無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

2020初釣り・・・勉強になった洲本沖のタチウオ

2020年01月07日 | 無駄無駄庵日記

2020の初釣りは1月6日、洲本沖でタチウオ狙い。
6時過ぎに須磨の仙正丸で船着き場を離れて
東方の空が茜色を濃くして
まあ、初日の出って感じで期待が昂ります。

最初の潮流しは水深80m

いつものように底からシャクリながらの誘い上げ
70m
60m
50m、、、、、、、、

2~3回誘ったけれど反応なし
テンヤを回収してみるとわずかにタチウオの噛み痕がある

いつやられたのか、、、、、、、、

と、左隣りの人にヒット。
タナを訊くと
「小さいアタリ、70mです」
と言うアドバイス。

で、仕掛けを入れ直して
聞き耳を立てるように
75m
72m
68mでトン

即アワセで掛けたけれど

軽い
引きがない

取り込んだのはチビゴン
いえ、それより細い指幅2本
ペラペラサイズのペラゴン

周囲でも上がりだしたけど

ペラゴン
ペラゴン


ペラゴンばかりの群れなのか
ペラゴンの連発

しかし、どうもおかしい
他に比べてアタリの回数が少ない
イワシよりサンマ????
グローテンヤが嫌われた????
タナ惚け????

誘いの違い????

はい
釣っているときは気づかなかったけれど
思えば、自分のシャクリピッチが長かったかもです。
海中でテンヤがビューンビューンと動いて
その動きがペラゴン達に嫌われた、ようです。

小さく誘って
例えばテンヤをピュッピュッと動かすようなショートピッチ
そんな誘いがこの日のペラゴン達に向いていたようです。

釣り終わってから気づいても遅いです。
釣果はトップの40匹の半分くらい。

と言うことで、2020の初釣り
勉強してきました。
コメント (2)