退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1345:コロナウイルスが心配だけど、遊ばにゃならぬ。

2020-02-01 09:22:00 | アメリカ便り

おはようございます。
今朝、5時に神田のホテルを出て羽田空港に5時45分到着。
6時半発に変えてもらおうと思ったら、アメリカで買った航空券のため変更ができないとのこと。
7時半まで時間潰し。
開いていた朝ごはん2種類のお膳しかない店に入った。
味はいいけど鮭定食、指先ぐらいの付け出し数種類を小皿に盛って、上品に仕立てた分もお金をとっているってな感じ。
おいしかったけど、サービスが非常に機会的。
2種類しかないメニューなのだから、それほど体力と能力を必要としないのだからもう少し、スマイル、おもてなし感があってもいいと思うが。
店員が皆無愛想、朝ごはんに大枚叩いたのに。
もう入らないでしょうね。
いつもは中国人で溢れかえっているゲイト付近は気抜けした感じ。
札幌行きなんて、いつも70%ぐらいはうるせー中国人でごった返しているのに。
今日はスキー客でしょうか、白人が結構いました。
そういえば、ホテルでコロラドからスキーに来た若者に会いました。
私だったら、コロラドでスキーができるのになんで日本なの?と聞きたいですが。
キーストーン、ブレッケンリッジ、ユタのパウダーバレー、いいところがたくさんあります。
そんなところを知っている私は、日本にわざわざスキーに来るなんて 信じられないけど。
コロラドのスキーパスを買ったら日本のスキー場のパスもついているとのこと。

さて、今は千歳空港から家の近くのホテル行きバスの中で書いています。
今朝のYouTubeで参議院議員の青山さんが書いたTwitterが話題になっているそうです。
なんと、我が日本政府が、久しぶりに私に“あ〜日本人でよかった“と思わせる行動をとっていると紹介したそうです。
武漢からの日本人が日本のチャーター便で到着しましたが、出発前に言葉で乗客から検査の承諾をえたそうで、日本到着後、病気の人は病院へ、そして何でもない人たちも2週間の潜伏期間を考え、ホテルに隔離したそうです。
私が最初聞いたときには、検査をしてなんでもなかった人たちは自宅待機と聞いたのですが、“あ〜〜これまた、政府のザル対応をやってる“と思ったのですが、そうでもなかったようです。
ちゃんと2週間隔離するそうです。
しかし、二人の乗客が検査を受けることを拒否したそうで、さっさと家に帰ったそうな。
このアホ二人、危機感がないと言うか、こんな大事なことを拒否するなんて考えられないのですが。
協調性のない自我の強い在日に違いないと私は勝手に思っています。
もしコロナウイルスを持っていたなら散々ウイルスをぶちまけた後であろうに、今日になって検査を承諾したそうな。
ある人が検査拒否されても仕方がないと言ってましたが、その理由というのが、検査を強要するということは中国から来る全ての人たちにも同じことをしなければいけないと。
そして、2週間ホテル待機ということもさせなければいけない。
そうなったら中国から人が来なくなるという嬉しい現象が起きるだろうに。
観光業には痛手でしょうが。

と、ここまで書いて2月1日となりました。
身を粉にして(?)外人5人の相手をしています。
今日はこれからダウンタウンです。

ハブグレジュンタノマミー

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« #1344:  | トップ | #1346:新型肺炎治療薬 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事