無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

白石グリのマダイ・・・・渋いながら読み通りに

2013年05月01日 | 無駄無駄庵日記

    

丹後半島、白石グリでマダイ釣り。

50cmオーバーのマダイをゲットした飯田さん。

お腹ふっくらとした、綺麗なノッ込みダイ。食べごろですね。

こんなタイをしこたま釣ろうと西舞鶴の秀吉丸に行ってきました。

伊佐津川の河口を基地にしている秀吉丸。

陽の光が水面に反射して、まるで初夏のような暖かさ。

             

             

準備を終えて、経ヶ岬沖の白石グリまで約1時間。

河口から海へ、、、、、、なんとも穏やかな天気。

この日は乗り合いにもかかわらず、ボクラ4名だけの貸し切り状態。

      

ポイントに着いて、潮の流れは、う~ん、少し早いかな、と云う感じ。

瀬の真上に船をかけて、底まで63m。

テンビンフカセでハリスが15m、4本バリ。

様子を探りながら、1投目。

まあ、反応なし。

2投目、タナを5m深くして、、、、、刺しエサは全て獲られてます。

タナを上げて、、、、、反応なし。

見切りをつけて、瀬を外して船をかけて。

水深が83m。

潮の流れに仕掛けが浮きかげんですが、90mほど出したところで、ククッと魚のアタリ。

来たか、、、、、、!

しかし、チダイ。それも3連。

次は2連。

チダイの方が底にいると判断して、3mタナを上げて、おっしゃあ~~、40cmほどのマダイ。

このところ、隅イチ病に憑りつかれた谷村さんにも40cm。(この日もそうでした)

このまま喰いが立てばいいのですが、、、、、、。

何度か仕掛けを打ち返しても、ハリにエサが残っていたり、なかったり。

数mずつ、微妙にタナを調整しながら、それでも、ポツリポツリと35~45cmのマダイを喰わせ、やがて夕マヅメ。

しかし、反応がなくなり、最初のポイントへ移動。

タナを探り直して、仕掛けを回収すると、先バリだけにエサが無い。

ならば、この辺りがそうかなというところで今度はエサを振り出して、ゆっくりと誘い上げ、、、、、ゴツン。

読みがピッタリ、、、、、気持ちいいですね。

そんな感じで、一定しないマダイのタナを探し探しして、この日はマダイをしこたまではなく、5匹。

充分な釣果ではなかったですが、ほぼイメージ通りの喰わせが出来たのでありました。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 須磨からメバル・・・・朝便... | トップ | ノマセで根魚・・・・よし&... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (こま)
2013-05-01 07:33:13
南村さん、おはようございます。

狙い通りの釣り、してやったりですね。
入れ食いの釣りも面白いですが、
色々探りながらの釣りは、釣れたときの喜びが
倍増します。
Unknown (ほうし)
2013-05-01 11:00:41
完全ふかせが出来ていればもっと大型が釣れてたかもしれないですね!
渋い時にどう攻略するか。永遠のテーマです。お疲れ様でした~!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
こんにちは♪ (茶髪にピアス)
2013-05-01 13:02:34
根魚はまぐれで釣れるけど、天秤ふかせや完全ふかせは考える事が必要やって痛感しました!一から教えてもらわねば(>_<)
Unknown (南村)
2013-05-01 17:30:00
こまさん

喰わないときは自分をなくすというか、疑いますよ。そういうときの言い訳の抽出しはてんこ盛りに持ってます。
Unknown (南村)
2013-05-01 17:32:24
ほうしさん

6月に入ったら完全フカセが断然有利になるのですが、、、、、この時は用意してませんでした、、、、と、どうじに潮の加減を考えると、早過ぎてだめだったとおもいます。
Unknown (南村)
2013-05-01 17:41:43
茶髪にピアスさん

答えは簡単、、、、タナ取りの一言ですが、、、、そこへ状況によって、というのが事をややこしくしてるんです、、、、また、一緒に行きましようよ、、、、釣る方法を探しに。

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事