無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

「懲りもせず飽きもせずタチウオ」完結編・・・須磨純栄丸で洲本沖へ

2019年01月19日 | 無駄無駄庵日記

1月16日に泉南岡田浦の湊丸でタチウオを釣って

帰りの車中でいくつかの船宿のHPをみていると

須磨の純栄丸が19日でタチウオ最終便です、と出ている。

えっ、意外に早いやん

と思いながら

最終までには行っとかなアカン

とも思い始めて

同時に、2017年の1月5日の初釣り、純栄丸で洲本に出て130センチのドラゴンを釣った

以来、2年が経過して

120センチに近いのや、尻尾があればなあ

そんなプチドラゴンは何匹か釣ったけど

120センチ超えのマジドラゴンは1匹も釣っていない

これって、空白があまりに長過ぎる

そろそろ、とは思わないけど

そろそろかも知れない、、、、、

 

そう言えば、今年はまだ純栄丸に乗っていない

「純栄丸」

「年始め」

「初釣り」

「洲本沖」

いくつかの符号する言葉が重なって

1月18日、純栄丸で朝日輝く大阪湾を南下。

洲本沖へ。

果たして、ドラゴンは、、、、、

 

ただ、このところの洲本はチビゴンがメチャ多い。

入ってくる情報も、前々日の湊丸での結果もチビゴンばかり。

だから、かなり期待薄。

 

最初の潮流し、水深90m。

60mラインでチビゴン。

アタリはいつものように、トン。

軽い突き上げアタリ。

追いアタリも出て、まあ、快調。

 

5~6匹釣った時

「反応が消えた、、、、」

と船長が言ってやはりアタリが出なくなった

潮変わりかなと思っていると

55mで竿先がトン

チビゴンのアタリ

合わせ損ねて

再び、トン

ガチッと合わせ。

ゴンゴン

コンコン

と並の引きが急に

ガツン

ガツン

ドカン

と竿先を強烈に叩き、持ち込み

ひょっとして、、、、

ドラゴン、、、、、

いや、メーター超え、、、、、

頭を巡らせながら

海面をのぞき込むと 

ビックリポン、、、、、、

      

これ!!

目測で120センチ超えてる??

 

測ってみると

130センチ3ミリ。

超ドラゴン。

釣りたい、釣りたいと

懲りもせず飽きもせず、誘い続けて合わせ続けて百万回

2年と13日ぶりに完結した瞬間でありました。

 

ただ、1枚目の写真をよく見ると尻尾の傷が生々しい

血が出てる

と言うことは巻き上げ途中に襲われた傷かも

危うく尻尾無しになるところやったこのドラゴン

よくぞご無事で、、、、、

ありがとうございました。

コメント

洲本沖でタチウオ・・・懲りもせず、飽きもせず

2019年01月17日 | 無駄無駄庵日記

1月16日、洲本沖。

この日は泉南岡田浦の湊丸でタチウオ釣り。

誘って下さった道上さんと並んで竿出し。

このところチビゴンが多いとかで

でも、数が釣れてるのでアタリがあればオモシロイ。

それに潮周りは若潮。

30匹は釣りたいですねぇ、、、、、、

 

最初の潮流しは水深90m。

「60mに映ってま~す」

と言うことなので、底を取らずに70mから誘い。

チビゴンなので、派手なテンヤアクション。

65mで、トン。

出た出た、、、、

チビゴンの喰い上げというか、テンヤに突進した感じの明確なアタリ。

一発アワセで、1匹目。

2匹

3匹

ビックリするような激しい喰い上げ

リズミカルな追い喰い

トモの道上さんも調子よくて。

 

二流し目は水深が110m。

アタリダナは変わらずと判断して

70~60mラインを探るが

あれ~~

アタリなし。

底から探るが、アタリなし。

ツ抜け間近でブレイクタイムか、この流しは船中沈黙。

 

そして、水深が120m、130mと深くなって

やはりタナは上だろうと判断して

その根拠は、全体の流れとしか云えないけれど

底を取らずに

道上さんも底には居ないなあ、と言う返事やし。

 

95mくらいから誘い上げて、90m。

トン

85mでトン。

やっぱり上ですねぇ

水深が変わっても、90~85mでトン。

チビゴンが、トン。

アタリダナは一定していて

でも潮周りにしては群れは濃いという感じではなく

33匹で竿仕舞い。

予想通りチビゴンが多かったけれど

そして、ひょっとしたらドラゴンがと思ったけれど

とりあえず、目標は達成。

懲りもせず、飽きもせずのタチウオ釣りでありました。

コメント

須磨沖のタチウオ・・・よく肥えているけど

2019年01月12日 | 無駄無駄庵日記

1月11日はえべっさんの残り福。

去年は奉納マグロに五円玉を貼り付けに行って

家内安全は願うまでもなく

豊漁の神さんなのでドラゴン祈願をしたけれど

ドラゴンの恵みはなくて

ならば、今年は祈願よりも実践あるのみ、、、、、

 

と、言うことで11日は仙正丸でタチウオ釣り。

7日の初釣りは洲本沖

アタリは良く出たけれど

チビゴンが多かった。

 

この日は須磨沖で潮流し。

 

今の時期、例年ならタチウオの群れはほとんど洲本方面に南下しているが

今シーズンは水温が下がりきらずにベイトが残っているようで

聞けば西宮沖にイルカの小群が入り込んで

この珍事も湾奥に居るベイト狙いとか。

 

