無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なおも自粛

2020年05月25日 | 無駄無駄庵日記
3月19日にメバル釣りに行ってから2ヶ月経って
今日は5月25日。

その間釣りに出掛けてません。

コロナ禍による自粛です。

こんなに長いブランクは始めてです。

自粛の当初は釣り具の整理などをしていましたが
数日もすれば片付けるところもなくなり
さて、何をするか。

街中へは出掛けられませんが不急不要の通院は市内の病院に2~3度通いました。
あとは駅前のスーパーマーケット
最大の気分転換は淀川河川敷の散歩。
コースは阪神電車姫島駅側の鉄橋辺りから河口の福町の伝法大橋辺りまで
往復でほぼ2キロ。
ブラブラ歩いて、1時間ほど。






平日は人も居ませんが休日には水上パラグライダー、ルアーを投げるアングラー、家族連れの散歩など少しですが行き帰りに出会います。

あっ、そしてマスクが届きました。
ゴールデンウイーク明けでした。

    

他にはネットで買ったアルコール消毒液や次亜塩素酸水もぼつぼつ届き始めて

でも、10万円の給付金申請通知書はまだ届きません。



ただ、今日にでも緊急事態宣言が解除されるようで
新しい生活様式とかが推奨されて
経済再生と必ず来ると言われてる第2派感染襲来の狭間で
果たしてどうなるのでしょう。

あっ、余分過ぎるというか無駄な情報ですが、このところ便秘が続いて

ストレスですかね

ガガガガッギュンのメバルも
巻き巻きガツンのタイラバも
生きエサノマセのアコウも
そして、タチウオも

釣りに行きたいです


しかし、もう少し自粛を続けます。

ですので、このブログの次回更新はコロナ禍の情勢次第。

マスク、手洗い、うがい、ソーシャルディスタンス。
感染しないように、させないように注意100%。

皆様も充分にお気を付け下さいませ。
コメント (2)

シロウオをエサに・・・須磨沖でメバル

2020年03月20日 | 無駄無駄庵日記
3月19日。
須磨の仙正丸でメバル釣り。
朝は冷えてましたけど、昼頃はぽかぽか陽気でしたねぇ
そしてこのところのエサは早春の風物、シロウオ。


ド定番のイカナゴが使えない状況が数年続いてますから、シロウオが配られるのは嬉しいです。
ただ、シロウオ漁も限りがありますから入荷日も残り少ないかな

と言うことで、絶好のタイミングなので、この日はサビキではなくて胴突き仕掛け。
ただ、シロウオはくにゅくにゅと動いてハリに刺しにくいですが、生命力が強いので長持ち。
理想的なハリの刺し方は下顎から上顎へ
でも、くにゅくにゅ動くので自分は頭部辺りへチョンとハリに掛けて
刺し替えしなくても潮流しの2~3回くらいはメバルへのアピールは大丈夫。
その扱いは直ぐに頓死するシラサエビより楽チンです。

そして、陽が昇るにつれて、ぽかぽか陽気からのメバル凪。

好条件が揃ったこの日ですが
釣果は伸びません。

個人的にですよ。

結果を言うと
 

メバルが2匹。
ガシラが6匹。

ガシラが多いのはタナが底なのです。

根の高さ、すなわちメバルの層に合わせた釣りをすればいいのですが
アタリがないと不安になって、
辛抱が出来なくなって
底を取り直すというか
仕掛けを底へ降ろして
結局、根掛かり&ガシラ掛り。

この試練
醜態
焦燥感
何度も何度も経験して
百万%身に沁みてる筈なんですが
思考回路の衰えですかね、、、、、、、

いえ、ですかねで済ませない事態です。

そして、シロウオをエサとして生かせなかったのが何にも増して悔やまれます。
コメント

須磨の純栄丸・・・アジを連掛け♫ メバルを連掛け♫

2020年03月09日 | 無駄無駄庵日記
3月6日。
須磨の純栄丸でアジ釣り。
いつもはメバル釣りですがこの日のメニューはアジを釣ってからのメバル。

ご一緒したのは山本さん。
昼過ぎに須磨海岸の船着き場を出て
アジのポイントは神戸空港周辺。

仕掛けはサビキ。
撒きエサ用のドンブリカゴにアミエビを詰めて、底へ。
竿を2~3度しゃくって、3~4秒静止。

うん?
うん?
どうなの?
どうなの?

