無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

新淀川でハゼ釣り・・・・・歩いて10分

2018年09月18日 | 無駄無駄庵日記

9月18日の午後。

住まいから歩いて10分。

新淀川、阪神電車本線、姫島駅側の鉄橋付近でハゼ釣り。

近すぎて、いつでも行ける、、、、

が禍して、長いこと行ってません。

めっちゃ久し振り。

ポイントが分からんけど、、、、、

 

この日は平日なのでこのおじさんがお二人。

けっこう釣れてますよ~~~

って、

ことで、、、、、

声を掛けて、適当な場所に入れて貰って。

延べ竿の3、6m。

エサは青ムシ。

2~3センチにちぎって、、、、、

ぽいと仕掛けを放リ込む。

 

浮き下は50センチほど。

 

噛みつぶしオモリで浮きがぴょこんと立って。

 

 ゴロタ石の合間を浮きが流れて。

チョット込み潮。

揺れながら流れていた浮きがツツ~と沈んで

         

12センチほどのハゼ。

次は、新子サイズ。

次は、外れ。

次は、新子。

チョット、アタリが出なくなって。

別のゴロタ石の合間を狙って、、、、、、

場所によって12センチくらいのが釣れたり。

新子が釣れたり。

2時間足らずで15匹。

久し振りのキュンキュン引きを楽しんで。

300円で買った青ムシがなくなって、終了。

 

いつもこんなに釣れるンかなぁ、、、、、、、、

というか、よう釣れたほうかな、、、、、、、

どうかなぁ、、、、、、、

 

地元やのに、、、、、、

よう分かりません。

コメント

鳥取沖でアコウ・・・・釣果MAX!

2018年09月14日 | 無駄無駄庵日記

小アジのノマセでアコウ&ヒラメを狙う。

今回で4シーズン目。

行く先は鳥取県酒津の第2清洋丸。

中垣船長は天候が不安定の時は停船を選ぶ。

今シーズンもすでに停船が何回かあった。

無理をしない。

操船が上手い。

信頼の要ですね。

 

と、いうことで、9月13日。

午前5時出船。

まずは港内でエサの小アジ釣り。

一人、100匹、、、、、

が目標、、、、、

このところのサイズは5センチ前後。

もう少し大きいのが欲しいけど、、、、、

そして、100匹に満たないけれど、、、、、

これくらいあれば一日持つ。

100匹釣る、は頑張って釣らないと途中でエサ切れの憂き目に合うよ、、、、

ってこと。

 

仕掛けは胴突き1本。

ハリスは10号。

枝寸15センチ。

意外と短いけれど、、、、、

短い方が魚がよく暴れる。

アコウの前アタリがよく分かる。

根に潜られる確率が低い。

 

捨て糸は3号を1m。

意外と長いけれど、、、、

底に近いとガシラが釣れる。

アコウは浮くので誘い幅が取れる。

 

ハリは根魚王の18号。

オモリ60号。

流し釣りだが、魚礁に直着け。

2~3分経過でアタリがなければ、直ぐに移動。

次のポイントへ、、、、。

エサを新しいのに替えて合図を待ち構える。

ランガンですね。

 

釣り初めて直ぐに久保さんに40センチくらいのが来た。

トモの方では50センチくらいのが上がったようで、、、、、

そのサイズを目指して、鳥取へ。

第2清洋丸へ。

    

自分にも40センチくらいのが喰い付いた。

誘いはオモリ着底後、ゆっくりと竿先を持ち上げる。

そしてゆっくりと降ろす。

アタリはこの動作の時に出る。

竿先に微妙な負荷が掛って

そのままゆっくりと持ち上げると

ガンガンッ

ガンガンッ

と、喰い込む。

 

 雨模様のなか、船は次から次へと魚礁を替える。

アタリは仕掛け着底と同時に出ることもあって、、、、

   

そんなタイミングで50センチほどのマハタ。

久し振りのどや顔。

そして14時過ぎに竿仕舞い。

この日の自分の釣果。

マハタ1匹。

40センチまでのアコウ18匹。

アコウの匹数としては過去MAXであります。

コメント

須磨沖でタチウオ・・・台風直後の活性は?

