無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

カワハギ  絶望への旅・・・・ダイワカワハギオープンに参加

2016年10月10日 | 無駄無駄庵日記

10月8日。

加太の三邦丸で行われた「ダイワカワハギオープン・加太予選」に参加してきました。

もちろん、予選ですから申し込みに期日に間に合えば誰でも参加できます。

いうなれば参加資格は勇気と恥捨てです。(それとダイワ用品を使うこと)

この日は100名の参加があり、三邦はベルデ、青、赤、白のすべての船を動員して臨戦体制。

クジ引きによる船割でボクは青三邦の右舷5番。

まあ、場所はどこでもええんです、潮当たりが良くても腕が絶望的ですから。

で、前回練習と言いながら期するものがあったじゃまちゃんは同じく青の左舷トモ1番。

船が港を離れて、ポイントへ、、、、、

ニッコリと余裕で笑ってる、、、、、、みたいですが緊張の裏返しかも、、、、、、

ときどき、ボクはマジ余裕で席を離れてじゃまちゃんの様子を、、、、、、、、

一緒に練習した同志ですから、、、、、、

1回目は、、、、、、、、ゼロ。

2回目は、、、、、、、2匹。

3回目は、、、、、、、、7匹。

だんだんと希望の持てるようになってきましたが、、、、、、、

トモへ移動の傍ら、それぞれの選手のイケスを覗いてみると、、、、、、、

う~ん、じゃまちゃん、危うし、、、、。

ボクは依然としてゼロ状態が続き、何故かエサさえ獲られません。

こちらは隣り合わせた、柴田さん。

じゃまちゃんの同僚です。

少し前、古座の藤田渡船のロックラバでオオモンハタを狙ったときにご一緒した方です。

ときどき無駄口を言い合ったりして、お蔭で競技会の緊張感をさほど感じることもなく、、、、、、

でも、釣れない釣れないとボヤキながら、、、、、、、、

そして、周りのほとんどの人が無口で自分の世界に入り込んで居られますね。

決して状況がよいとは言えない中、緊張感を持続させて居られるの流石です。

そんなことを思うと、いろいろ話しかけて柴田さんの足を引っ張ってしまったかと、反省してます。

そして、10時を回ったころから予想通り強い南風が吹いてきました。

大型船揃いの三邦丸も揺れて揺れて。

予定より30分早い11時30分に竿終い。

果たして、予選通過者は、、、、、、

じゃまちゃんは、、、、、、、、、、

南村は、、、、、、、あはは、とうぜん成績外の成績で、3匹。

ボクラが乗った青三邦のトップは22匹。

全体では28匹の方がトップ。

各船5名(白は乗船人数の関係で2名)が勝ち残りで次回の「関西東海2次予選」へ。

じゃまちゃんは9匹。

青三邦の5位が10匹でしたから、あと1匹で同数決戦に、、、、、

そして上手くいけば、、、、、、、

こんな血気盛んな記念の写真に、、、、、、、

映っていたかも、、、、、、、、

ともあれ、100回の練習より1回の本番とか云いますから、けっこう楽しい「ダイワカワハギオープン」でありました。

でも、このままでは帰りません。

クジ引き大会で、、、、、、、

      

      

こんなものを頂いて、、、、、、、、別枠写真でニッコリ。

そして、、、、、、、大会ならではの華やぎのなか、

魔界釣り具の親切店員さん。

眞鍋流家元。

鮎財閥。

殺戮女子。

水辺研究所所長。

いろんな方とご一緒出来て、、、、、、

みなさん、ありがとうございました、です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 三重県国崎沖で縦釣り・・・... | トップ | 明石海峡で青物ノマセ・・・... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (じゃま)
2016-10-10 15:41:32
南村さん
今シーズンもカワハギ大会が始まりましたね
本番では周りの猛者との力量差を思い知らされました
南村さんとの勝負も開幕し、また楽しい時間を共有できますね
Unknown (南村)
2016-10-10 21:23:30
じゃまちゃん

ハッピーターンってどういう意味?

幸せを取り返す、、、、ってこと。写真を見てふとそう思った。

幸せ、つまり力量を縮めるには6万円必要です。いまならリールを含めて10万円にしときます。
Unknown (あめちゃん)
2016-10-11 12:30:54
相変わらずくじ運のないですね南村さん( ;´Д`)
石鯛の大御所が磯はじゃんけんが弱かったらどうにもならん(つД`)ノとおっしゃてましたが、ウチの釣タロウにくじだけ引かせましょうか(笑)
同時間同じく海の上、操舵室の横に座ってマイクパフォーマンスしてましたが、やっぱり風出ると船下がらないようにツクから、ツキが強くて船ミヨシに行った時のヒットを着実にとってミヨシのノーマルパターンになってるのが見て取れました。
Unknown (南村)
2016-10-12 09:55:48
あめちゃん

クジは2年に一度くらい小さな星のカケラのような幸運を引き当てることがあります。

船長の癖(腕)を知る。大事なことですね。ボランティアでなければ知り得ないことでした。

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事