退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1308:エドワード・ルトワック氏

2019-11-09 11:10:05 | アメリカ便り

おはようございます。

只今土曜日の朝10時45分。

先ほど起きました。

こんなに朝寝をしたのは何年ぶりかしら。

と言っても寝る時にお風呂に入って、ついでにキキちゃんもお風呂に入ってもらいました。

夜の10時半のお風呂は、眠りモードに入っていたキキちゃんには刺激的だったようで、お風呂の後。いつも以上にワープスピードでハイパーとなっていました。

おまけにジュンちゃんとキキちゃん別々に寝せたら(私がジュンちゃん、主人がキキちゃん)、1時半ごろ目を覚まし、本を読み始めた私にキキちゃんが気づきクンクンやり始めました。

‟ずるいな~、ジュンちゃんだけがお母さんと寝て”、てな感じだったんでしょうか。

しょうがないな~、と言うことで二人を外に出しておしっこをさせ、主人の部屋に突っ込みました。

その後寝たり目が覚めたりと言う、いつもの反覚醒状態の睡眠を10時までやってました。

今は、今晩行くことになっているカ―メラ家パーティーのためにチーズケーキを焼いています。

チーズケーキと言うと知らない人は、”すごーい”と思うかもしれませんが、私がそんな‟すごーい”物を作るわけがないのです。

非常に簡単でクリームチーズ、サワークリーム、砂糖、卵、バニラを一緒に混ぜて、市販のクッキーシートにぶちまけて焼くだけ。

10分もかからず、オーブンに突っ込めるのです。

さて、昨日もその前回も話した月間HANADA に載っていたアメリカ元軍人さんエドワード・ルトワック氏の記事についてです。

私は以前愛読していた文芸春秋に時々‟読者の欄”に投稿していました。

50%の確率で、私の記事を取ってくれましたが(今まで、5回ぐらいですか)、以前も言ったように最近の文芸春秋はANAのサービスの様に‟ちょっとね”と言う感じになってきたので、読んでなかったのですが、愛国心の私がよく見る(聞く)‟虎ノ門ニュース”で月間HANADA がちょくちょく紹介されるので今回買ってみました。

一言気に入りました。

その中のエドワード氏の記事、まさにアイ・オープニング(衝撃的、とでも言いましょうか)でした。

韓国人の反日根性はすなわち、大戦中日本に従順に従うだけの臆病者父母祖父母に対する怒りから来ていると、私は解釈しました。

以下は昨夜HANADAに投稿し記事です。

12月号のエドワード・ルトワック氏の記事、”韓国よ、歴史の真実を学べ”を大変興味深く読みました。そして韓国人が持つ反日の本質と言うものを学んだ気持ちがしました。韓国人がどうして戦後74年たった今でも、ここまでと言うかますます、反日精神を貫いているのかわからなかった私には、まるっきり新たな、今まで知りえなかった知識を与えてくれました。韓国の反日感情は大戦中ドイツに服従していたオランダやスウェーデン人が、今もってドイツに対して抱いている反ドイツ感情と同じ理由からであるとは、私を含め多くの人が知る由もなかったことと思います。父母祖父母がナチスに抵抗もせず従順であった、つまり臆病者、奴隷的立場であったという羞恥心を隠すためであると氏は述べています。反日感情は韓国人が抱く自国民に対する怒りからきているような感じがします。日本にとってはとんだ迷惑。
更に氏は韓国側が‟苦悩に満ちた自国の再評価”、すなわち‟認めたくない己の姿や立場を直視する必要がある”と述べています。歴史的真実を直視できないのは日本ではなく韓国であり、韓国がそれをできない限り問題解決にはならないとも述べています。
氏は終わりに歴史調査委員会を発足し、真実の歴史を教え、日本がいかに韓国社会に’貢献してきたかをはっきりさせる必要があるとも述べています。
が、これには韓国人の気質を考慮すれば、徒労なことのように感じます。
更には国連も韓国の執拗なロビー活動に押されて、慰安婦、徴用工問題を入れた歴史的真実が見えていないと思います。そのため、韓国人、日本人有知識者がいくら国連で真実を訴えても無駄骨となっています。と言うことで、加えて私は現在の国連と言う組織も見直されなければいけないと思います。

以上、長くなりましたが。

ハブグレジュンタのマミー

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« #1308:ばかTV、見ないに越し... | トップ | #1309: 日本が消える日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事