退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1029: ヘイトスピーチ、セクハラ、パワハラの判定基準

2018-05-31 08:17:19 | アメリカ便り
最近、仕事が忙しい。
しっかり稼いで、10月に日本に帰るときの資金作りをしなくては、、、
“日本人でよかったな~”、と感じる温泉、友達が備長炭で焼く焼き鳥屋、北海道なら回転寿司でもおいしいよ。
そして私が大好きなショッピング。
親切丁寧なお姉さんたちがいるデパート、ほぼ何でもあるコンビに、どこに行っても美しい日本。
お金が飛んでいくところは日本には盛り沢山。

そのために退職者の私は働いているのです。
生活費は年金で何とか。

火曜日に生後6ヶ月のキキちゃんは避妊手術を受けてきました。
薬で半分眠った状態で病院から戻ってきたキキちゃん、頭にコーン(傷を舐めらないように)をつけ、蟻んこさんみたいに“あっち向いてちょんちょん、こっち向いてちょんちょん”。と、方々にぶつかりながらふらふら歩いていました。
それがまたかわいい。
翌朝、薬が切れたらまたもとのADHDキキに戻りました。

さて今日のお題。
昨今いろいろ問題になっていますね。
でもパワーや金がほしいから人間はいろいろの面で上に昇りたい、と思う人がほとんどだと思います。
だからもともとがそのような人が、つまりパワーハングリーな人が、パワーや金を持っているのです。

というわけで、そのような人たちを相手に仕事やら、お付き合いをするには、女・男はそれ相応の下準備をして取り掛からなければいけないと思います。

ことが起こってから、何年もたってから表ざたにしたり、告訴したりするということはパワハラ、セクハラではなく、事が起きた時点での“取引”と思います。

セクハラ、パワハラセクハラを受けたことがない私が言うのもなんですが。

今日は仕事があり、おまけに歯医者です。

続きは次回。

ハブグレジュンタのマミー

PS.私は金も力もありませんが、勤めていた会社で、時々、男の人のお尻を“ポン”とたたくことがありました。
言われましたよ、“お前だけだよな、尻を触って問題にならないのは”。
コンプリメントと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« #1028: 大学のスポーツ活動の... | トップ | #1030: ヘイトスピーチ、セク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事