無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

加太沖でタイラバ・・・・・人間の知恵と欲??

2018年04月02日 | 無駄無駄庵日記

4月1日。

久し振りに泉南・淡輪の白墨丸の午後便でタイラバ。

ここ数日の状況はと言えば、、、、、

HPをみていると、、、、、

悪い。

それもかなり悪い。

でも、良い日もなくはない。

でも、抜群に良い日と言うことではない。

 

と、言うことで、朝便が帰ってきました。

8名満席。

釣果は、、、、、、

チャリコ2匹とツバス。

入れ替わりに7人が乗り込んで、、、、、

自分は右舷トモ、、、、、

というか、どてら流しなので右舷に並ぶ。

 

目指すはやはり加太。

友ヶ島、地の瀬戸の北側。

水深60m。

底と20m、35mに反応ありとか。

南風が強いので流されるのが速い。

ヘッド120グラム。

最初のチューニングは、、、、、、

これ。

喰い気が悪いのでボリュームを押さえた細手のネクタイ。

オレンジカーリーとゼブラグロー。

ハリにフレアリーフのブルー。

これでかなりの回数を巻き巻き。

しかし、、、、、

やはり、、、、、、

反応なし。

そして、、、、、

              

ケイムラブラックスポットとグリバンゴールドフレークのショートカーリー。

ハリにフレアーリーフのオレンジ。

反応なし。

周りを見るとオレンジが主体なので、意表をついて黒系を使うも、、、、、

反応なし。

              

明るい色、、、、、、

オレンジシルバーブラックスポットとグリーンのアンモナイトネクタイ。

反応なし。

ゼブラオレンジと赤のショートカーリー。

ハリにはイカナゴケイムラ。

反応なし。

             

今度はハリに匂いタマ3コ。

反応なし。

 

 

結果18時に竿仕舞い。

7名全員がノーバイト。

魚探には終始映っていたけれど

チューニングに絶対はなく、、、、、

他にもいろいろ替えたけど、その合理性は人間の浅知恵。

そこへ釣りたいという欲が絡むと、、、、、、

きっついしっぺ返しに見舞われる。

コメント   この記事についてブログを書く
« 日ノ岬沖でカワハギ・・・・... | トップ | 須磨沖でメバル・・・・・煮... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事