無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

純栄丸でメクリアジ・・・より多く釣るための工夫のあれこれ

2019年05月26日 | 無駄無駄庵日記
5月25日。
純栄丸の午後便でメクリアジ狙い、、、、、、、
今回は釣り方も去ることながら
1匹でも多く釣るための工夫をご紹介。

と、その前に
メクリアジって、、、、、、
何?
どれ?
どこ?
などと
?????????
こんなマークが頭に浮かぶ方も居られるかと。


メクリアジとは
初夏に大阪湾に入ってくるマアジの俗称です。
いわゆる瀬付きタイプのアジでエサをたっぷりと食べ、全身に脂がの乗った25センチ前後のマアジ。

下は仲間から無断拝借した写真。


腹部にラードのような脂を抱えてますね。
これはもう、メチャ旨でしょ、、、、、、、、



こちらは当日、大野さんが神戸空港周辺で釣った、メクリアジ。
持ち帰って刺し身にしたそうですが脂が乗ってやはりメチャ旨やったとか。


道上さんにも


南村にもメクリ。
よく見ると、尾ヒレや胸ビレが黄色ですね。
全身も黄色くなっていて
これは脂が乗っている証拠。
刺し身にする時、手で皮をメクルので、メクリアジとか、、、、、、、、


さて、そんなメクリアジの釣り方ですが
至って簡単
例のサビキにアミカゴというスタイル。
波止からのアジ釣りと同じ要領。
水深も15mくらい。
カウンター付きの手巻きリールにPEは1号くらい。
竿は2m~3mのバットの柔らかなモノ。
タナは船長が指示してくれるので、それに合わせてエサを振り出す。
と、ゴツゴツ、ゴツゴツ、、、、、、


ただ、メクリ釣りの常連というか、エキスパートというか、名人というか
周囲よりたくさん釣る人はそれなりの工夫をしておられて

今回はその工夫のあれこれを、、、、、、

まずは仕掛け

船で売っているサビキ仕掛けですが、ハリが大きいように思います。
これ、意外ですね。
小さい方が掛りがいいようですが、バレ易いんですね。
唇のところの薄い膜に掛かると口切れしますしね。
ハリが大きいとなんというか口中に深く刺さる、ような気がしてます。


アミエビを入れる金属製のカゴ。
通称、ドンブリ。
オモリとカゴが一体にになっていて、30号サイズ。
これも船で売っています。

網の中に撒きエサのアミエビを入れて使うのですが
海中でアミエビが出過ぎないように、、、、、、、
カゴの口を指で左右から挟みつぶして、楕円形にしてあります。


アジの活性が高いと喰いがよいですが
この日は低調でした。
そんなときはハリにエサを刺して、、、、、、、
写真のはオキアミと練りエサ。
黄色い粒が練りエサの「マダイイエロー」
ハリ先にチョンと刺すサイズに丸め直してあります。

あと、エビの剥き身を使う玄人さんからの情報ですが
川津エビを剥き身にして5mm角にカットして黄色に染める。
赤よりも黄色がよく喰うとか。
そして、冷凍剥きエビは身が硬いので、身の柔らかい川津エビがベストとか。

人工エサの「ワゲット」なんかも使う人もいますが、いずれも、ハリに刺すのは1~2箇所でいいようです。

そして、アジ釣りと言えばぁ、、、、、、、、、
巻き上げの時
取り込みの時のバラシ。
それを防ぐのに、、、、、、
普通はクッションゴムをラインと仕掛けの間にセットするのですが

その変則アイテムがぁ、、、、、、、、

輪ゴム。

漫画みたいですが、常連さん達に浸透しつつある逸品。
3mm幅くらいので、輪っかのサイズとか連結の数とか
自分の竿の調子に合わせて使い分け。
クッションゴムより遙かに安いのが嬉しい、、、、、、、、

と、そんなこんな
久し振りに出掛けたメクリアジ釣り
いろんな工夫を知った一日でありました。
コメント   この記事についてブログを書く
« 宮津養老からアコウのノマセ... | トップ | 虎ノ介でタイラバ・・・トホ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事