退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1306:みすてないで‼️

2019-11-04 08:05:42 | アメリカ便り

おはようございます。

昨日、福岡から来た友達に家の掃除をしてもらい、家中の水抜きをし、いつもなら70分で着く空港連絡バスがアウトレットモールの混雑のため、90分もかかりましたが、無事東京に到着。

しかしながら“水抜き”とは まさにそのなのとおり、家中の水周りから水を抜くのです。

これをしなかったため、1年間でシャワー蛇口、トイレ修理で、8万円かかりました。

でも今回は蛇口、ウオッシュレット、その他もろもろの全てのネジを緩めて、完璧に(と思う)水を抜きました。

モールの混雑を見ながら、“しかし日本人はショッピングがすきだな〜”と。

15年ほど前に仕事場に向かう車の中で聞いたニュースで、“日本人の一番の趣味はショッピング”と聞いたことがありますが、15年後の今でも当たっています。

夜は築地にあるホテル近くの寿司屋で、“やっっぱり寿司は北海道だい”と思いながら、寿司をつまみ、福岡の友達とビールで乾杯。

空港内で買った月刊誌“HANADA”、なかなかいいです。

今まで日本に帰ってくると、文藝春秋を買っていましたが、この2、3年面白くなくなってきたな〜と感じていたところでした。

何にでも周期がある。

私が利用するJALやANAにも周期がある。

良い期間が何年も続くとそのあと何年も悪い期間が続く。

だから私はJALとANAを時期によって替えて利用する。

今はANAですが、昨今“ちょっとね”という気がするので、JALに替える時期に来たかも。

でもどちらにしても昔のような“心のこもったサービス”というより、“仕事をこなす”と言った上っ面のサービスでしょう。

といっても、もちろん人により真心サービスは未だ健在ですが。

話はそれましたが、12月号HANADAに載っていたエドワード ルトワック氏の記事は非常に興味深く読みました。

韓国の間違った歴史認識の由来と原因というものを、ここまで明確に述べてくれた人は今までなかったのでは。

このお話は長くなるので、次回にしますが、興味のある人は是非読んでみてください。

今日はまず、いつものように靖国に行って来ます。

昨今の世界情勢、日本情勢を考えると、“もう神頼みしかないでしょう”、という感じがますますしてきます。

祖国をまもるために命を落としていった戦死者にとっては、見捨てたくなるような不甲斐ない現在日本社会。

一言、“みすてないでください”。

悪い時が有れば、きっと良い時も来るでしょう。

ハブグレジュンタノマミー

 

コメント   この記事についてブログを書く
« #1305:考えようよ | トップ | #1307: 無事帰ってきました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事