無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

洲本沖でタチウオ・・・ドラゴンのアタリは???

2019年10月01日 | 無駄無駄庵日記
9月30日。
大潮。
この日は仙正丸でタチウオ狙い。
前日の釣況では須磨沖は不漁。
産卵に入ったのか
濁りが出ていてタチウオの動きが悪いのか
ベイトが少なくなったのか
釣れても指幅2~3本。

と、言うことで仙正丸は洲本沖へ。

途中、潮待ちのため須磨沖で少しの潮流し。
水深50m。
40mラインでモソ~っと竿先に負荷
合わせてみるとぺコぺコとした引きで指幅3本。
ただ、アタリは分かり辛い
トンとした喰い付きアタリではなく
イワシの尻尾を咥えてホバリングしてる感じ
上げてみると尻尾がズルリと剥けている。
やんちゃサイズでさえ活性が低い。

1時間ほど流してそんなサイズを7匹。

そして洲本沖へ、、、、、、、、、

水深60m。
50~40mラインで活性が高い
特に喰い上げが激しくラインブレイクが3回。
追いアタリも良く出て指幅4~5本が喰い付いて来る。

エエ感じやね。
20匹は釣りたいね。

船が潮上りをやり直して
リールのカウンターが47m。
竿先がトントンと弾かれた
これ、やんちゃサイズのアタリ?

合わせ!

掛からず!

なおもアタリが続いて
少し途切れて

テンヤを動かしてやると
トントン

やっぱりやんちゃサイズか?

と、、、、、、

コンコンと竿先に重ためのアタリ。

ゴンッ、と合わせてギュン
もの凄い勢いで引っ張り込まれて
重量感のある引きが
ガンガン
ゴンゴン


今シーズン初のドラゴン
122センチ。

個体差もあるけれど
やはりドラゴンのアタリは微妙
だから
どんなアタリも
諦めずに誘って
合わせて

ですね。
コメント (2)