これならタチウオも残っているはず

もちろん全盛期の群れではないが

残っているタチウオは大きいような気がする。

あくまでも気がするだけですが

大晦日にも須磨沖でデカゴンが多かったし

期待の昂ぶる須磨沖。

 

最初の潮流しは水深70m。

始めはゆっくり巻きでソフトにシャクリ。

ただ、いつも思うけど、ソフトに誘ってテンヤがどれだけ動いているのか分からない

だから、強くシャクってしまう。

 

と、45mでコツン。

合わせられず。

追いかけアタリもなく。

 

次は50mでコツン。

ガツッと掛って

チビゴンだけれど良く肥えている。

引きもサイズ以上に強い。

次も50mでゴツン。

メーターサイズ。

これも良く肥えていて身が分厚いし引きも強い。

 

そして、タナが底10mラインに変わって

モゾモゾとしたアタリが執拗に続いて

合わせ損ねが続いて

アタリが途絶えて

諦めかけたとき、ゴツン。

強烈な突っ込みでドラゴンかと思ったけれど

115センチ。

この寸法までは何度か釣るんやけどねぇ

ドラゴンには届かんねぇ。

 

そんなこんなで、この日は15匹。

どのサイズも良く肥えていて

栄養を蓄えて

これって、完全南下の兆しなのか。

コメント

洲本沖でタチウオ・・・思い起こせば2年前

2019年01月08日 | 無駄無駄庵日記

、、、、、、思い起こせば

ドラゴンを釣ったのは2017年1月5日の洲本沖での初釣りで130センチ。

以来、二年間。

黙々と

粛々と

通ったけれど

120センチにも届かず

ドラゴンはどこに居るんや、、、、、、

 

人によれば、上タナ。

別の人によれば、底。

どこにでも居るで、と言う人も居て。

誘い方で確率が上がると云う人も居て。

なんか、人それぞれでですやん、、、、、、、

 

と、言うことで1月7日

二年と二日が経って

この日は仙正丸で洲本へ

自分としては狙っても釣れないけれど

いろいろ工夫しながら誘い続けることがドラゴン街道。

 

果たして、2019年初釣りの潮流しは水深90m。

底から探り上げて、10m、15m、20m

シャクリからステイ

コツン、とチビゴンの喰い上げアタリ

次もコツン

チビゴンのアタリ

次も明確にコツン

このアタリ方、チビゴンの確率は高いけど

この1匹がドラゴンかも知れないし

 

出たアタリは合せておかないと

 

 

船が友ヶ島寄りに南下して

二流し、三流し

チビゴン

チビゴン

そう云う潮周りなのか、群れなのか

 

      

船が北上して、友ヶ島の北側へ移動。

水深90mからの緩い駈け上がり

底から25mで110センチ

アタリはチビゴンと同じで、コツン。

続けて、100センチ

モソモソとしたアタリのまま追い喰い。

デカサイズの群れか

と、思ったけれどチビゴンも多発。

 

そして、お昼が過ぎて

       

誘いまくって、22匹。

ドラゴンの予感がしたけれど

2019年の初釣りを竿頭でめでたく竿仕舞い。

 

ちなみに、この日はブラックヘッドは活躍せずでした。

コメント (2)

新年のご挨拶・・・そして釣り納めはやっぱりこれ

2019年01月01日 | 無駄無駄庵日記

      

      新年明けましておめでとうございます

    猪突猛進、頑張って魚釣りに励みます

    本年もよろしくお願い申し上げます

 

さてさて、今年はどんな釣りになるのでしょうか。

行きたいところ

釣りたい魚はたくさんあるのですが

とりあえずは昨日の釣り納め

須磨の純栄丸が

「31日も出ますッ」

「タチウオ、やりますッ」

って、ことなので

これ!

 

20分ほどで須磨沖へ。

しかし

あれれれ

船がいません

でも、船内はこれ

満席。

大晦日だというのに

いえ、大晦日こそドラゴンなのでしょうね

タチラーの締めくくりとしては、ね!

 

と、云うことで潮周りもええし

釣り放題、流し放題。

水深90m。

いつものように巻きながらのシャクリ

70mでトンッ

ちょっと良いサイズ

次もグッドなサイズ

30日、31日と連チャンした人が言うには

「昨日の洲本は指3本が多かった」

「今日はメーターサイズが多いわ」

とかで、この時期、ポイントの近い須磨沖でのメーターサイズは嬉しいですね

 

誘いは派手なテンヤアクション

速いリーリングによく反応して

このところよく使ってるブラックヘッドよりグローヘッドの方がアタリが良く

でも、たまに使ったブラックヘッドに

     

115センチ。

テンヤが底に着いて1~2m巻き上げた途端

ゴツン

おそらくテンヤを底まで追いかけて喰い付いたのでしょうね

それともブラックヘッドだから喰い付いたのか

ともあれ、ドラゴンかと思ったやり取りでしたが、、、、、、

 

そして、12時過ぎに竿仕舞い。

締めくくりの釣果は

23匹。

ご一緒した浅井さんも同じくらい釣って

「釣り納めしましたっ」

って、感じで帰港。

 

  

    

カモメが行く年を惜しむように船について離れませんでした。

コメント (4)