退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1115: 安倍首相に‟NO"

2018-11-25 07:02:37 | アメリカ便り
昨日のサムかえ子ちゃんのガラスセールは好調でした。
かえ子ちゃんたちにような芸術家は、それで食べていくまでには大変な努力が必要です。
あえて言えば、それだけで食べていける人はほんの一握り。
‟大変だ”と簡単な一言では言い表せない人生です。
自分の能力だけで生きていくのだから。
サラリーマンとは違う。
尊敬します。

昨日の続き。
以前も言いましたが、20年ほど前のアメリカの雑誌(サイエンティフィック アメリカ)に‟日本人は恐竜である”と紹介されました。
これば別に日本人が‟Tーrex"のように強いと意味ではなく、恐竜のように消えてなくなる運命であるという意味である。
端的に言えば日本人は絶滅危惧種であるということです。

昨今、安倍首相のやっていること、ロシア、中国への接近にしても統合型カジノ施設許可、そして、恐るべき外国人労働者の増加はすべて、絶滅危惧種日本人、日本に対してその絶滅に拍車をかけるものと思います。
アメリカに41年住んでいる私が言うのだから間違いないです。
一般的日本人は世界を相手には生き残れません。

はっきり言って‟食われます”。

日本人というのは良い意味にも悪い意味にも、世界にも稀なる人種であるということを知ってもらいたい。

東北震災のような最大限の窮地の時でも、助け合いそして、列を作り、顔に笑みを浮かべ静かに待っている人種って本当に、世界どこを探してもいないと思う。
ちょっとでも、災害や大事件が起きると、被災者を助けるのは当たり前として、暴動を抑える軍隊が出てくアメリカ、その他の国とは大違い。

人種の根本が違うのです。
必要(または必要でなくても)とあらば暴動を起こす人種(能動的)と待つ日本人(受動的)。
弱肉教職の世界、どちらが生き延びるか明らかです。

そんな外国人をもっと増やすだって!?
実に信じられない。
今すでに日本にいる在日が、不法移民がどのようなインパクトを日本に、日本人に与えているかわかってのことか、そこを知りたい。

在留資格が取れない不法移民は、資格が取れないまでも申請しながら、12年間は日本に滞在できる。

外国人労働者によるマイナス面とプラス面。
どちらが大きいと思います。
マイナス面でしょう。

日本は戦後6,7千万人から始まった。
今は1,3億人である。
つまり戦後の倍以上である。
間もなく団塊世代が70才を超すと言われています。
あたらしい外国人労働者を取り入れるのに、日本はいくら費やするのかわからないけど、こういったシルバー人材を雇用した方良いと思う。
フルタイムとは言わない、パートで十分。
パークゴルフをする時間の3分の一でも割いて、働けばよいと思う。
その方が、肉体的、精神的にもずーと良いと思う。

今まで苦労して働いてきたのは十分承知しています。
でも自分のためだけに時間を使うって、無意味な感じがする。
別に‟社会に貢献せよ”なんて大それたことは言わないけど、‟人のために何かをする”、という喜びを感じながら老後を過ごせた方が幸せと思います。
そのような環境を政府が整えたほうが、日本、日本人のためになると思うし、外国人労働者と取り入れ将来を不安がるよりましと思うが。

街角ごとに、コンビニを設ける必要はないと思うし、大型パチンコ屋、そして開店前から煙草をふかし列を作って開店を待っている労働者となるべき人間も必要ではない。
無駄を省いたら、このAI時代、果たして、外国人労働者なんて必要なのだろうか。

必要なのは、
1.子育て支援
2.シルバー人材活用
3.婚活













コメント   この記事についてブログを書く
« #1114: 安倍首相に”NO"  | トップ | #1116: クラストリップからの... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事