退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1405: アメリカと日本の武漢ウイルス感染度合いの違いを、アメリカ生活43年の私が推測

2020-05-21 10:52:13 | アメリカ便り

鳥の餌を丸一日あげなかったら、みんな周りで待っていたようで、水やらヒマワリの餌、固形餌を入れ家の中に入るや否や鳥が一斉に餌場に群がってきました。

こんなことをしていたら、鳥に❝自分で餌をとるという本能❞を無くさせてしまうのではないかと言う心配が少し頭の中を横切ります。

アメリカの昨日1日の新感染者数23283人(日本は37人)で計1551680人(日本は16424人)、亡くなった方は1518人(日本は6人)で計93434人(日本は777人)です。

日本で今までに退院した人は計12672人だそうです。

アメリカでは6月には死者10万人を突破すると言われていますが、このペースでは後3,4日で突破しそうです。

どうして日本と我が第2の祖国アメリカ、こうも違うのでしょうか。

43年間住んでいて感じることは、アメリカと日本の、いわゆる常識のレベル、つまり民度が違うからと思います。

勿論肥満率75%、貧困、健康保険、BCG 等と言ったこともありますが、それらは誰もが考えることができるので、これからはアメリカ生活43年の私だけ(?)が考えられる意見を述べます。

それが正しいとか間違っているとかは知ったこっちゃないですが。

どういうことかと言うと、まず、究極は暴動略奪ですよね。

武漢ウイルスにはちょっとかけ離れてて、皆さんは、❝ちょっとなに言ってるかわからない❞、でしょうが。

アメリカは何かあると、どさくさにまぎれた火事場泥棒的暴動略奪が本犯に起きます。

でもこの現象はアメリカばかりではなく、ほとんどの国で見られる現象ですが。

そういったものがない日本は世界でも非常に希な国と思います

以前ミズーリ州で起きた警官による黒人射殺事件を覚えていると思いますが、これに順次て起きたのが略奪暴動。

群衆により関係のない店から商品は奪われ、店は破壊されました。

そこいらに駐車している車はポリスカーでも燃やされました。

良い悪いの常識レベルに大きな相違がある。

極端に言えば、❝こういった事態では略奪暴動が許されるのだと言う常識❞を持つ国民が、雑多人種で形成されているアメリカにはたくさんいるのです。

先月ミシガン州で知事に対してStay-home order を緩和するようにとの住人のプロテストがありました。

この知事は❝ちょっとね~❞と私でも思いましたが、このプロテスト参加者も❝ちょっとね~❞でした。

とにかく家の中から出るな(ほぼスーパーに行く以外)とオーダーする知事に対抗して住人は首都に集まりプロテスト。

中には機関銃を抱えた人も堂々と参加していました。

❝プロテストに機関銃で参加❞、とか❝どさくさにまぎれた略奪暴動❞、と言った行動が、私が常識レベルに差があると言う由縁なのです。

日本では東北大震災があった時でさえ、略奪暴動は起きませんでした。

アメリカでは場所により災害があったら、災害そのものの他に暴動略奪の心配をしなければいけません。

2005年にニューオリンズを襲ったハリケーンの時もその例です。

日本では火事場泥棒は恥べき行動と言う常識が通っています(と私は信じています)。

アメリカは人助けのボランティアーが非常に盛んにおこなわれていますが、方や、こういったボランティアー精神とは真逆の略奪暴動も行われています。

結論で言えば、この常識のレベルの差が日本とアメリカばかりではなく、日本と他外国との間の感染者死者数の差に出ていると思います。

そしてあちらこちらでロックダウンが緩和されてきたアメリカ、国民の常識レベルを見ても第2波武漢ウイルス感染が起きると思います。

日本は、❝水際対策なんのその❞と2F などの親中派議員により汚染されない限り、つまり海外からの入国を許さない限り第2波だか3波は来ないと思います。

日本政府官庁がこれだけ統率心、決断力、責任感に欠いた組織であるのに、日本がうまく武漢ウイルス感染をコントロールできているのは日本国民のすべてに対する常識レベルの高さによると思います。

だから私は日本人に感謝します。

そして私もその日本人であることを誇りに思っています。

ハブグレジュンタのマミー

 

コメント (12)   この記事についてブログを書く
« #1404: 過去と未来の間で生き... | トップ | #1406: Youtubeが面白い »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Mrs.Coron)
2020-05-22 07:12:29
五輪エンブレムをコロナに仕立てた
海外特派員協会の言い草が
「パロディーを解しない国は先進国の
うちでも日本くらいだ。
欧米では問題にならない。」
と言ってました。
いぁ、ばかばかしくて幼稚すぎて
民度の高い日本人としてその開き直りは
笑う価値もありません。
「欧米では~」云々とは、そもそも
欧米主義の上から目線。
五輪エンブレムが政治権力を表しているものではなく、
「パロディー」にするそのものの知識がないのではと。
政治・権力を風刺するのとはまったく別なもの。
ウイルス感染症の緊急事態宣言による
外出・休業自粛の「要請」に粛々と応じる
(中にはそうでない店舗・人たちもいましたが)
よく言えば「常に横並びのDNA」を持ち、
「公共における道徳心」を持つ日本人。
まぁ、それが常にいいほうに出るとは限りませんが、今回のこの騒ぎは誇れる日本人
ですよね。
Unknown (Mrs.Coron)
2020-05-22 07:19:50
おっと!!
道徳心どころか職業倫理もない
検事長という肩書を持つ黒川という
日本人が出現しました。
辞表提出だそうで・・・訓告では軽すぎる
「おばかぁ~~~~っ!!」という言葉を
贈りたいと思います。
結局のところ・・・ (maru36)
2020-05-22 11:02:20
ハブ姉さん
結局のところ 感染症ウィルスより何より
一番怖いのは、人間 という事のようですね。
相手の事を考えて とかしてたら生き残れないんでしょうねぇ~
良くも悪くも 日本人は、その社会で生きて行くの大変そう。。。
特に今の日本人は・・・
温室 (goma)
2020-05-22 11:10:42
コメント失礼致します。
覚えておられるかどうかは分かりませんが、過去に「超越論的思考生活」というブログをやっていたgomaです。