2018年09月07日 | 無駄無駄庵日記

     

21号台風。

凄かったですね。

 

淀川河口近くの我が家は築130年は経った木造家。

あちこちが吹っ飛ぶかもと思いながら何も対策出来ずに、、、、

無事通過を願って、、、、、、

無事に通過。

 

一息ついたかと思えば、まさかと思うようなニュースが次々とTVから流れて。

なかでも、関空橋へのタンカー激突。

間近に見ることの多い連絡橋ですからよけいに衝撃です。

街中でも車が横転して、電柱も倒れて、建物の倒壊。

ベイエリアでは高潮。

甲子園浜の中古車センターでは車が高波、高潮に押しやられて、炎上。

西宮ヨットハーバーでは係留台や船が重なりあって。

高潮の凄さ。

これは認識を新たにしました。

教訓が一つ増えました。

 

そして、、、、、、

そろそろ、釣りに話題を転換したいのですが

なんというか、ハナシの接ぎ穂が難しくて、、、、、

台風で釣りが中止に、と言う私的なレベルではなくて

 

でも、出掛けて来ました、、、、、、

済みません。

 

と、言うことで、9月6日。

須磨の純栄丸でタチウオ狙い。

 

船長の「釣れませんよ、、、、」「厳しいかも、、、、、」

と、言う忠告を振り切って、

水深60m。

底から10mでアタリ。

続けて、アタリ。

連続、アタリ。

      

前々回の20号台風後の釣行は数日経ってたから、、、、、濁りが強くて。

そのせいか、釣果は1匹。

 

この日は岸に近いところは濁っていたけど、沖ではまだ濁りが出ていなくて

タチウオに喰い気があって、メーター超えも混じって、16匹でVサイン。

      

濁りが出ていないのは台風通過直後だからか。

やがて、河川の濁り水が大阪湾に流れ込み、湾全体に影響して。

活性ダウンって、コトなんやろね?????

コメント (2)

そう言えば秋空の気配・・・・須磨沖でタチウオ

2018年09月01日 | 無駄無駄庵日記

8月31日。

須磨沖。

雲が薄く広がって、どことなく秋の気配ですね。

海の色も碧く、なんとなく秋の気配ですね。

 

どことなく。

なんとなく。

そう思えば、そうかな。

でも、陽が天に昇りきれば、爆暑ですけどね。

 

さて、この日も純栄丸でタチウオ狙い。

前々日の釣果が1匹。

あり得ないコトがあり得て。

かといって無かったコトにも出来なくて。

渾身の1投目。

水深65m。

底取り。

このところ、早朝のプチラッシュに乗り遅れてばかりで

ふう~~っ。

 

1匹目が9時。

前々日は9時30分。

それ以降、釣れず。

 

この日も後が続かず、、、、、

ただ、フォールに反応が少し出て、、、、、

エイッ

エイッ

と、アワセて。

なんとか、4匹。

 

陽が天に昇りきって

爆暑。

爆熱。

 

汗まみれの中だるみが続いて

11時30分。

船が大橋方面へ移動して。

水深60m。

底から10m。

連続巻き上げシャクリで、ドンッ。

やる気のある覚醒アタリが出て。

4匹追加。

でも、周囲では釣れて無くて。

????????

12時過ぎに竿仕舞い。

90センチ未満ばかりを8匹。

竿頭とは云え、群れが薄すぎ。

タチウオ少なすぎ。

シーズンに入って1ヶ月経過。

どこかで激変してくれないと、、、、、、

ヤバイ!

コメント (4)

須磨沖でタチウオ・・・・・台風後の濁り

2018年08月30日 | 無駄無駄庵日記

ふたつの台風が通過して。

とくに20号は近畿のあちこちに爪痕を残して。

須磨の海岸も手ひどくやられて。

いつも行く純栄丸の事務所も2階への階段の途中まで高潮が押し寄せたとかで。

周辺に置いていた機材が被害を受けて

 うわッ、、、、、、、、、。

 

我が家は新淀川縁にあるので、川の氾濫を恐れた家内が明け方まで起きていて

自分は海が荒れて様子が一変して、ドラゴン爆釣れ、、、、

なんてコトは口には出さず、一緒に起きていて。

 

まあ、なんとか被害もなく、、、、、、

 

8月28日。

須磨の純栄丸で須磨沖へタチウオ狙い。

前日はハマチやメジロが爆釣れしたようで

これなら台風後の濁りも取れて、、、、、、

って、取れてなくて

だだ濁り。

 

タチウオもエサをよう見つけんやろな、と思いながら底取り。

水深60m。

底から10m、15m、、、、、、

何度も誘いを繰り替えし。

 

はい、アタリは少ないながらそこそこ出ました。

周囲では1匹~2匹と上がって。

でも、何故か自分はアワセられません。

 

1匹目が釣れたのが9時30分を過ぎていて

そして、それっきり、、、、、

たまにアタリが出るのですが、、、、、

、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

この日の釣果は

    

1匹。

濁りの影響???

コメント (2)