退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#996: 内閣と財務省の関係

2018-03-12 21:24:38 | アメリカ便り
ADHキキと私の戦いは相変わらず続いております。
おきている間中15分おきにそこらへんでおしっこ。
すぐにきれいにしないと、食べられてしまううん子。
大して水を飲んでいないのに、どうしてこんなにおしっこが出るんでしょうね。
夜(11時から5時ぐらいまで)はケージに入れるのですが、そこではおしっこをしない。
ひょっとして、気を引きたいからやっているんでしょうか。
日本から帰ってきたら、しつけ教室に通うつもりです。
今まで飼った犬で“しつけが必要”と思った犬はいなかったけど、キキちゃんは“我が強過ぎる”。
私が怒ると怒り返して来る。
ほえるので、レモン水を吹きかけると(以前ドッグトレイナーから教わった)、どうもそれが好きなようで、一生懸命なめる。
なんちゅう犬だ。

今日は仕事の合間に、森友書き換え問題について、いろいろなYOUTUBEを見ていました
といっても私は自他共に認める、“愛国安倍首相大好き(アキエ夫人は切り捨てて考えてます)、反日在日を日本から削除”人間。
だから、もちろん安倍寄りの偏ったYOUTUBEしか見ませんが。

いろいろ見た結果、私が出した結論は以下のとおり。
1.結局は近畿財務局がやったちょんぼ
2.近畿財務局は特別にその土地に根付いた所なようで、地元を大事にする。
3.森友の土地はごみの山が更地にされたところ、そして昔は騒音苦情で騒動(この騒動も朝鮮人がいろいろ非現実的な難くせをつけて起こした騒動)で誰も買いたがらなかった。
4.そんな土地を近畿財務局が金を生み出したいがために売った。
お金を払っても買ってくれる人がいなかったような土地だったそうです。といっても、そんな土地だから、何をやっても許されるといってはいません。
5.いざ、土地を整地し始めると、ごみが出てくる、それで、森友は“なんだこんな土地を売りやがって、まけろ”といことになり、ここで8億円という数字が出てくることになる。
6.書き換えは、佐川さんの国会での証言にあわせるため行われた。ひとつを書き換えるため、いつの間にか14箇所の書き換えが必要となった。4人の国会議員の名前が出ているが、それは別に安倍おろしの理由にはならない。
安倍アキエ夫人の名前も出ているが“いい土地ですね、前に進めてください”と言っただけで、“別にいいじゃん、なんでもないしょ”、です。
安倍首相の名前も出ていると聞きましたが、その話は私が今日調べた限りでは、わかりませんでした。

財務局の責任がどのように内閣に響くのかわかりませんが、野党にとっては格好のえさになるでしょうね。
でも森友自体が野党の裏工作の賜物と言われている所もあるので、この先調べが進むにつれ、今度は野党のちょんぼが明るみに出てくる気がするけど。

公文書書き換えは絶対あってはいけないことです。
佐川さんはやめて当然と思います。
書き換えの発端がこの人なんだから(と私は感じる)。

でも朝日新聞がどうやって、この秘密証拠を何日も前につかんだのか、そのほうが問題とも思えるけど。


ハブグレジュンタのマミー





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« #995: なんで? | トップ | #997: 日本でのテロ行為 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事