ほぼ週刊イケヤ新聞ブログ版

コピーライター・ミュージシャン池谷恵司の公式ブログです。
私的メールマガジン「ほぼ週刊イケヤ新聞」のブログ版です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高田馬場のホットハウスで「増尾好秋(g)、峰厚介(ts)、鈴木良雄(wb)」を見た その2

2011年08月21日 13時12分42秒 | CD&コンサートレビュー

 


 
高田馬場のホットハウスで「増尾好秋(g)、峰厚介(ts)、鈴木良雄(wb)」を見た その2

 

増尾好秋(g)、峰厚介(ts)、鈴木良雄(wb) 

錚々たる面々だ。 

ドラムレスの室内楽のような濃密な演奏を 

6人(途中から7人)で堪能するという贅沢。 

これは中世ヨーロッパの王侯貴族がサロンに 

モーツァルトあたりを呼んで演奏させたのと同じぐらい 

贅沢なことではないだろうかという気持ちがよぎりつつ、

店主アキさんの心のこもった手作り料理がガンガンでてくる。

これまた学生時代に親戚のオバサンの家にいったら

出てきたみたいな状況で突然金欠学生に豹変して

パクパク食べてしまうものだから、これまた

胃にも贅沢なのであった。

 

ピアノレスなのでバッキングは

増尾好秋のギターなのだが、

やっぱりさすがなのだった。

 

驚いたことにギターはShurのフロイトローズ付きみたいな

ロック仕様のギターで指弾きですが、素晴らしいトーンで

バッキングの時はコーラスを使ってステレオで

鳴らしていたのが印象的。クリーンで素晴らしい音。

パットとか、マイク・スターンを思わせるけど、

キャリアは彼らより上ですよね。

 

なんたって日本人でロリンズのバンド(ピアノレス)

にレギュラーメンバーとして在籍していたぐらいの

すごいギタリストなのであって、

見ているだけで上手くなった気がするのだった。

 

余談ですが、それもあって、そしてNEWギターの登場もあって、

私もジャズギタリストをやる気になったのでした。

僕もフェンダー系ギターにハンバッカーで

いわゆるフルアコ系ではない音で勝負したいなー。

と思っております。

 

鈴木良雄さんのベースは、まさにミスターベーマンであって

生音ながら大きなガッシリとした包容力のあるベースで

これはもうトッププロの凄さを痛感。

 

そこに載っかる峰さんのテナーは、以前から間近で聴きたいと

切望していたんですが、やっぱりいい味。

トーンもフレーズも、テナーサックスのオーソドックスな

ジャズのかっこよさがバリバリであって、痺れました。

ああいうスモーキーなトーンをトラペットでだせたらな、と

思ったのでした。

 CDを買ったら、サインをしてくださいました。

増尾さんと同じ皿の里芋がつつけて嬉しかったです。

あやかれるかなぁ。

アンコールのリクエストでブルームーンがきたら

驚くべきことに峰さんが知らなくて、

さっとギターを弾きながら歌ってくれた増尾さんのブルームーンが

力が抜けていて、優しくて、実に実に素晴らしくて、

やっぱりジャズでも歌がすきだな。

 


 その日の演奏がYoutubeにアップロードされていました。

ぜひご覧ください。

素晴らしい内容です。

http://www.youtube.com/watch?v=rcHDcFKjK0Q&eurl=http%3A%2F%2Ftouch-staging.whatsontv.co.uk%2Fvideo%2Fyoutube%2Fsearch%2F%25E3%2582%25B8%25E3%2583%25A3%25E3%2582%25BA%2Foffset%2F22%2Fvideo%2FrcHDcFKjK0Q%26feature%3Dyoutub&feature=player_embedded

 

Around The World
鈴木良雄,増尾好秋
バウンディ
グッド・モーニング
増尾好秋,増尾元章,T.M.スティーブンス,マーガレット・ロス,ビクター・ブルース,デリー,ロビー・ゴンザレス,シャーリー増尾
キングレコード
セイリング・ワンダー(紙ジャケット仕様)
キングレコード
キングレコード
プレイズ スタンダード
Geneon =music=
Geneon =music=
峰(紙ジャケット仕様)
峰厚介五重奏団
Sony Music Direct

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« お酒のアルコールの強さとグ... | トップ | 河野ゆうすけピアノトリオの... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

CD&コンサートレビュー」カテゴリの最新記事