退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1335: おかしいな、いつの間にか加害者が被害者

2020-01-06 10:36:36 | アメリカ便り

昨日は娘、主人、息子へのクリスマスプレゼントを返品するためにショッピングモールへ行ってきました。

アメリカはこうやって返品自由の国なので、娘や主人のような難しい家族を持つ私にとっては大助かり。

おまけに、‟ちょっと高かったな~”、と言った後悔をするような買い物とした後でも、返品できる。

一度、‟洗濯したら破けたから返品”してくれしてくれ!”、なんていう無茶苦茶な客を見たこともある。

はたまた、高校生がプラムと言って卒業ダンスパーティー用の一度しか着ないようなドレスを買って、値札(たいていが襟ぐりについているので、取らなくても隠して着ることができる)をつけたままパーティーに出て、終わったら、‟違うものを買ったから返品”、なんて適当なことを言って払い戻しをしてもらう、なんてこともあります。

アメリカの返品現状はすごいものですよ。

こういったアメリカ根性一つとっても(関係ないけど)、‟日本が戦争に負けるわけだ”と痛感します。

今朝、虎ノ門ニュースで岸田政調会長が、今回のゴーン犯罪者の恥も外聞もない逃避行に関して、‟日本の司法制度の信頼を取り戻さなけれいけない”、とサンドイッチマンじゃないけど、‟ちょっと何言っているんだかわからない”的発言をしたと言ってましたが、これなんですよね、日本人の特性は。

‟相手の非を考えるより、自分が悪いことしたんじゃないかと考える方が先なんです”。

こんな国民どこにもいないですよ。

自分が悪くても相手に責任を擦り付ける国、国民ばかりですから。

そういう私も43年アメリカに住んでいますが、いまだ、その日本人気質が残っています。

何か起きると、‟あれ、私がわるいのかしら?”、とすぐ考えてします。

岸田さんもその日本人の気質のせいかどうかわかりませんが、間接的に犯罪者‟ゴーンが逃げたのは日本の司法制度が悪かったからだ”、なんて言って犯罪者ゴーンの肩を持つ発言をしている。

悪いのは、犯罪者ゴーンの弁護士と日本の法に背いて楽器の箱に隠れ、トルコの関係者を‟協力しないと家族に危害を与えるぞと脅し、不法出国不法入国した犯罪者ゴーンなのです。

この段階では日本の司法がどうのこうのなんて関係ないのです。

こういった考えが、加害者を被害者にしちゃうんですよね。

自民党の政調会長でこの程度ですから。

IR汚職にしても本当に政治家政界には希望を持てないです。

しかしながら、秋元議員と岩屋元防衛大臣がパチンコ連盟の一員だったとは知りませんでした。

でもその名前はIR汚職が発覚する否や、連盟の名簿から抹殺されたそうですが。

闇は深そうですね。

シーダーワックスウイング(ヒレンジャク)をついに見ました。でもいつものように大群は見られませんでした。

 

 

 

ハブグレジュンタのマミー

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« #1334: あっという間に1月5日 | トップ | #1336: »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はるばる (テイタイムryo)
2020-01-08 02:06:32
海外の空から「いいね!」の

リアクションありがとうございます。

43年間もアメリカにお住みなのに
日本の心をお忘れにならなく暮らしていらっしゃることに
敬意を表します。

我が身内にも(姪の婿)海外から日本国に
住んでいる者が居ります。

どうも、はじめまして (ハブグレジュンタのマミー)
2020-01-08 10:20:53
Ryoさん、初めまして。
コメントありがとうございます。
43年住んでいても日本人100%ですよ。
ブログは初めて6年になるでしょうか、Ryoさんの半分です。3日坊主の私ですが良く続いていると私でも感心しています。でも楽しいですね、自分の思っていることを好き勝手に書くということは。これからも楽しんで続けていき地と思います。Ryoさんも、コーラスに、ベルにと忙しいでしょうが、毎日楽しんでお暮しください。

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事