無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

須磨沖でタチウオ・・・チョット戸惑いました

2019年08月11日 | 無駄無駄庵日記
須磨沖のタチウオ、好調ですね。
8月7日に純栄丸の初出に乗って、28匹。
指4本がレギュラーサイズで充分な釣果。
そして、なによりビックリしたのはその引きの強さ。

例年より無茶苦茶引きますね。
やりとりも竿を伸されそうになって
オッ、オッ、、、、、、、
メーター超えかな
ドラゴンかな
って感じで巻き上げてみると
そうではなく
指4本サイズ

でも、良く肥えてますね。
体力あるんですね
パワフルの源ですね

そして、よくバラします。
ことに取り込みの時
リーダーを掴んで手で抜き上げるとき
もう一度バシャバシャと暴れたり
斜めに走って魚の向きが変わったり

引きが強いのでハリ穴が広がるんですかね。
タチウオの唇だけがハリに残ってた人もあったようで。

掛けてからの巻上速度も一気にMAXではダメですね。
速度調整、ドラグ調整が必要かもですね。

などと思いながら、8月9日再び純栄丸へ。
この日は相客さんが12名。
前回のほぼ倍。

やはり、釣れてるで~~、となると人数が増えますね。
6時過ぎに船着き場を離れて、須磨沖へ。
水深60mほど。
イワシを括ってテンヤを降ろす。

うわ、濁ってます。
先日よりもキツいです。

使ってるテンヤはブラックヘッド。
めちゃめちゃ反応あったテンヤなので、、、、、、、

底から10m。
ゴツン

即アワセ。

やっぱりブラック、、、、、、、

しかし、3~4匹掛けて、途端に反応が悪くなった

う~ん
う~ん

訳が分からん

濁りがキツいからシルエットがハッキリせえへんのか???
でも、前回も濁ってたけど、釣れてたし???

で、グローテンヤに替えると
同じタナで

トン
コツ
フッ

いろんなアタリが出て
即アワセでゴツン。

そうそう、タコベイトも嫌われることなく
普通以上にに喰い付きがあって
前回と様子が変わってる

これって、なんというか
当たり前ですが
決め釣りはアカンですね。

で、お昼前に水深70mラインに移動。
ここは前回に底5mでよく喰った場所。
ただ、この日は2枚潮がキツくオマツリ多発。
潮流しは2~3回で終了。

12時過ぎに竿仕舞いして、この日の釣果は27匹。
30匹前後の人が数人居られたようで、自分もぎりぎりで仲間入り。



誘いはデッドスローで巻き上げながらの軽いシャクリ。
これは前回と同じ。
ただ、掛けられなかった時のその後の対策。
■追い喰いさせるためそのまま巻き上げ(自分は2mまで)
■ステイ(50センチ前後誘いながら)
■1~2mほどフォールからの巻き上げ

この日よかったのは、フォールからの巻き上げ。
最初のアタリタナで、コツンと反応が出る。
エサをタチウオの目線から外す効果があるのかな???

まあ、シーズン2回目ですから今年のタチウオのパターンをとやかくいうのは気が早いですけど、いろいろチョット戸惑いました。

ちなみに、反応の悪かったサンマエサもこの日はけっこう喰い付きが良かったようで、、、、、、、、、隣の人が使っておられました。
コメント   この記事についてブログを書く
« 純栄丸で初タチウオ・・・ブ... | トップ | 須磨沖でタチウオ・・・目線... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

無駄無駄庵日記」カテゴリの最新記事