退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1228:HDI 第2位

2019-06-15 09:31:40 | アメリカ便り
今朝はせっかくのセントルイスブルースの、スタンリーカップ優勝パレードがダウンタウンであるというのに雨。
それも雷を伴った手の悪いやつ。
何時からパレードが始まるかわからないけど、それまでにやむことを一市民として期待しています。
本当に快挙でした。
でも数あるスポーツの中で、アイスホッケーぐらい難しい、そしてスキルを必要とするスポーツはないのではないかと、先日の試合を見て思いました。

さて昨日の続きをちょっと。
キャシーのAT&T インターネット修理の人との会話です。
キャシーは3日間この修理係を攻めに行ったそうですが、これは2日目の会話です。
いかに、アメリカブルーカラーワーカーが賢くないかを物語るやり取りです。
と言っても、もちろんブルーカラーワーカーの全部が全部、と言うわけではありません。

キャシー:あんたたち、電話やインターネットなんて大事なことやっている人は徹夜で働かないの?
AT&T修理係り:イヤー、それはしないんだよ。何年か前に徹夜で働いていた女性が、帰り道事故に遭って死んじゃったんだよ。それ以来徹夜はないんだよ。
キャシー: ❓❓❓❓

と言った会話でしたが、さすがのキャシーもそれ以上は突っ込まなかったそうです。

私だったら:
このボケ、あんたら、‟シフト制”と言う言葉を知らんかいな?。病院でも電気会社でも、緊急を要する仕事をする施設は、3シフト制(8時間労働を3つに分ける)になってんでないの?。何かい、私たちの電話やインターネットが使えないということは緊急をじゃないのかい。
なんだい言い訳のもならない言い訳をしやがって。

てなことになるでしょうが、いやならない。
でもこういった言い訳を、あたり前のように、もっともらしく思うことができる人たちって、‟単純は幸せ”なんでしょうね。
と言うか、以前働いていた会社で、白人の修理屋が黒人の修理屋に、‟お前の脳は股間にあるのか?”と聞いていたのを、横で聞いていて、思わず‟プッ”と吹き出してしまったことがあったっけ。
‟黒人ばかりでは’ないでしょう、白人さん”、ですが。

皆さん、日本に住んでいるとわからないでしょうね。
こういったことがしょっちゅう起きているアメリカに住むということ。
そして、こういった入れ墨盛りだくさんの、オーバーウエイトのでかい体を持った、誰でも拳銃を持てる社会に住むアメリカ人を相手に、小さな口ばっかり達者な私、日本人が住むということ。

昨日見た私の特選偏りユーチューブを見たら、国際連合開発計画が毎年発表する人間開発指数(HDI) と言う、何だかさっぱりわからない指数で、日本はアイスランドに続いて世界で2位になったそうです。
この指数は国の教育(知識)、所得(GDP)、平均寿命(長寿)を複合的に計算しその国の豊かさや発展を表す指数だそうです。
海外では先進国の指数として認められているそうです。
なおトップ9は日本を除いてみなスカンジナビア、ヨーロッパ諸国です。

そんな国、日本に皆さんは住んでいるんですよ。
誇りを持ってください。
韓国、中国とはもう比べないでください。
そしてそんな国を子孫に残すためにも移民労働者はやめてほしいです。
そして岩屋防衛大臣を韓国に譲渡してくれ。

ハブグレジュンタのマミー
コメント   この記事についてブログを書く
« #1227: 腹立つ | トップ | #1229: 顔 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事