と、竿先がグリグリッ、グリグリッと引き込まれて

  

24~25センチほどのマアジ。
アタリが出て少し間を置くと連掛けで釣れます
ただ、取り込みに注意ですね。

   

おっとっと!
ポロポロと落ちて、全部バラす
なんてこともあって

それでも思った以上によく釣れて
自分は10匹ほどで自主的にタイムアップ。

山本さんは順調に釣り続けて連掛けを楽しんでます。
釣り方を見てると1匹目が掛かった時に軽く合わせてますね。
それと大きめのハリを使うこと。
アジバリの6~7号くらいかな。
ハリが大きいとアジの口の硬いところに刺さってバレが少ないように思います。

そんなこんなで山本さんは30匹ほど釣って納得という感じ。

   
  
   


そして、後は日が暮れてからのメバル釣り。
須磨沖に戻って
自分はサビキでガガガガッギュン。
山本さんはシラサエビでガガガガッギュン。

ただ、やはり明るい内は喰いが出なくて
日が沈みかけてようやく
ガガガガッギュン。

山本さんは2連とか3連で

   

この日のメバルは9匹。

   

自分は2連が一度で、6匹で竿仕舞い。

技量の違いがまざまざと出ました。
コメント

須磨沖で午後便メバル・・・爆発はいつ!?

2020年03月01日 | 無駄無駄庵日記
釣れてるから出掛ける人 ???
釣れてなくても出掛ける人 ???

さて、貴兄はどちらのタイプ
と言うか、自分はどちらでもでもなくて
出掛けた日が爆釣れするかも、、、、、、
と言う、のほほんタイプ。


2月28日。
この日も純栄丸の午後便でメバル狙い。
船に乗り込んで
サビキ仕掛けをセットして

でも、ちょっと沈滞ムード

そうなんです

ここ数日釣果は伸びてないんです

あきませんねえ

しかし、ポイントに着いて
船長の「やってぇ~~」の声と同時に、なんか気持ちが上向いて
ワクワクして
ガガガガッギュン。
ガガガガッギュン。
メバル
メバル
釣れたでえ~~

となるのか、ならないのか

ハイ、この日もなりませんでした。
夕方まで淡路島周辺でやって
20センチくらいのが4匹。

暗くなりかけて、須磨沖に戻って

   

オッ
オッ
ガガガガッギュン。
いきなり24~25センチが釣れて
暗くなって爆発か、、、、、、、

と思ったけれど

それっきり

明るくても
暗くても
喰いません

爆発はいつかな 
次に出掛けた日、かな。
コメント

バケの色を選んで喰う・・・須磨沖午後メバル

2020年02月22日 | 無駄無駄庵日記
   

2月21日。
この日も純栄丸で午後便メバル。

13時ころ船着き場を出て
今日も淡路方面で流す、と思っていると須磨沖で船が旋回。

仕掛けを慌ててセットして、底取りから3m巻き上げ。
グンッと穂先が締め込まれ
グン、グン
グン、グン
この引きは、アジ。

他の人も、アジ。

このポイントに見切りをつけて
淡路方面へ

チョット深いところを流すようなので全長の長い「鳴門船メバル」にセット替え。
底取り40m。
ゆっくり巻き上げて、35mでガガガガッギュン。

少し間を置いて、同じ35mでガガガガッギュン。

いずれも赤のバケに喰っている
偶然か?
しかし、赤いバケは5本バリの1本だけ。
それって選んで喰ってるのか?

次の潮流しで同じく、底35m。
コンッ
カワハギのような金属的なアタリが出て
強烈ガガガガッギュン。

ギュンギュン、ギュン

タモで掬って貰ったのが冒頭の写真。
今シーズン初の尺メバルか、、、、、、、
って、29センチでした。

惜しい。
1センチの壁。
よくあることではある。
でも、惜しい。

ただ、それより、気になるのはこのメバルも赤のバケに喰い付いて
その後に釣ったメバルも赤いバケに喰い付いて

でも、すべて赤いバケだとどうなんでしょうね
「にんにくじゃこメバル」はバケが白と緑
その緑に喰いつきがエエみたいやし


そして、日が沈んで須磨沖へ
水深15m。
ここでいつもの「にんにくじゃこメバル」を使って
でも、この日は何故か白のバケに喰いついて

マッチザベイト

片方を嫌って片方を選ぶ

いまさらながらですが、バケの色とその対比って重要ですね。
コメント