチを20匹くらいずつ釣って
それがシーズン最後の日でしたけど、、、、、、

最初の潮流しは塩屋沖。
底から2m切って
エサはシラサエビ。

静かに
静かに
動いてないくらいの速度で竿先を上下しての誘い。

しかし、反応なし。

そして、反応なし。

ようやく能丸さんに1匹目

そして、長い
長い
長い
時間が過ぎて
暗くなって

昨年の爆発のときも、昼は能丸さんが1匹釣っただけで
暗くなってから
ガガガガッギュン。
ガガガガッギュン。
ガガガガッギュン。

果たして、この日は、、、、、、

ほとんど
まったく
ぜんぜん
かいもく
釣れずに

シラサエビ
青ムシ
サビキ
いろいろ試みたけど
2匹ほど釣って、終了。

そして、
純栄丸がそろそろシーズン終了とかで。

う~ん
再開はないかなぁ
ガガガガッギュン、、、、、、、、、、
ガガガガッギュン、、、、、、、、、、
残念やなぁ
コメント   この記事についてブログを書く
« ところで、エサはなんですか... | トップ | 垂水の虎ノ介でタイラバ・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事