退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1196: 国家斉唱国旗掲揚に疑問、に疑問…

2019-04-18 09:48:49 | アメリカ便り
現在65才の私が小さい頃は、祝日ともなれば戸口に旗が立っているのはごく自然であった。
今はそんな家があったら、‟あれ❓‼”と共に、懐かしさを感じる。

私が長年住んでいるアメリカでは、‟国旗掲揚”はごく当たり前のこと。
我が家の周りでもごく普通に、一年中、庭先に立った柱に国旗掲揚をやっている家々がある。
私の散歩コースの家の庭に立っている旗は、雨風に何年も当たっているため、ボロボロになっている。
‟こんな威厳のない旗、いつまでも立てていちゃー、かえって国家を侮辱することになるんじゃない?!”と、みすぼらしくなった旗を見るたびに感じますが。

クリスマスに、‟アメリカの市民権を採らないということはよくない”と言う言葉と共に、義母から送られたアメリカの国旗をあげようかな~”なんてことを考えます。

私は人生をできるだけシンプルに生きることを目標としています。
だから考えなくても良いことは考えないことにしています。
だから、国旗掲揚国家斉唱に異議を唱え、全力を注いでそれに反対する人たちの気が知れません。

国旗掲揚国家斉唱がこれほど問題になる国はほかにないでしょう。
一言、‟ばっかじゃない。もっと他に考えなければいけないことないのかい”。


例えば、いじめをなくすにはどうしたらいいか、朝鮮人学校無償化は必要か、月9千万円もの外国人旅行者によってぼったくられている医療負担をどうやってなくすとか、この時勢に200人もの日本人議員を○国に送ると約束した二階と言うおっさんをどうしたらいいか、そして、この200人の議員”を時期選挙で落とすためにはどうしたらいいか、とか。
本当に考えなければ問題と言うのは、日本中の○日の数と同じぐらい存在しています。

私がこの、卒業式時期には必ず出てくる国歌斉唱国旗掲揚問題に思うことは、

国旗は軍国主義の象徴でもなければ、天皇の象徴でもない、日本国の象徴なのです。
そして、国旗は独立国日本を表し、我々国民はその日本に住み、守られているということなのです。
それを否定すると言うことは、日本を、日本人であるということを否定することにほかありません。

このブログを書く上で、ネットをサーチしていて下記の論文を見つけました。
非常に正論と思います。
興味がありましたら、是非読んでみてください。
長いので、結論だけでも良いです。

国歌斉唱国旗掲揚のネガティヴ面だけ議論されてきましたが、国歌斉唱国旗掲揚が無くなった場合のネガティヴ面が今まで問題にならなかったのは、教育委員会の‟わかっていないね!”でしょう。

https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/10124/25-6_n.pdf#search='%E5%9B%BD%E6%AD%8C%E3%81%8C%E5%8D%92%E6%A5%AD%E5%BC%8F%E3%81%A7%E6%AD%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%99%82%E6%9C%9F'

ハブグレジュンタのマミー



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« #1195: 国歌斉唱国旗掲揚、あ... | トップ | #1197: 今日は短く »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
国旗 (ままちゃん)
2019-04-19 00:56:28
いつぞやはコメントをありがとうございました。

合衆国国旗だけではありませんが、国旗掲揚には割とたくさんルールがあり、色褪せたり、端がちぎれていたり、つまりみすぼらしい国旗は、取り外し、新しい物と交換することもその一つです。処分方法は、大抵は儀式を伴った焼却ですが、このようなことはBoy Scouts of Americaのローカルチャプターなりに連絡をすれば、応じてくれます。掲揚するにも、国旗のどの部分も土に触れてはなりませんし、正規の掲揚法をきちんと守るべきです。このことは、長い間ボーイスカウト活動を支援してきたので、習いました。一般には、こうしたルールを守らない個人宅も、商業施設もありますが、そうした「くたびれ切った」国旗を見ると、胸が痛みさえします。少しでも合衆国歴史を紐解いたならば、その理由は明白です。

日本国旗はさっぱりと美しく、私は大好きですが、この素晴らしい国旗や国歌を日本ではびくびくしながら、掲揚したり、斉唱したりするようで、それは悲しいことです。最近合衆国でも、プロスポーツ、特にフットボールでは、国歌を歌わず、胸に手もあてず、片膝をつくだけの、「抵抗スタイル」が「流行って」いますが、恩恵は享受しても、国歌への忠誠心はみせてはならない、ということでしょうか。

ママちゃんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2019-04-20 00:03:05
コメントありがとうございます。
そういう条例があったのは知らなかったです。でもそういう条例あって当たり前と思います。国旗は国歌そのものですから。私も日本国旗は大好きです。旭日旗も大好きです。日本は隣国の心情ではなく、日本人の心情を大事にした政策をしないといけないのですが。どうなっているんでしょうね。昨今の反日による嫌韓で日本人の魂が少しはよみがえったように感じますが、それも一般日本人の中であってで、政治官庁にはまだまだ、‟慣例どおり”がまかり通っている気がします。‟反日に金を使わず日本人に使え”とある政治家が言いましたが、この当たり前のことがどうして政治の世界では通じないかわからないし。

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事