退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1139: 宣伝下手な日本が敗戦を招く

2019-01-07 10:05:34 | アメリカ便り
先回の続きは後回しにして、‟日本人が知るべき記事”を見つけたので読んでみてください。
私は、グローバルと言う言葉は嫌いだけど、世界に明確に日本の立場を知らせることは非常に大切と常日頃思っています。

今回の馬韓国の日本哨戒機に対するレーダー照射。
馬韓国の言い訳が一転二転三転四転もした後、今度は日本の哨戒機が韓国漁船救助の邪魔をしたとのことで、日本の謝罪を要求している。
そしてそのことを早々5、6か国ぐらいの言葉で、世界に発表したそうです。

今までの日本韓国の外交を見ていたら、本当に日本が謝るなんてことが起きそうですが。

岩屋防衛相は相変わらず、‟遺憾に思う”。
アメリカの軍事関係者は‟もしアメリカが日本の立場だったら、その場で韓国艦船を爆撃していただろう”。
なんという違いでしょうか、そしてこの違いはなんなんだろうか。
単なる、文化の違いでは収まらない気がするが、‟ライフルマン”と根本的に違う、‟ま~ま~と丸く収める日本人”。


極端だけど鎖国しか日本が存在していく道がない気がますますしてきた。
馬韓国を相手にこれだもん。

さて記事ですが、‟徴用工から北方領土まで 宣伝下手が日本の敗戦を招く”デイリー新潮からのものです。

https://www.dailyshincho.jp/article/2018/11270631/?all=1

ハブグレジュンタのマミー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« #1138: 私が嫌いな言葉、断捨... | トップ | #1140: アメリカ救急病院 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事