退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1284:

2019-09-09 10:01:02 | アメリカ便り

おはようござ追います。

クリーブランドンのホテルにいます。

昨日は我が家から強風雷雨と共にジュンチャンキキちゃんを車に乗せ、息子のところに行き犬ちゃんを下ろして息子の運転で空港へ。

ちなみに今、息子からメールが入り、”もうジュンキキは絶対面倒を見ない“といってきました。

さてさて、キキちゃん一体何をしたんでしょうか?

ジュンちゃんではないことは確かです。

いそがしい娘、今週1週間休みをもらえたそうで、私は2泊3日の予定です。

昨日は着いてから娘にピックアップしてもらい、まっすぐ娘とボーイフレンドの住むアパートへ。

お昼はは近くのイタリアレストランで。

それからアートミュージアムへいってから夕食のお買い物。

夜はすき焼きを3人でたべました。

今日は

これからショッピングでしょう。

話はガラッと変わります。

河野さん、防衛大臣になりそうですね。

外務大臣もてきにんでしたが、防衛大臣もこれ又、適任となるでしょう。

しかしながら、あの岩屋さん、いったいなんだったんでしょう。

哨戒機レーダー照射では、なんたって“にこっと握手”すからね。

自衛隊が命を落としかねない状況のさなかで。

なんなんですか、この防衛大臣。

閣僚としては二度と顔を見たきたくないです。

この人が防衛大臣になる時、裏でどんなとりひきがあったんでしょうか。

先日きいた武田邦彦さんのでた虎ノ門ニュース。

あれっと思ったことがありました。

武田邦彦さんと須田さんのやり取りの中でのことです。

武田さん”韓国と必要なの嫌韓じゃなくて、友好(融和?)“といったんです。

でも武田さん、以前聞いた時は”僕は韓国が嫌いで、はなしもしたくない“といってた思ったけど。

それだけで、わたしは“この人良い”と思ったんだけど。

一般的な話で、“俺は韓国嫌いだけど、みんなは友好を保たなくてはいけないよ”といった感じの意味での今回の話だったのか。

でもこの武田さんって、わたしが感じるに、青山繁晴さん的な感じがする人で、なんか言ってることをまるまるうにむのみにしてはいけないか気がします。

おかしいことをいうのです。

といってもわたしからしたことで、わたしがおかしいのかもしれませんが。

いやそうなのだ。

今回の韓国と友好だか融和だって。

はっきり言って、小学校低学年レベル韓国と日本が融和にしても友好にしても、いっしょのレベルで出来るわけがないない。

だから必然と離れているのが一番良いことです。

今、今アイパッドを使って書いているのですが、非常に疲れます。

ということで、きょうはこの辺で。

ハブグレジュンタノマミー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« #1283: 河野外相がブルームバ... | トップ | #1285: 政治が面白い。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
(一。一)ナガイメ (テレビとうさん)
2019-09-10 07:32:22
武田先生は「好き嫌いは兎も角、表面上は友好を保たなければ、過去の経験から戦争に繋がる。」と言っていたような記憶が有ります。実際に、話しをしたくない嫌いな人とテレビ番組で「話し」をして、握手もしてました。

青山議員も同様に「自分の考えは変わらないが、制度には従う。」と云う、大人の対応と言ったところでしょうか。

この理念が正しいか、功を奏するかは判りませんが、大変な努力をしている事は確かです。

(一。一)で見てやってください。
そうですか、、、 (ハブグレジュンタノマミー)
2019-09-10 09:23:43
テレビ塔さん、コメントありがとうございます。
ご助言、ありがたいです。
わたしは単純なもんで。
でもそういうのって、やるに値する人、又は国に対してするのはいいけど、こと韓国に対してはどうでしょうか。わたしにとっては韓国は取るに値しない国と思いますが。中国、ロシアに対しても同様で、やはり、よくないこと嫌いなことははっきり意思表示をするべきと思います。今までやってきた中途半端な対応が、今の日韓関係を築き上げた理由の一つと思います。
アメリカに長く住み過ぎた私ですが。

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事