ほぼ週刊イケヤ新聞ブログ版

コピーライター・ミュージシャン池谷恵司の公式ブログです。
私的メールマガジン「ほぼ週刊イケヤ新聞」のブログ版です。

『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 』を読んだ

2009年09月22日 19時40分30秒 | レバレッジリーディング
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
美崎栄一郎
ナナ・コーポレート・コミュニケーション

このアイテムの詳細を見る


マインドマップとか、ノート術の本は、以前はよく読んだんだが、最近は一段落していた。
でも、RODIAのメモとオーディオブックの組み合わせで勉強をすると効率が異常にいいことに気づき、その後、ほとんどの時にメモを持っているようになった。

これは、やってみると俺にとっては革命的で、その時々に漂う思念、アイディアなどをすくい取ることができる、無意識に近い思念ってのは、いつも頭の中にあって、モノを考えようとしている「意識的」な状況よりもはるかに多い、長い時間、無意識のなかに漂っている、ということが認識できた。


で、この本を立ち読みしたらやはりメモを推奨しているので、買ってみたのだった。

この本では3冊のノートを使うシステムを提案している。

1)ロディアなど、小さな切り取れるメモ

2)やや大型のノート、母艦ノート。メモを張る。

3)スケジュールノート

である。

見開き単位で使い、実物を貼る、場合によってはデジカメやスキャン、その他も貼る。

母艦ノートはスキャンし、検索できるようにする。

メモのボツメモも、捨てずにスキャンし、組み合わせで考える。

とか。

再読しようと思っていますが、まずは、ノートで悩んでいるみなさんにおすすめ。

この著者の方は、花王の社員のようで、会社員ながら、こういう本を出版し、さまざまな勉強会を主催しているというエネルギッシュな方だ。いや、凄いと思います。尊敬します。

コメント (1)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 「迷ったら、やってみる」by ... | トップ | 子供メインのバンド「ビッキ... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます。 (美崎栄一郎)
2009-09-23 02:53:23
引用させて頂きました。ありがとうございます。

再読まで・・ありがとうございます。
著者冥利につきます。

続編も期待してます。

コメントを投稿

レバレッジリーディング」カテゴリの最新記事