無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

加太湾で巻き巻きマダイ・・・ペケポンです

2019年03月02日 | 無駄無駄庵日記

3月1日。

和歌山県加太湾。

良い天気ですね。

この日は森岡さん、道上さん達と巻き巻きマダイ。

釣り方は、船長の指示タナに合わせて仕掛けを底から巻き上げるだけ。

その仕掛けは高道具と呼ばれる胴付き仕掛け。

全長10mくらいで5~6本バリが標準。

ただ、ハリ間が上にいくほど広く取ってある。

故に高道具。

船長が用意してくれます。

そして、エサは

これも船長が用意してくれて

ビニール片。

時期的にイカナゴやタチウオの稚魚、穴子の稚魚のノレソレなどに見せかけるとか

それにしても、不思議ですやん。

ビニール片ですよ。

この日はオレンジ系だったけれど、途中で透明な白に替えた。

ノレソレかな。

もちろんこれも、船長判断。

季節、時間帯、潮の色や速さなどによって違ってくる。

喰い付く魚は、マダイ、ハマチ、メジロ、ブリ、アジ、サバ、スズキ、、、、、等々。

 

お世話になったのは正福丸。

クジを引いて、自分と道上さんが背中合わせでミヨシに。

森岡さんは胴の間。

他の相客さんはトモ。

この釣りのキモはふたつ。

ひとつは巻き上げる速度。

もうひとつは、これが最重要で釣り座。

潮アタリ。

潮先が断然有利。

 

朝一番の潮流しは友ヶ島の西部、コイヅキ。

潮アタリはミヨシ。

自分と道上さん、有利。

船長の合図で底取り。

指示は底からリール25回転。

巻き巻き開始。

10回くらい巻いて

さっそくピクピクと竿先が

でも、タイではない

アジ。

道上さんも、船内でもアジ、アジ、アジ。

流しが2~3回変わって、道上さんに40センチほどのマダイ。

 

そして、その後すぐに潮が変わって、トモが潮先。

タモが何度も入ってる。

胴の間の森岡さんにもタモ入り。

しかし、ミヨシの二人にアタリは出ない。

出ない。

出ない。

出ない。

で、竿仕舞い。

マダイのトップ釣果はトモの二人で、40~70センチくらいのを各6匹。

      

森岡さんは50センチほどのマダイ。

85センチのブリ。

そして、40センチくらいのアジ。

     

こちらは自分の釣果。

アジ、3匹。

つまり、朝一番の潮時を逃がしたままで竿仕舞い。

 

う~ん、釣り座は最重要だけれど

そして、巻き巻きの速度もさることながら

もっと重要なキモがあるような気がする

と、ペケポンな頭脳を悩ませています。

コメント   この記事についてブログを書く
« アプリ計測値30センチ8ミ... | トップ | 須磨沖半夜メバル・・・ノレ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事