民度についてですがアメリカの方たちはある意味「逞しい」のかなと思ったりもします。
生きる力があるのかもしれません。
(日本人にそれがないという意味ではありません。)

日本は島国ですのである意味「温室」とも言え、そういった殺伐としていない環境がもしかすると民度の高さに繋がっているかもしれない、とか思ったりします。

その中でも、特に僕などは餌をもらいにくる鳥たちのような超温室育ちの人間であると最近自覚しましたが、自分の力で生きようとする気力がなかったとも言えます。

アメリカの方々の逞しさ、そして日本でも色々な社会的役割を持って働いていたり、社会を支えていらっしゃる方々の逞しさを見習おうと感じました。
Unknown (あほうどり)
2020-05-22 12:17:41
いつもながらスッキリする物言い。拍手拍手。最近は日本でも火事場泥棒的な輩が出て来てますが、民族違いの人でしょう。
 今日のブログにマミーさんから得て、成程と感じたものの一部を盗用記載してしまいました。ゴメンナサイ。
Unknown (meg)
2020-05-22 17:29:12
こんにちは。新緑の美しい良い季節になりましたね。 
 なるほど。日本人とアメリカ人。民度の違いですか。私は陽気なアメリカ人が大好きなのですが、すぐ暴動、略奪の行為に出る過激で短絡的な人たちは怖いですね。マミーさんの分析から考えると、「どうしてアメリカでは銃規制ができないのか?」という疑問も解決できるような気がします。「銃を持つことは自己防衛」という理屈に行きついてしまいますね。アメリカは、いまだ開拓時代の西部劇みたいなこをやっているのですかね。
 それと比較すると、日本人は本当に忍耐強いです。「軍隊みたいだ」と、よく非難されますが、日本の子供達は、小学校に上がると、整列、順番を守るなどの集団行動を徹底して訓練されますから。
 ところで、日本では「外出規制を要請する」というゆるゆるの規制が上手く機能しています。日本人は、本当に真面目だなあと思います。ゴールデンウィーク中、乗客がゼロの新幹線が走っていたのですよ。でも、我々が恐れているのは、コロナVirusそのものもそうですが、感染することによる「村八分」なのです。日本は江戸時代からの五人組、隣組による相互監視機能がいまだ強く、特に田舎ではそれが顕著です。外国ではコロナの治療を終えて帰宅する人を、近所の人は拍手を持って迎えるそうですが、日本では近所の人は皆逃げてしまいます。関わりたくないのです。だから、我々は勝手な行動は取れない。今はまだ感染出来ないのです。そんな恐怖が外出を自粛するという行動に結びついているような気がします。良くも悪くも「世間を気にする」日本人の性なのでしょうね。
 我が家は、毎晩夕食後に運動不足解消のため1時間ほど歩いています。夜でも安全で何の心配もなく外出できる日本に住んでいることは、ありがたいことなのですね。
Mrs. Coronさんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2020-05-23 11:17:47
いつもコメントありがとう。
趣味が悪いですね。本当にブラックユーモアです。でもその陰には小さい頃からこのオリンピックにかけて生きてきた若者たちがいるってことをまるっきり忘れている。どれだけ苦労してきたかをあざけ笑うような行為、こいつらをつぶしましょう。しかし、この海外特派員協会ってただの反日の集まりです。ちなみに私はオリンピック反対派なのです。
Mrs. Coronさんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2020-05-23 11:23:03
黒川さん、退職金は7000万円だって。嘘みたい。そして退職したら弁護士かなんかやってまた稼げる。おかしいです。この人、かけ事とか、やっちゃいけないことを取り締まる側の人ですよね。犯罪なんですよ、かけマージャンだって。犯罪を犯した人が辞職でハイさいならで済むとは。懲戒免職、資格はく奪でしょ。
Goma君へ (ハブグレジュンタのマミー)
2020-05-23 11:44:24
コメントありがとう。
覚えていますよ。何回かコメントあげたよね。
アメリカは厳しいですよ。そしてお金がないとより厳しい生活が強いられるとことです。大多数の大学生は自分で学費やら生活費を賄っています。日本の大学生とは比べものにはならないくらい大変です。と言っても勿論日本の大学生みたいのもいますが。民度の違いと言うより、文化経済の違いでしょうね。日本はなんだかんだと言っても親が子供の学費や生活費を工面できるぐらいある程度余裕があるのです。アメリカの親でそのような余裕を持っているのはそんなにいないと思います。そして子供も親からの援助をそれほど期待していないと思います。でもGoma君は日本に住んでいて医学部と言う金のかかる学校に行ける。多分親が援助してくれていると思うけど。そういう環境に感謝してください。
maruさんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2020-05-23 11:51:23
中国いろいろ大変ですね。洪水やら砂漠トビバッタ(もう来たのですか)やら。おまけに習近平と言う業突く張りのおっさんがいるし。本当に今の草食系の若者には心配させられます。ゆとり教育で、苦労したくない人生を送りたい若者であふれている。道理で少子化にニートばかり。日本はチャンスがある国、なんでもできる国と思うのですが、それを模索しない若者。もったいないです。せっかく自分次第でチャンスにあふれた国なのですが。

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事