無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

シーズン初メバルとタイサビキのリレー釣り・・・純栄丸で須磨沖へ

2019年12月26日 | 無駄無駄庵日記
12月25日。
須磨の純栄丸がメバルの初出。

釣れるンですかね
ガガガガッギュン

どうですかね
ガガガガッギュン

釣れるでしょ
ガガガガッギュン。

と言うことで、山本さんと行って来ました。
船着場を離れたのが、午前5時。
ポイントまでは直ぐ、10分くらい。

右トモに山本さん。
左トモに南村。
相客さんは6名。

仕掛けは


サビキ。
どれがいいのか
バケの長いのと短いの
とりあえず昨シーズン実績のある、左端
「にんにくじゃこメバル」を使って

最初の潮流しは水深10m。
ガガガガッギュンと来たのは
左舷ミヨシ1番の方
次にミヨシ2番。

ソコで途絶えて
次の潮流し
ミヨシ2番
胴の間
そして、南村

まあ、潮当たりの順番で喰ってくる

順番が回って来なかったり
飛ばされたりすることがあるけれど
この日はけっこうエエ感じです。

潮の上下の流し替えもしてくれたし。
 

南村の1匹目。
23センチくらいの抱卵メバル。


山本さんは追い喰いさせて、ダブル。

次の潮流しは水深15mくらい
船長の指示で底から3m切って
ゆっくり竿先を上下させて

と、フッ
わずかな負荷が竿先に掛かって

ガガガガッギュン
ガガガガッギュン

やがて空が明けかけて
濃い茜色が薄くなって

7時過ぎから8時前
完全に夜が明けて
喰いが遠のいて
この日のメバル釣りは終了



釣果は6匹。
他の人は2~10匹。
シーズン初日、短時間ながら納得の釣果でした。

そうそう
サビキですが山本さんはバケの長いヤツで8匹。
南村は短いヤツで6匹。
自分の右隣りの方は例の緑のワームで8匹くらい。
決定的な喰いの優劣は出なかったようです。

そして、陽が昇ってから第二ラウンド。
メバル釣りの後はタイサビキ。
自分は初チャレンジ。

                

こんな仕掛けで加太のマダイ釣りの要領で
水深30mとか50m。
オモリ50号で底から5m、10m巻き巻き
巻き巻き。

マダイ3連掛けの人も居たけれど
自分はイマイチしっくり来ない。

明石大橋周辺で昼ころまでやってツバス1匹。


全体の釣果はマダイの30センチクラスを0~1~2~4匹。
ツバスまたはハマチ0~1~3匹。

純栄丸では29日までメバル&マダイサビキで出船のようです
コメント   この記事についてブログを書く
« 純栄丸でタチウオ・・・急変... | トップ | 良い年になりますように »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事