退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1243:どうして?

2019-07-09 10:58:51 | アメリカ便り
韓国ホワイト国リストから外されたことによる、日本からの半導体材料の輸出制限で韓国がいつもの逆切れしています。
気持ちいいですね。

日本は徹底して、韓国に対する正しい認識(韓国は信じられない国で友好国の真逆である)を貫き通していただきたい。

しかし、どうして日本は自国で半導体を生産できる技術を持ちながら、半導体材料輸出国(世界の70%から90%を供給)に甘んじる国となってしまったんだろうか。

1980年代、日本は世界の半導体生産の50%を担っていたそうな。
それがその後下降線をたどって、現在は7%程度とのこと。
技術と材料がありながらこの低比率はどうしてなんだろうか。

以下は財経新聞からの抜粋です。

ちなみにこの新聞のバックグラウンドが、毎日新聞や朝日新聞のようであるかどうかはわかりませんが、この部分はねつ造ができないとは思うので、引用しました。

1985年、順調に伸びていた日本の半導体産業は需給のバランスが壊れDRAM (半導体メモリ)の価格が急速に下がり、アメリカで相次いで日本のDRAMに対する反ダンピング控訴が起き、1986年に日米半導体協定が集結されました。そして後に日本からの、外国製半導体の市場シェアを20%以下にするという協定が結ばれました。これにより、再度日本の半導体シェアの位置はアメリカに奪われたそうです。

代わりに1983年にDRAM事業に進出した韓国は、日本から技術を導入し、シリコンサイクルでリストラに遭った日本人技術者をヘッドハンティングして半導体における地位を固め、2016年には半導体売上でインテルに次ぐ2位を獲得したそうです。

‟結論としては、日本メーカーがシリコンサイクルを繰り返しつつ成長を続ける半導体産業に勇敢に投資し、急速に変化する半導体市場に適合していく産業メーカーに育たなかったことが日本の反動た産業衰弱の原因であると考えられる”、と書いてありました。

アメリカと言うのは腹が立つ国ですね。
半導体だって、自由競争だったら日本たたきする前に、自国の半導体生産を上げればいいだけでしょう。
それを自国産業を守るのは国としては当たり前ですが、すぐ、自国の低い生産性を他国のせいにする。
アメリカと言うのは、この‟他人のせいにする”行動が市民レベルで目立つ国です。

‟自分が悪くても謝るな”と言うのがアメリカ文化なのです。
すぐ謝る日本人がこんな社会を相手に平等に競争できるわけがない。

今回、日本が韓国に対して行ったホワイト国リストからの排除に伴う輸出規制のようなことを、10年前にやるべきだった。

日本製品不買運動、日本車にうん子をひっかける運動、日本の旗やら安倍首相の写真を踏んずける運動、日本観光禁止、世界中で日本人のふりをして悪さをする運動等々、低レベルの反日を思いつく国民、やはり、遺伝子レベルでおかしい。
どうしてこんな国が日本の友好国としてみなされていたのか不思議である。

日本は一刻も早く、中韓だけではなく脱亜細亜をやってほしい。

サンフランシスコの友達の退職、結婚(パエリアとフラメンコ)パーティーから。

家族写真



フラメンコダンサー





本物のスペイン人による、パエリア。
大変おいしかった。





ハブグレジュンタのマミー






コメント   この記事についてブログを書く
« #1243:  | トップ | #1244:ホルムズ海峡 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事