退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

1191: 私がアメリカに住み続ける理由。

2019-04-11 07:39:30 | アメリカ便り
大型連休が目の前に迫っております。
日本人の皆さん、日本大使館も立てられないような隣国には、くれぐれも行かないように。
外交もへったくれもない国、慰安婦像やら徴用工像で散々嫌がれせをしている国になんて、日本大使館なんていらないでしょう。

食べ物には雑巾のしぼり汁、唾を入れられ、トイレ、ホテルを含んだあらゆる場所には盗撮カメラが設置されているし、ぼったくりタクシーや飲食店等等、経済が最悪に落ち込んだ国、逆切れ国、この世に存在しない国と思った方が良いです。

ノーと言えない日本人、行っちゃいけない国はたくさんありますが、この隣国は筆頭国でしょう。
それでも、隣国へ行きたい人は下記のリンクへ行ってみてください。
それでも、それでも行きたい人は、勝手にしてください。

https://www.youtube.com/watch?v=xkdV_FSYi04

昨日、一昨日とホームセンターに行って庭用の花をたくさん買ってきました。
それを鉢に入れたり、庭に植えたり。
私がガーデニングするのは、年にこの時期の2,3日だけです。
そして昨日の夜は、おなじみの2時間2ドリンク2アペタイザーのハッピーアワー。
2週間後にまたやること、そして一緒に行く旅行の話をして解散。
4人で旅行に行こう、と話をしているのですが、まだシカゴへ1回しかいったことがありません。
いろいろ行きたいところはあるのですが。

昨日、中学の同級生から手紙が来ました。
同年会を6月15日にするとのこと。
私は親父の都合(一度は官舎を炎上させ、次は転勤)で中学校は3回変わっています。
この中学は2年生から通いだしたところです。
そんな転校生でも、‟どこででも生きていける私”はみんなと自然に溶け込んでいきました。
これも反面教師の両親を持った子供の特技です。
小さな町の小さな中学校、冬の体育授業は裏山でスキー(カンダハーですよ)。
リフトなんかもちろんないから、足をめいっぱいに開いて、八の字を書いて登っていく。
スキーって楽しいどころか苦しい、イヤーなスポーツでした。

‟15日か~、1日は検査技師学校の50周年もあるし”と言うことで、帰りの飛行機を私の分だけかえようかな、とも思ったけど、めんどくさいし、料金もキャンセル料やら、新しいチケット購入で大変なのでやめました。
行きたいのはやまやまなのですが。
娘との旅行を選びました。

もうこんなに長くなったので、‟アメリカに住み続ける理由”はまたまた次回になってしまった。

昨日キキちゃんジュンちゃんと散歩中、フクロウがわずか2,3メーターの近距離で私たちを見つめていました。
急いで家に戻り、カメラを取ってきました。
そしたら、まだいたのです。
で2枚撮ったところで、フルーアウェイ。


さすが猛禽類、こうやって見ると爪がすごい。

ハブグレジュンタのマミー



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« #1190: 私がアメリカに住み続... | トップ | #1192: 私がアメリカに住み続... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sealion)
2019-04-11 23:13:22
こんばんは。
このフクロウ、よく撮れましたね。家の近くに住んでいるのですね。自然豊かなところなんですね。きっと。

1にも2にも3にも人と同じではないこと、考えさせられます。
前任者のやった仕事を焼き増しするだけの業務は、実はスクラップすべきものなのかも、とちょっと別なことに思い至ってしまいました。
びっくりです (ハブグレジュンタのマミー)
2019-04-12 10:19:12
コメントありがとうございます。
35年住んでいる我が家は林の中にあります。七面鳥は出るは、白頭鷲は毎年巣を作るは、シカはもう頻繁。コヨーテは見たことがないけど声は聴きます。気に入っています。
フクロウ(Barred owl)をこんなに近くで見たのは35年間で2度目です。もっと良い写真を撮ろうと思ったら逃げていきました。鳴き声をユーチューブで聞いてみてください。何とも言えませんよ。真っ暗な夜にこの声を聴くのは。
人生様々です。何が良いか、結果は死ぬ時でないとわからないでしょう。でもできる限り好きに生きるのが一番。大切なことはやはり、‟己を知る”でしょうね。私はそれを目指しています。









カンダハー懐かしい (funaz70)
2019-04-12 19:46:24
小学1年生の時、アジアスキーのカンダハー付のを買って貰ったんです。三馬ゴムの靴も一式ですストックも竹ではなくプラ製です。それまでゴム長靴で木のスキーでしたから。天狗山のふもとの荒川牧場の小高い山の斜面を滑ってました。70歳過ぎてスキーもスケートも滑れるつもりですが、チャレンジする気はあります。
funazさんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2019-04-14 21:02:14
コメントありがとうございます。返事遅くなりすいません。私もゴム長に木のスキー、そして竹のストック覚えています。時代を感じます。天狗山と言うと、高校時代のスキー授業が時々そこでありました。今でも札幌に3月の終わりにでも帰る機会があったら、中古で買ったスキーをもって、近くの山に滑りに行きます。‟おっくう”と言う気持ちが、より年寄りにさせるので、そういった気持ちを吹き飛ばすようにしています。

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事