退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1093:寝れない

2018-09-20 08:14:34 | アメリカ便り
総裁選、安倍首相が勝ったのでまずは安心。
でも国会議員票は圧勝だったけど、地方票は接戦でした。
これはどう解釈したらいいもんでしょうか。
石破さんが、地方創生をより訴えたせいでしょうか

今のグローバル時代、安倍首相しか日本を任せられる人はいないでしょう。
距離を保たなければいけない国(ロシア、中国、南北朝鮮は特に)に対しては、しっかり距離を保ってほしいし、〝No”と言わなければいけない時には〝No”と言ってほしい。

5月に日本から帰ってきて以来、不眠症がますますひどくなってきました。
そして今回の1週間の日本帰国。
ますますますますひどくなってきました。
娘と友達べブが〝飲んでみたら”と言ったテラゾドン(抗うつ剤なのですが、不眠症に多く使われているそうで、副作用も少ないとのこと)も日本に帰る前は〝4時間は寝れる”だったのですが、帰ってきてからは全然ダメです。

どうしてこんなになっちゃったんだろう。
学生の頃は〝目が覚めたら夕方だった”なんてことがしばしばあったのに。
頭が休まらないのです。
寝ながら1から10まで数えられない。
1から10の間に、いろいろなことが走馬灯のごとく次から次から見え隠れしていく。
電気を日中と同じくらいの明るさにつけたままでも寝れる、という友達がうらやましい。
先日亡くなった友達もどんなところでも一瞬にして寝れる、と言っていたっけ。

昔々ギネスブックに寝れない人のことが書いてあったっけ。
この人はもう何十年も寝れていないおじいさんで、寝ることをあきらめて椅子に座って休む程度だそうです。

寝れなくて死ぬことはないだろうし、私のように〝寝れない寝れない”と言ってもベッドに8時間は入っているので(退職者なので)休んではいるんだろうと思い、心配することはやめました。
隣で寝ているジュンタの寝息、いびき、うなされがうらやましい。
そういえば、ジュンちゃんが悪いのかな~。
今晩はジュンちゃんを部屋から追い出してねてみようかな。

ジュンちゃんと言えば、道路に落ちた柿の実をキキと一緒になって拾って食べているため、非常に太ってしまった。
鹿、コヨーテ、その他野生動物もこの柿を食べているようで、我が家の敷地内では種の混じったうん子があちらこちらで見つかります。
もちろんジュンちゃんキキちゃんのうん子からも。

日光からの写真です。






















ハブグレジュンタのマミー








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« #1092:日光より | トップ | #1094:アメリカ、ウソのよ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事